2016/12/03

初冬の関東平野を一巡り

個人的な所用で埼玉県川越市と東京都渋谷区本町に行く。
笠間市→筑西市(旧下館市)→三和町→古河市→埼玉県栗橋→桶川市→川越市

この街はいつ来ても人が多い。とてもいいことだ。
Cimg0096

ここで娘と短時間会い、彼女に車を返して、これからは東武線の電車に乗り、2回乗り換えて地下鉄丸の内線は中野坂上の義弟宅を目指して、乗り換えに不安を感じながらも無事に到着できた。
そこで新しい車が手に入れることができたのでその車で帰る。
還7を延々と東に走り→加平から首都高→常磐道をひたすら走り帰路に。

雪の日光連山、秩父の山並み、そして筑波山と天気が良いのでかなたに眺めながら一日中移動していた。
浮遊感とともに関東平野の広さを実感した。

| | コメント (0)

2016/12/02

咲きはじめたヤブツバキ

枝ぶりも、樹の様も魁偉で大きなヤブツバキ。
花を見るのには二階の窓が丁度いい。
ことしも蕾がたくさん着いている。
先月の末のころから、赤い滴のような花が咲きはじめた。
もっと寒くなり、霜がバリバリ降りはじめると、蕾のままで三月まで越冬する。
毎年思うのだが、早くその時期にならないかと。
北関東の私の庭で、酷寒を耐え忍ぶうちにけなげに順応したのか。

Imgp6293


| | コメント (0)

2016/12/01

作品撮影

目的はネット用に必要なので、天気の回復した午後に、自然光でわがペンタックスをおだてながら撮影。
絞り込んで、ピンとの合う奥ゆきさを長くして、うつわ全体によい焦点距離の範囲に収めての撮影とゆきたいが、写真機は停止をしたり露出オーバーの画像で、不安になってきた。

Imgp6292

| | コメント (0)

2016/11/30

秋も終りに

いつの間にか11月は末に。
ことしは24日には雪が降り、冬になることに、気持が重い。
そんなあるじの暮らす風の窯工房。
Imgp6241

Imgp6243

私と同じように春を待つトサミズキの芽。
Imgp6245

| | コメント (0)

2016/11/28

想い

懐かしい風のように感じるカストロの記事。
革命後のキューバにサトウキビ刈りの援農に行った若き日の友はどこでこの報に接しているのだろうか。
Kasutoro

| | コメント (0)

2016/11/26

カストロの死が報じられている

キューバ革命への想いが募る。
ゲバラが世界革命へのゲリラ戦の闘いに旅立った後の、革命的聖地の死守に生涯を捧げた人だと思う。

少し長いが記憶のために配信された記事を残しておきたい。


キューバのフィデル・カストロ氏死去 「革命の巨人」に日本でも悼む声続々

2016年11月26日 18時30分 J-CASTニュース

キューバのフィデル・カストロ前国家評議会議長が現地時間2016年11月25日夜、亡くなった。90歳だった。
実弟のラウル・カストロ国家評議会議長(85)が国営テレビを通じて発表した。死因は明らかになっていない。
チェ・ゲバラとともにキューバ革命を成就し、「革命の英雄」として知られた。日本でも、ツイッター上で「革命家と呼ばれた最後の人が亡くなった」「何だかんだ言われたけど凄い人だった」と死を惜しむ書き込みが相次いでいる。
4月の演説で「私がここで話すのは最後かもしれない」
カストロ前議長は1953年、チェ・ゲバラらと革命闘争を起こし、親米のバチスタ政権を打倒。59年1月に最高指導者として反米の社会主義政権を樹立した。
後にキューバを去って他国の革命闘争へ参加したゲバラと異なり、東西冷戦のもとでソビエト連邦(当時)との関係を深めながら国内政治を安定化させた。
1962年には、ソ連がキューバにミサイルを配置したことをめぐって米ソの対立が深刻化し、核戦争への緊張が高まる、いわゆる「キューバ危機」が起きている。
長年にわたって指導的立場にあったが2006年に体調を崩し、08年に議長を退任。実弟のラウル・カストロ氏に政権を移譲した。
しかし、以後もたびたび公の場に登場。16年4月19日に行われたキューバ共産党の党大会に出席し、「私がここで話すのは最後かもしれない」と言いつつも、「キューバ共産主義の理念は存在し続ける」と力強く宣言した。
広島を訪問して原爆の犠牲者に献花、黙とう
2016年8月12日には共産党の機関紙「グランマ」電子版で、オバマ米大統領による広島訪問時の演説を、
「何十万人の住民を殺害したことへの謝罪の言葉が欠けていた」
と批判。太平洋戦争末期の広島、長崎への原爆投下を「犯罪的な行為だ」と厳しく指摘した。カストロ前議長は03年に来日した際に広島・平和記念公園を訪れて、原爆死没者慰霊碑に献花後、黙とうを捧げている。
16年8月13日には首都ハバナで行われた卒寿を祝う式典に出席し、健在ぶりをアピールしていた。
日本の首相としてキューバを初訪問した安倍晋三首相とも、9月22日に会合。「自宅は日本庭園だ」と語り、親日ぶりをアピールした。


| | コメント (0)

2016/11/25

寒い朝

Imgp6226

Imgp6228

Imgp6229

朝は7時30分頃の情景。
異常気象は続き、天変地異何でもありとなってしまったので、動転はしないが、この時期に真冬の寒さと降雪はないだろう。
あまりの寒さに言葉を失ったので、ここまで。

| | コメント (0)

2016/11/24

早くも雪が

まだ11月というのに信じられないような寒い午後だった。
朝7時前に震度3程度の地震があり、それを合図のように降り始めた雪。
重いボタン雪が夕方まで降り続いた。
午後は2~3度の気温で、雪よりその寒さがこたえた。
Imgp6221

Imgp6223

太陽光の乏しくなった雪景色はモノクロームの世界。
Imgp6224


| | コメント (0)

2016/11/22

不気味な地震

朝は6時前、地震で起こされた。
私のうちでは震度4ぐらいだと思うが、久しぶりに迫力のあるちょっとヤバイ、そんな感じの揺れだった。
5年前の大震災の小型版のようで、身構えた。
そして小型版の津波が同じように来た。
暖かい朝だったのでテレビの前で現状の把握に努めた。

昼間には何度も小さな揺れを感じた。

動くと暑くさえ感じる小春日和の一日で、薄着で縁側で転寝が理想的な日だが、そうはならず。
もったいない日という表現があるが、そんな日。
こんな夢の陽気は、きょうが最後でどんどん寒くなるような天気予報。

| | コメント (0)

2016/11/21

ヒイラギの花

私の好きな花。

樹木の花であること。
花の色は白色であるべし。
さらに、芳香が花には有らねばならない。

秋の終りの花はビワもそうだが、濃い緑の中に隠れていて、目立つ花ではないが芳香が、近づくのにたのしみな花。

Imgp6218


| | コメント (0)

«ハクモクレンは黄葉