« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月

2006/11/29

トキワススキ

Pict0020_2

冬空、と言っても今日は暖かいが、そんな中に漂うトキワススキの穂。
秋の早いうちに穂は出たのだがいつまでもこのままで冬に。
ススキと名づけられているが冬も枯れない。
秋の七草のカヤとはずいぶん違う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/28

久しぶりの「八海山」

空が低い。
雨ばかりの数日。
今日は午前中はロクロと荷造りで、午後は講師の仕事で終わりました。

いただきものの「八海山」を呑み遅い夕食。
たまたま、映画「ヴェニスに死す」がTVで放送されていた。それを観ながら。
この映画は何度観てもいい。

若い頃、新潟は塩沢で暮らしたことがあり八海山もよく仰いだし、その名の酒も普通に呑んでいた。
最近なぜか、有名になりありがたい銘酒になってしまった。
このような酒には、どんなアテがいいのだろうか、やはり塩漬けのアンニンゴがいいな。
若い私たちはたくあんを一本まるかじりしながらこの酒を呑んでいたのを思い出す。
遠い雪国の記憶。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/27

小さな木の紅葉

Pict0003
実生で窓の下に生えてきたトサミズキのちいさな木。
りっぱに黄葉した。
この木は盆栽に作られるの理解できる。なかなかの風格です。
私はこの手の趣味はないがこれを機会に始めてみるか。
ふとそんなことを思わせる風情がある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/26

冬へ!

Pict0001_1

北関東は足尾銅山の近くで2日ほどいました。
毎日とても寒かった。
高い山の頂には雪が見えました。
冬はそこまでという感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/23

村祭り

秋祭りが今日。
私は役員なのでなにも分からないまま役員の席でいました。
30年近く住んでいるがお祭りは初めての参加で信心がなく罰があたりそうです。
昨日は鎮守様の秋祭り。
本日はお寺の秋祭りで毎年この日程でおこなわれている。
お寺は真言宗で大日如来を称える秋の礼拝祭らしい。
深い山の中にありここからその世界に導かれる。
Pict0136


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/22

実り

今日は快晴で暖かい。
昼下がりに少し散歩。
生まれるべきもの達への準備が明らかに見える。

Pict0135
ツルウメモドキ

Pict0134
ツワブキ

Pict0133
エノコログサ、これはネコジャラシともいうそうだ。

実は鳥や風、そして遊んだ猫にも運ばれる。
これらの実を見ていると間違いなく運ばれる条件がそろっている。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/20

黄葉

北関東は雨。
落ち葉に降り注ぐ、初冬らしい光景が広がる。

雨のわが庭の黄葉より。
ヤマアジサイ
Pict0129

コアジサイ
Pict0130_1

ダンコウバイ
Pict0132_1

今夜も雨が降り続く。
雨に当たると木の葉は茶色くなってゆく。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/19

マンサクの黄葉

Pict0113_1

2~3日前の画像だがマンサクの黄葉が見事だ。
今日は昼から冷たく強い雨。また嵐のような天候が予報されている。
黄葉もこれが見納めかもしれない。
青空でも美しいが黄葉は雨で暗い午後に見るのがいい。
吸い寄せられるような明るさがある。
紅葉はどこまでも深い青空の下での鑑賞がいいようだ。

マンサクはあとひと月もすると花を着ける。わが庭では一番早い春の花の木。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/18

ハクチョウにご挨拶

Pict0121

水戸市にて。
毎年のことだがこの時期近くを通ると彼女たちに会いに行く。
市街地にある大きなため池でハクチョウやカモさらにはユリカモメも来ている。
冬は確実に。
しばらく一緒に日向ぼっこをした。
私は餌を与えたりはしないが人を恐れず手の届くぐらいの距離でお互い水面を見ていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/17

カンワラビ

Pict0117

庭の片隅からはカンワラビがたくさん出てきた。
シダの種類だとは思うが詳しいことは解からない。
少年の頃徳島でも見たような、確か祖母は薬草のようなことも言っていたが薬効は覚えてない。
毎年おなじところにおなじ数の株を出すのは律儀でかわいい。
土壌と空気があっているのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/16

雑木林

Pict0109

私はこの林の中で暮らす。
昼食後、ムラサキシメジを探すがなし。
気持ちのいい晩秋に樹下、しかし夕方からは冷たい時雨で夜も降り続く。

Pict0111_1


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/15

実りの秋

Pict0103_1

ヤブミョウガの実。
ここにこうしてあるようにこれを野鳥がどこかに運んでゆく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/14

シャコバサボテンの花

Pict0116

冷え込みが激しくなったので仕事場に入れた。
これを観ながらロクロを挽いています。
今年もたくさんの花を着けた。
夏場は木陰にほったらかし、蕾が大きくなった初冬に急遽部屋に取り込み律儀に咲く花を観賞する。
霜にあてないことと、咲き終えた花はまめに摘んでやると良いようだ。
肥料は春に少し。忘れてやらない年が多いのであまり必要がないのかもしれない。
乾きぎみの環境で放置された方がいい花を着け元気に繁殖するようだ。
冬の到来を告げる冬らしくない花。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/13

美しい実り

Pict0076

ビナンカズラの実。サネカズラともいうそうだ。
つる性の植物で見事な実を着ける。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/12

ヤブツバキ

今日の関東地方は木枯らしのお初。
さすがに夜は寒い。霜にあたるとやばい植物は取り込む。
昼間は時雨がありいよいよ冬が近づく。
ジョウビタキが庭に来た。ヤブツバキが少し花を着け始めた。
もっと寒くなると花はなくなり蕾で春を待つ。
Pict0077


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/11

落ち葉の上に雨が降る

終日雨。
今日の稼業は午前中はロクロ。
午後は窯詰めをして夜7時に窯に火を入れた。
二組の来客があった。
疲れのせいか次にやるべきことが出てこずもたもたした一日だった。

晩飯を食いながらなんとなくテレビを見ていると四国遍路のドラマがかかっていた。
たまたまロケ地が私の生地の近くで、ありがたいことに公共放送でふるさとの最近の様子を見ることが出来た。
もうそこで両親は住んではなく再び行くこともないかもしれない。
秋も深くなっているだろうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/10

ツワブキの花

Pict0009_2

庭の片隅に咲く、美しい花。
海辺の植物らしい。
青い青い秋の海とよくあう花だと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/09

カナヘビ

Pict0067
昼食後、暖かい陽だまりのロクロ場の片隅で昼寝をしているといつの間に私の足の甲の上では、子どものカナヘビが気持ちよさそうに休んでいた。
起き上がり歩くと踏み潰しそうなのでそっと手の中に入れて広いところへ案内する。
寒いのか手の中でも気持ちよさそうだ。
冬眠はしてねと、庭に放つ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/08

秋の太平洋

Pict0015_1
庭先からはこんな海原が、ここで終日仕事をしていました。
昼休み、東の水平線を眺めていました。
ここはひたちなか市国立ひたち海浜公園。
かっての射爆場。

ランボーの「地獄の季節」という詩集に想いをはせた。
われは秋の海が好き。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/07

キノコの頃

低気圧に向かって強風が吹き荒れた。
枯れ枝の落下物を気にしながら裏山をごそごそ。
ありました。ありました。

Pict0006
このかわいいキノコはクリタケ。
朽木や地面に生えて晩秋の林が明かるい感じになります。
味はことのほか淡白で強い味付けがいい。
これが採れると必ず一度はすき焼きとなります。

Pict0010_1
ナラタケ。これも朽木や地面から発生する。
きょうはいいタイミングでナラタケの原に踏み込みました。
たくさん採れたので友にも配りました。
これはいいダシが出るのでうどんやソバの汁には欠かせません。
煮ても美味しいが食べ過ぎるとあたることがあるのでほどほどが肝心のようです。

Pict0008_3
少し気味が悪いスッポンタケ。
ぶよぶよの卵のようなつぼから突然出てくるのは不気味な感じがする。
頭部のぬるぬるに独特の臭いがありハエやアブが来ている。
頭部を洗い流し乾燥をして白いところが食用になる。
スープや中華風のいため物がおいしい。

キノコのうまみ成分とクエン酸はよく合います。
だから、キノコ料理にスダチは絶対的必要品です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/06

草黄葉

Pict0004
曇り空の暗い夕方、足元を照らす灯りのようなシュウカイドウの黄葉。
樹も晩秋の気配濃厚だが草も黄葉が美しい。
雑木林ではまだムカゴを着けた山芋の葉も輝いている。

公園の落ち葉も多くなり踏みしめながらやきもの祭りの後片付け。
午後3時に終わったが低い雲の夕暮れで薄暗く、すぐに夜となりました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/05

祭りも終わり

秋のやきもの祭りも本日で終わり。
たくさんの旧知の方にはお越しいただきました。
ありがたい限りです。
開催中は秋の陽射しの中でお話しが出来ることが嬉しいし、ゆっくり読みたい本が何冊も読めました。
程よい暇もいただきました。
朝からビールばかり飲んでましたが、暖かい晩秋で美味しかったです。
これも終わり。さあ、明日からだ、忙しいのは。

片づけを終えると大きな月に導かれての帰り道となった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/04

夕陽の後は

Pict0002_2

今日も一日が終わりつつある。
やきもの祭りの会場のテントの波の彼方に陽が沈む。
前の方も夕陽をカメラに収めていた。
雲が立ち込め時折陽射しが注ぐ天気で不思議な神々しさがあった。
直後に激しい雨が数分続きもとの曇り空に戻り夜となった。
晩飯と焼酎を裏道を選んで買うてきた。
幹線道路は観光客の帰り車でどこも大渋滞でした。
19時からは村の役員会があり役員として出なくてはならない。
鎮守様の豊年秋祭りの開催方の準備と来年の新年会の準備が主な内容らしい。
このてのことは途中移入者の私には知らないことばかりで戸惑うこともあります。
通過しなければならないことだが、今夜の寄り合いは早く終わって欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/03

秋の陶器まつり

当地(茨城県笠間市)では「匠のまつり」という陶器の祭りが始まりました。
本日は当事者として終日会場で店番をします。
幸いにもお天気は良さそう。晩秋の陽射しの中でいます。
お近くの方はお越しください。
詳細はわがHPをご覧ください。

昨日の様子。
2日~5日までの開催です。
Pict0138_1

会場にて紅葉を大鉢に生ける。
山の端に沈む寸前の陽に照らされ足元で輝く。
Pict0144_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/02

ミカエリソウ

Pict0115

淡い、奥ゆかしげな花。
少しづつ株も大きくなりたくさん花を着けている。
今年は開花が早いようだ。
日当たりが良く暖かい午後にはたくさんのハチが来る。
わが庭ではこの花が咲きジョウビタキがくれば冬はまじか。

今夜は冷えます。湯割の麦焼酎がうまい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »