2017/10/20

台風接近中

あすはイベントの予定だが、雨でどうなるのやら。
低温と雨が続き、さらに台風ときては、ヤケな気持で他人事のようなことばが出てくる。

常陸の手しごと市
10月14日(土) 、10月15日(日)、10月21日(土) 、10月22日(日)9::30〜16:30
県内の“モノづくり”職人による“職人技”の実演や“手しごと”の作品を披露します。
場所 茨城県ひたちなか市 国営海浜公園
開催日 10月14日(土) 、10月15日(日)、10月21日(土) 、10月22日(日)   9:30〜16:30

あす21日は店番の予定なので、8時には行きたいと思い準備中だが、あすで中止になるかもしれない。


毒をおひとつ。
テングタケ。
Cimg0323

Cimg0324

症状 食後30分程で嘔吐,下痢,腹痛など胃腸消化器の中毒症状が現れる。
そのほかに,神経系の中毒症状,縮瞳,発汗,めまい,痙攣などで,呼吸困難になる場合もあり,1日程度で回復するが,古くは死亡例もある。
イボテングタケよりも毒性は強い。
毒成分 イボテン酸,ムシモール
スチゾロビン酸,ムスカリン類
アマトキシン類,アリルグリシン,プロパルギルグリシン150

さて、秋の野山には人が死んでも当然のように、それに至らしめるものがたくさんある。
そのコレクションもわが人生のささやかな楽しみでもある。

| | コメント (0)

2017/10/17

懐かしい青空

何日も雨が降り続けて、異様な低温で寒い日が続いていた。
きょうも午後3時になり青空が戻ってきた。

Cimg0334

背中に浴びる低い太陽光が心地よい。
Cimg0333

| | コメント (0)

2017/10/15

海が見える丘

常陸の手しごと市
10月14日(土) 、10月15日(日)、10月21日(土) 、10月22日(日)9::30〜16:30
県内の“モノづくり”職人による“職人技”の実演や“手しごと”の作品を披露します。
場所 茨城県ひたちなか市 国営海浜公園
開催日 10月14日(土) 、10月15日(日)、10月21日(土) 、10月22日(日)   9:30〜16:30

二日目の朝は広大な公園内を歩いた。
海が近い。
Cimg0327_2

Cimg0326_2


冷たい雨の日曜日。
Cimg0332


| | コメント (0)

2017/10/14

第2回常陸てしごと市

ことしはこちらに参加させてもらった。
終日雨と冷たい風が吹き寒かった。
そんな中に出展。
広大な常陸海浜公園は何年も前に陶芸事業がありその講師に2年ほど通った。
コキアという植物の鑑賞にたくさんの来場者があり、そのためにいろんな催事を行うその一環のイベントがきょうだ。


常陸の手しごと市
10月14日(土) 、10月15日(日)、10月21日(土) 、10月22日(日)9::30〜16:30
県内の“モノづくり”職人による“職人技”の実演や“手しごと”の作品を披露します。
場所 茨城県ひたちなか市 国営海浜公園
開催日 10月14日(土) 、10月15日(日)、10月21日(土) 、10月22日(日)   9:30〜16:30
Cimg0317


Cimg0310


Cimg0322


| | コメント (0)

2017/10/13

アケビが食べごろに

昨日の午後の話だが、出先にて。
私がアケビ料理をすることを覚えていてくれた方が持っていけとくださった。
手の届くところのものを少し収穫した。
実が裂けて野鳥につつかれる前に手に入れることができた。
私が食べるのは皮の部分でその味わいは深いものがある。
今夜は米のとぎ汁で茹でて味噌合えとした。
合わせ味噌には砂糖を多めに入れて、カツヲぶしと秋ミョウガが冷蔵庫の底に転がっていたのでそれを使い。
きっと山形県ではクルミも使うことと思うが手元にはない。
なぜ山形県かというとこれの食文化奥深さは凄いものがある。
生食から塩漬け、さらには乾したものさえある。
雪国の長い冬が育んだ伝統的な自然食品だ。
Cimg0307


私の食生活の教科書。
農文協刊 「日本の食生活全集」
Yamagata


| | コメント (0)

2017/10/10

被爆者への裏切り

とてもシンプルな忠言は戦中戦後の戦禍に遭った人の歴史に向き合わない日本政府へ鋭い刃のように突き刺さるはずだが、無視を決め込んでいる。


“平和賞”ICAN、日本政府を批判

2017年10月10日 10時12分 TBS

 今年のノーベル平和賞に選ばれた「核兵器廃絶国際キャンペーン、ICAN」のメンバーがニューヨークの国連本部で記者会見し、日本政府に改めて「核兵器禁止条約」に参加するよう求めました。
 「我々は今回の機会を日本政府に対して核兵器禁止条約に署名して批准するよう改めて呼びかけるきっかけにしたいと考えています。そうでなければ、それは“ヒバクシャ”への裏切りです」(「ICAN」の会見)

 「ICAN」のメンバーは9日、今年7月に国連で制定された「核兵器禁止条約」に参加しない核保有国や日本などの対応を批判しました。

 そのうえで、日本政府に対し、「70年以上も核兵器の恐ろしさを人類に警告し、核廃絶を訴えてきた被爆者に対する裏切りである」として、改めて条約への参加を求めました。(10日09:22)

| | コメント (0)

2017/10/09

シモバシラの花咲く

この花が咲くと秋も深まる。
しかしきょうは朝から暑い陽気で快晴の天気だった。
再び半袖のシャツで仕事をした。
Imgp7044


Imgp7040

ゲバラがアメリカCIAとボリビア政府軍に処刑されて50年ということで最近はその話題が多いが、時を同じくして、
羽田10.8闘争があり、警視庁機動隊との闘争中の学生が死亡した。
反政府抗議行動が街頭実力闘争へ進化してゆく象徴的な幕開けであった。
10.8ショックといわれたものだが、私も衝撃をうけたひとりだった。
遠い昔の闇の中の思い出が写真を見るように次々と浮かび消えて行く。

| | コメント (0)

2017/10/08

秋の日に

カラタチの実が熟れてきた。
柑橘だが食にはならず熟成するといつの間にか木から落ちている。
その頃は冬。
北原白秋の詩にもあるカラタチ。
この詩を読んだ少年の日から、それはロマンに満ちた植物だった。
私はアゲハチョウのために大切にしている木。
この葉を食べてどれだけのチョウが大空に飛び立っていったものか。


まろいまろい金のたまだよ。
と、その詩にはこんなフレーズもあった。
Imgp7042


その下にの、エゴマの葉ではカエルが甲羅を乾していた。
眠っているような感じだが、餌となる小昆虫を待っているのか。
緑の葉の上にこの体色では鳥の餌にはなることもないが、早い冬眠をと余計な心配をしてしまう。
Imgp7043

| | コメント (0)

2017/10/06

ご来客

昼間は長崎県と佐賀県の方がお越しになった。
夜は旧知の北海道の方。
楽しい一日だった。

| | コメント (0)

2017/10/04

中秋の名月の日のために

ヤマザクラは早くも葉を落として冬支度。
ヤマボウシは紅葉と病気によるのが原因の朽ち葉のみさかいがはっきりしないが、紅葉。
窯を始めたときの記念樹的なものだ。もう40年前の話でこの木をくださったのは当親切にしてもらったお客様だ。
毎年たくさんの花を着け、白い花の咲く初夏はその反射光で部屋の中が明るくなっていた。
長くわが窯を見守っていたが昨年辺りから花は小さく少なくなった。
今夏は枯れ枝が目立ち花はほんとうに数えられるほどしか着けなかった。
木としての寿命があるのかどうかは知らないが、私の庭ではナラタケ病で枯れる木はあるのでそれに取り付かれた可能性もある。
根が侵されて水分が吸い上げられなくなり枯れてしまう。


雲が多く寒い一日となった。

Imgp7029

雲の中から顔を出した満月。
その切れ間のお月様。薄雲がかかっていたが写してみるとこんな明るい画像になった。

Imgp7036


| | コメント (0)

«エゴマの花の頃