2017/12/10

いい日

午前中、茨城県のサクラの古木と、大木をデーターベース化に取り組んでいる方の来訪をを受ける。
もう少し時間があればと思うようなお互いの話の内容だった。
心を動かされたものが二木あった。
これのためには春まではまめに情報を集めたい。
私は巨木と古木の花しか興味がない。

午後はひたすら素焼きの準備。
そして夜は窯を焚く。

深夜はAsayaのヴィオリンの演奏を聴く。
信じられないような若さと目の眩むような美貌で、さらにその数倍の美しい演奏を聞かせてくれる。
私には異教徒がよく言う悪魔の使徒とさえ想える。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/12/09

わたしの1968年のために

思い立ち、あすまでという展示会に行く。
一番印象に残ったのは伊藤ルイさんの朝鮮人被爆者の支援闘争の会報の表紙だ。
68
これは誰にも譲ることはできない。
敗北するであろうことがわかる。その虚しさと、じっとしていられないような街頭闘争への高揚感がすべてであった。

| | コメント (0)

2017/12/06

寒い一日

快晴で風もないが寒い昼間だった。
朝の情景から。
霜がすべてのものの上に降りていた。
Imgp7117

朝は8時前から夕方7時過ぎまでひたすら三島手の制作が続いた。
予定どおりにはゆかずに、少し残ってしまった。

| | コメント (0)

2017/12/04

今夜は素焼き

空は低く、寒い午後だった。
こんな窓の下で窯詰めを急いだ。
Imgp7114


| | コメント (0)

2017/12/03

都道府県魅力度ランキング

ちょっと仕事の上でも気になる記事が新聞に載っていた。
わが本拠地の茨城県はまたしても最下位。
長年暮らしてはいるが確かにおもしろくくもなんでもないのは確かだ。
私の生地の徳島県は最下位のひとつ上、これは最近の様子がわからないのでなんともいいようがない。

Ibaragi


| | コメント (0)

2017/12/01

早くも師走

こんなにも早く時が過ぎて、私の精神衛生にはいいものだろうか。
気がつけばあっという間に人生の終わりのときになってるような。
そんな勢いの早さだ。

寒い雨の師走の初めの日。
新春のイベントの準備作業が午前中にあり、お世話になる販売店にチラシを配った。
Hatsugama1_2

Hatsugama2_2

| | コメント (0)

2017/11/29

小春日和

朝から陽射しは春のように柔らかく、黄葉した遠くの山には靄がかかっていた。
20度近くまで気温の上がった午後だった。
窓やドアを開けっ放しで仕事をした。
Imgp7102


Imgp7104


Imgp7107


Imgp7109


| | コメント (0)

2017/11/27

実りと旅立ち

Imgp7101

木も年をとったのか窓の下のビナンカズラも実の着きがよくなく、ツルも弱々しくなってきた。
野鳥を待っている。
これを啄ばみ、はるか彼方へ運んでくれる。

| | コメント (0)

2017/11/26

晩秋の風の窯から

秋の深いことを感じる庭。
Imgp7099

Imgp7095

Imgp7097

Imgp7098

Imgp7100


初冬の風の窯へのお誘い。
風の寺子屋陶芸講習会を毎週末に開催しています。

| | コメント (0)

2017/11/24

晩秋のバラ

いつの間にか本格的な冬になってしまった。
そんな数日だった。
寒くて日々の暮らしがしんどい。
毎年冬が近づくと咲くバラが庭の片隅に咲いていた。
22歳の秋、こんな晩秋に大好きだった女性からバラの花束をもらった記憶がよみがえる。
アルチュール・ランボーが死んだのが11月10日で、その日のためにだった。
ランボーの詩を私達は共有していた。
絶望という言葉になぜかロマンを感じる、その幻想へのこだわりが愛だと思っていた。
Imgp7093


| | コメント (0)

«晩秋の日曜日