« 足元の小さな花 | トップページ | 遅い春の記憶、ウワミズザクラ »

2006/04/29

やきものまつりの初日

私が住み仕事をする街の最大のイベント「陶炎祭」が始まった。
例年のことだが準備で心身はかなり消耗気味だ。
本当はこれからが長い日が続く。
初日を待ちかねたように来てくださる方も多く今年も出店して良かったと思う。
ここでしかお会いできない方が多い。
また来年までお元気で、などという挨拶が自然に交わせる。

陶産地のまつりとして25回目となった。
ユニークに発展してきて他産地のいわゆるやきもの市とはかなり雰囲気が違う。
意識的にその違いを前面に出してここまで発展させたのはすごい。
恵まれた条件もあるかもしれないがこれは関係者として誇りに思う。
作品作風は多様で自由でお客様も楽しく、私も居心地は悪くない。
こんなイベントです。お越しを。

|

« 足元の小さな花 | トップページ | 遅い春の記憶、ウワミズザクラ »

仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46063/9822438

この記事へのトラックバック一覧です: やきものまつりの初日:

« 足元の小さな花 | トップページ | 遅い春の記憶、ウワミズザクラ »