« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月

2006/05/31

エゴノキの花

朝から個展の準備に追われた。
終えてほっとして気がついた。
鳥が落としていった種から私の背丈と同じぐらいに成長したエゴノキがはじめて花を着けた。
ちょうどいい場所なので成長を見届けたい。
白い鈴のような花が少し。
P5310099


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/30

夜のコアジサイ

P5300096
遠雷を聞きながら、夜のコアジサイ。
今夜の北関東は広範囲で雷雨。
雨に咲く香りのいいかわいいアジサイでユキノシタ科アジサイ属コアジサイと分類されている。
晩秋の黄葉は美しい。
木漏れ日の当たるところがいいようで、かなり繊細な感じだ。
林の雰囲気が変わると消えてしまう。
私の庭ではナナカマドの根元にいい居場所を得ている。
元気にいい香りをくれる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/29

ヤブデマりの花

P5290093
藪手毬というかわいい名前の落葉低木。
スイカズラ科ガマズミ属に分類されている。
これは太平洋側の湿地に多いそうだ。
装飾花が大きく暗い谷間に華やかな感じがする。
オオバアサガラと同じでことのほか沢筋に多い。
昼過ぎに窯を焚き終え所要のついでに少し山の奥にゆく。
となり町(城里町)の沢にオオバアサガラの花を観にゆくのが目的だがまだ早いようだ。
もう少し待ってもう一度ゆきたい。
樹形は美しい。高さは3~4メートルで横に水平に伸びる枝ぶりは見事だ。
白い花の木で沢は埋め尽くされていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/28

ハナウドの花

P5280091
川に沿ってどこまでも続く白い花の帯。
甘い香りがあり背丈も高くたくましい。
徹底して水辺が好きなのだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/05/26

シラン

P5260090
ヤブツバキの根元にはシランが咲いている。
紫蘭。
野生もあるらしいが私は庭先でしか見たことはない。
これが林にザーッと咲いていたら見事だろうな。
半日陰、西日を避けた湿地がお好みのようで私の庭では繁殖はよくない。
気品に満ちた彼女にいい環境でなくて申し訳ないと謝りたい。
そんな雰囲気の花。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/25

フランス菊の咲く庭では

P5250088
朝から乾いた空気の一日だった。
早くから窯に入れるべき作品を外に干す。
もう個展までの時間はないので今日の天気はありがたい。

フランス菊の咲く工房では終日忙しく窯詰めでした。
私はこの花とマーガレット、そして除虫菊の違いは理解できない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/24

トウオガタマの花が咲き、、、

P5240086_1
モクレン科でカラタネオガタマと呼ばれている。
唐種招霊。この名前で明快に説明されている、中国からの渡来植物。
甘い芳香が強く、私の家はこの香りで満たされている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/23

カンボクの花

P5230084
東北日本海側の方はおなじみの花と思うが当地での自生は見られない。
庭で毎年咲くが少し居心地が悪そうで繁殖は旺盛ではない。
スイカズラ科ガマズミ属カンボク。
肝木という漢字が与えられているがなぜこの名前なのかよく理解できない。
花は小さなつぶつぶで白く大きいのは装飾花。アジサイに似ている。

アジサイはユキノシタ科だが、スイカズラ科にも魅力的なものがたくさんあり、この違いは微妙だ。
素人目には混在極まりない。
ことにウツギという名のつくものは私の知る限りユキノシタ科、スイカズラ科そしてバラ科にもある。
まあ、それは措いておいて新緑に美しい白い花を観賞しよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/22

バラを!

P5220077
わが庭に咲いたナニワイバラ。
イバラそのものだ。こんな激しい棘は知らない。
バラには珍しく冬も葉を落とさず常緑。
美しく品のある花を着ける。
淡い芳香もあり隠れた麗人の風情が漂う。私は好きだ。

P5220081
午後、所用があり海の近くの公園に行く。
ハマナスが咲いていた。
太平洋側ではのこの辺りが南限の植物。
強い香りだがやわらかく、この花の近くでいつまでもいたいと思う。
花を35度の焼酎で漬け込めばいい花酒になるかもしれない。
そんな欲望にかられた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/21

こもれびにオダマキの花

P5210036
快晴で冷たい感じの風が吹く。
こんな日もあったのだ。
家じゅうの窓を開け放つ。
雑木林では青葉から漏れる陽光がひときわ美しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/20

コゴメウツギ

滝のようなコゴメウツギの花。
居心地がいいのかわが庭で一番元気な小木だ。
今年もいっぱい花を着けた。
ミツバチからギンバエまでたくさん来ている。
P5200035

バラ科コゴメウツギ属コゴメウツギ。
お米のような小さな花なので小米空木。
秋にはバラ科の他の植物と同じく美しい黄葉が楽しめる。
P5200034


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/19

ペトリのカメラ

File0001_2
幻のメーカーのペトリにこだわる私の気持ちを知ってか知らずか、知人からのプレゼント。
これはペトリグリーンといって30年ぐらい前の写真機。
レンズの前のいぼいぼは文化財として残したいセレン露出計。
精度のほどは判らないが指針は動き生きている。
シャッター速度も精度は判らないが1秒で引っかかりもなく切れる。
セルフタイマーも作動する。
嬉しくなってしまう。
レンズは後ろの玉がカビと汚れがあり裏からできる限り清掃をする。
映りは幕がかかってもよい。
これを作動させるのが楽しい。
すべてマニュアル式だが、当時の質のいいコンパクトカメラと思えばいい。
質感のいい金属製で明るいレンズが惜しげなく使われていたのが時代を実感できる。
絞り2.8~16 シャッター速度B~1/500
露出計はASAは200までしか対応しない。

愛する町工場栗林製作所のために、
写真少年の夢の記憶のためにこの写真機に刻まれた文字を書き留めたい。
本体 PETORI 7 GREEN-O-MATIC SYSTEM
COLOR CORRCECTED SUPER
本体の底にはMade in Japanと細かい文字が刻まれている。
レンズ C.Petori 1:2.8 f:4.5cm No.297991
     Kuribayashi Camera Industry,Inc.,

銀塩フィルムは恐ろしい勢いで消滅しつつあるがこのような写真機とそれを愛する人のある限り提供して欲しい。

デジカメを向けたくない気持ちがこみ上げてきたのでスキャナーで写真機そのものを直接コピーをしたものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/18

紅葉 もみじ

P5150003_1
この葉は数日後には緑色となり晩秋にはまたこのように紅葉する。
色素の移動のメカニズムは私には解からないがなかなか重厚だなと思う。
新緑の中でひときわ目立つが違和感はない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/17

タツナミソウ

P5170026
庭の片隅に毎年おなじところに一群れの花が咲く。
葉の感じからコバノタツナミが本当の名かもしれない。
当地では少ないと思う。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/16

ハクウンボクの花

P5160004
今年も咲いたハクウンボク。
なぜか花の着きが少なく高いところにあるので脚立のてっぺんでの撮影。
青空にたなびく白い雲のような花は今年はのぞめない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/15

ツクバネウツギが咲いた

P5150002
ちょっと変わったムードのある花。
大きなダンゴバチが次々に来て木は大きく揺れている。
今年は木の勢いもよくいっぱいの花をつけた。

夕方今夏はじめてホトトギスの啼き声を聞く。
これを聞くとカツオの刺身だ。
暗くなる頃までウグイスとともに啼いていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/14

ミヤコワスレの花

P5140136
庭の片隅には毎年この花が咲く。
名前もさびしいが花もいつの間にか消えてしまう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/13

羽化したアオスジアゲハチョウ

P5130126
午前10時30分。
羽化したばかりのアオスジアガハチョウと遭遇。
気温は12℃。冷たい雨が降っている。
工房の軒下から動かない。
一昨年植えたニッケイを食草に育ったのだろうか。
このチョウの生育にとって当地方は限りなく北限に近い。
以前屋久島でたくさん見かけたように思う。
羽には美しいブルーの筋が入り、動きが早く鋭い飛び方をするのが印象的だ。

チョウの下方に少し見えるのが脱皮を終えた蛹の殻。
夜になってもそのままじっとしていた。明日には飛びたてるのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/11

いいカモだ

P5110121
近所に小さな農業用のため池がありカモが二羽寄り添っている。
そのかたわれが悠然と私の到来を無視して横切る。
じっと待つ。
つがいは仲良く、見習いたい。自省。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/10

箱書き

糠のような雨、午前中は先日終わった「陶炎祭」の会合。
反省点や改良するべき点を出し合い次回の開催に生かそうということが内容。
昨年に比べるとかなり深刻な問題もありこれは担当役員の考え方と力が分かれ道となりそうだ。
まつり実行作業時の過重な負担と不快適さは排除するようにしてほしい。
もう来年の準備か、発言しつつふと思う。
各委員会で詳細な事業の検討が行われているのが質を高め来場者に好印象を与えるのかもしれない。
午後はやきもの独特の仕事箱書きをする。
作品を収める桐箱のふたに作品名と署名をして落款を圧す。
書は決して上手ではないが好きな作業だ。
そして包装まで終えた。
P5100119


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/09

タニウツギ

P5090117
低い空が続いている。
肌寒く陰湿な時間が続いているが明るく別世界のような花が咲き始めた。
蜜を求め蜂がたくさん来ている。
日本海側が自生地で当地での自生はない。
そちらからの移植だが毎年いい花を着けてくれる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/08

今夜は寒い

今年もやっとズボン下がとれたと思ったがまた穿く始末。
終日、雲が低く肌寒い。
ストーブにコタツで夕食となった。

霧雨の中わが庭にはタニウツギが咲き始めた。
この画像は後日載せたい。美しい花。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/07

連休の終りは雨

やきものまつりの会場だった公園の後片付けは雨のため中止となった。
かなり疲労があったのでしばし休息。
いい雨だった。
カラタチの花が雨に散っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/06

ズミとマンジュリカの花

わが庭より
久しぶりに庭をチェック。こんな花が咲いていた。
4メートルに成長して今年はじめて花を着けたズミ。限りなくリンゴに近い種。
甘く淡い香りがあり初夏の白い花のさきがけだ。周りの雑木林でも静かに咲いている。
奥日光戦場が原にはたくさん群生していた。
花の時期には出くわしたことはないが見事だと思う。
P5060111

その根元には大好きな花が。
いわゆる、スミレ科ミヤマスミレ類スミレ。
学名で呼んだ方がこれには合っている。ロマンチックな響きがある。
私はいとおしさをこめてマンジュリカと呼ぶ。
P5060113

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/05

クロージング

P5050108_1
夕方5時をもってやきものまつり「陶炎祭」は終わった。
今年もあっという間でした。
たくさんの人の行き交ったテントの街は終わり。明日はもとの広い芝生の公園に帰る。
なぜか陶芸美術館の建物の彼方に落ちる夕日がさびしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/04

本日も出張中

やきもの祭りの会場で店番。
あっという間にあと一日となってしまった。
今日もたくさんの方がわがブースに来てくださいました。
夕方、歌の練習があり男ばかりの合唱団を形成して「こいのぼり」を歌った。
久しぶりの歌。
こんな難しい歌詞で誰のこころを動かすのだろうか。
このイベントでは明日、お迎えする小学生の前で歌うことになり、練習ということになった。
たちばなかおる~昔の人間として情景は解かるが、今の子どもたちの心に浮かぶ景色ではない。
大声で歌う大人と皆目意味不明の歌を聞かされる子どもたち。
こころの乖離とともに悲しい廃退を感じる。これは私だけなのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/03

陶炎祭(ひまつり)の記憶に

少し肌寒い快晴。
たくさんの方が来てくれました。
若い方のご来訪は私が仕事を続ける意味を鮮やかに示してくれます。
大切にしたい。
少し遅くまで閉店を延ばし薄暮にローソクを灯し、いい夜会となった。
P5030092

P5030096

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/02

今日は寒さに負けた

信じられない寒さで意気は上がらない。
午後は冷たい雨がそぼ降る。
平年並みの気温などではなく異様な寒さだ。
昨日の30度近い陽気はなんだったのか。
私も年をとり気温の激変は苦しい。
そんなわけでやきものまつりは低調でした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/05/01

ツツジの花2種

どちらかというとツツジは私の庭には少ない。
サツキともなるとなおさら。
最近周りの雑木林から姿を消しつつあるヤマツツジ。
P5010091

これは園芸品種のオオムラサキというものだろうか。近くの公園にひと株だけだが鮮やかに咲いていた。
P5010089


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »