« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月

2007/04/30

シャガの花

Pict0216
こもれびの朝日に照らされたシャガの花。薄暗い樹林の中で静かに咲いている。
日陰がよく合う植物だ。
野球少年だった頃、庭から飛び出したボールが延々と続くこの草むらに転がり込むと探し出すのに苦心した。
一個のボールが貴重品だった遠い遠い頃の思い出、四国の林では今も変わらず咲いているのだろうか。

射干、漢字ではこのような字でこれは「シャガ」とは読めないがなぜかロマンチックな感じすらする。
この呼び名と漢字はは中国から渡来して野生化した植物なので何かわけありの名付けかもしれない。
アヤメの仲間。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/29

ガマズミの花

Pict0214
ガマズミの花。
今日から近くの公園で始まったやきものまつりの帰り道。
今、雑木林ではふわふわの白い花が目立つ。
ガマズミは大木にはならずに手の届くところにきれいな花を着け秋には鮮やかな赤い実がなる。
見上げるような大木に雲のような花を着けているのはアオダモ。
野球のバットの材料になる樹。
これらは当地には多い樹だと思う。新緑に白い花がよく溶け込んでいます。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/28

イチゴの花がふたつ

Pict0200
ワイルドストロベリーなんていう名で園芸店で売られている。
早い話があちらの野いちご。
すっぱく生食より加工食品だと思う。
Pict0203
キバナノヘビイチゴ。この実は食べる人を知らない

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/27

チゴユリの花

Pict0198
ユリと名前が付いているが10センチ少々の小さな野草。
半日陰の樹下に一面に咲いている姿は圧巻だ。
スミレと同じく腹ばいになりルーペで鑑賞。
しかし、誰がつけたのか絶妙なアジのある名前だと思う。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/25

ジュウニヒトエの花

Pict0195
この時期雑草はシソ科の植物が旺盛だ。
キランソウと違うのはやっぱり十二単(ひとえ)のような重なりの花か。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/24

スミレとの日々

Pict0194
星とスミレ。
これらがない夜と野は想像できない。
桜の樹下にスミレがないことも困る。
図鑑へのメモの書き込みのが一番多いのがスミレです。
これはタチツボスミレの変異種。
わが庭ではかなりの繁殖力です。
暇をみてはルーペを手に腹這いになり観察。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/23

シロヤマブキ

Pict0193
今年の開花は早いようだ。
黒い種を着けたまま花が咲く。
新緑の樹下に美しい。
しかし、夜明けから気温が低下して寒い午後だった。
低い空から湿った風が吹いてくる。今夜は暖房を入れている。
花も寒そう。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/22

いま、雑木林では

Pict0192_1
当地の雑木林の代表的な樹、コナラ。
銀色の芽吹きからだんだん緑色を増して山全体がやわらかい布で包まれているようだ。
まだ遅咲きのヤマザクラも残り雑木林が一番美しいときだと思う。
かってこの樹は木炭やシイタケの原木に利用され林は大切に管理されてきた。
その頃はどんなに美しい芽吹きの日があったことかと想う。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/21

今夜はこんなものを食べた

Pict0186_2
雪国のような太くてみずみずしさはありませんがコゴミ。
クサソテツが本当の名前で古代植物の生き残りだそうだ。
恐竜もこれを食んでいたのかもしれない。

Pict0187_2
ノビル。
これは醤油漬が保存が利き一番美味しい。

Pict0188_2
フキ。これは夏まで食べられる。
厚揚げとの煮物でした。

Pict0189_2
ウルイなどといわれているがオオバボウシの新芽です。
これは何ともいえないぬるっとした食感と重厚な味があり美味しい。
茹でて食べるのだがマヨネーズによく合う。温かいうちに食べると美味しい。


Pict0190_1
これがハリギリの新芽です。私はこれが一番好きな山菜です。
すべて庭先で採れるのがありがたい。
若者の子どもは嫌がりますが私たちには最良の雑木林からの賜りものです。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/04/20

カラタチの花

Pict0177
柑橘類で寒さに強く落葉する唯一の木。
ミカンのように実を食べるわけにはいかないが品種を改良して北国のミカンなどに出来ないものか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/19

イカリソウ

Pict0176
冬のような日が続き寒さに耐える春の花。
イカリソウ。確かに花の形は船の錨に似ている。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/18

アキグミの花

Pict0172
今日は大変寒い一日だった。
関東の山地は雪が降っているようだ。
海沿いも公園の散歩は寒さでひるんでしまい近くの植物を観察。
ヤマザクラは先週からまだ咲き残っているのも見られた。
アキグミの花がたくさん咲いている。
荒地には本当に強い植物らしい。
砂と石ばかりの土地に元気に育っている。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/17

ラショウモンカズラ

Pict0171_1
今年はこれが元気に繁殖している。
オドリコソウ、カキドオシ、ホトケノザ、ジュウニヒトエとよく似た草が庭を占有する割合が違っていることに気がついた。
爆発的に庭を覆ったかと思うと次の春にはほとんど姿を見せなかったりとシソ科の草は不思議です。
                          


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/16

終日忙しい

大皿の注文いただきその仕上げ作業が終日。
冷たい雨が降り乾きは遅い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/15

古木、大木、ヤマザクラ

Pict0154

Pict0155_2

近くの山中の墓地にあるヤマザクラ。
例年だと今日(15日)が咲き始める頃だが今年は早く、満開となった。
今日は絵に描く先客がいました。
私はこのサクラを知り20年以上花の下に通った。
樹齢は不明だが老木。
花もいいが、、更に風格のある幹に言いようのない安堵感がある。

今年も老木は満開の花を着けた。

| | コメント (0)

2007/04/14

ハルリンドウ

Pict0151_1
今日は朝から暑いほどの気温だった。
快晴で窓辺のヤマザクラの花がまぶしい。
遠くの雑木林の山の色も淡いピンクから黄緑が混じり柔らかな布を見るようだ。
その中にふわふわと山桜が咲いている。
北関東の雑木林の山並みが一番美しいのがこの時期です。

だが、足元にはこんな美しい花が。
隣に回覧板を届けに行く道端に咲いていた。
私が住み始めた二十数年前には日当たりのよいところにはどこにでも咲いていた。
軒下にだって咲いていた。それがいつの間にか消えてしまった。
残念ながらわが周辺では最後かもしれない。
これが咲いているところは今年度の道路の改良予定地になっている。
陽射しがないと花を開かない。
構造的に自家受粉は出来ない二年草。
なぜ、こんなに壊滅的に消えてしまうのだろうか。


| | コメント (0)

2007/04/13

野の恵み

Pict0144_2

近所の荒地にて。
ヤマザクラとスミレを求めて昼食後に徘徊中美味しそうなものを見つけた。
タラノキの新芽。
この時期ウコギ科の植物が一番美味しい。
ウコギ、タラノキ、コシアブラ、タカノツメ、ハリギリと新芽はどれも美味しいがハリギリが一番だと思う。
それはともかく、今夜はタラノキの新芽のてんぷらとノビルとイカの切り身のかき揚で晩飯となった。
低気圧が近づき風雨が強い春の夜は、焼酎もうまい。


| | コメント (2)

2007/04/12

シキミの花

Pict0136_1
近所の墓地にはシキミの花が咲いていた。
毎年、サクラの頃に咲き、花期はすこぶる長い。
別名がハナノキと美しいが墓の花の木の意味だと思う。
四国の生家にはおびただしい墓石がありシキミの枝を切り墓に供えるのが少年時代の作業だった。
そんなことを想いながら花を見た。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/11

海の近くのヤマザクラ

終日海の見える教室で講師の仕事でした。
昼休みには林の中に。
大木はありませんが満開のヤマザクラが連綿と打寄せる波のように続いていました。
サクラ好きの私は自分を見失いました。
いつまでもこの夢は醒めて欲しくないとも思いました

Pict0125
若芽の紅いヤマザクラ。

Pict0121_1
緑の若芽が白い花と一緒に芽吹き品がよい。
花には芳香があり八重の花の木もあった。
ヤマザクラの海岸型なのだろうか。
オオシマザクラとして扱われている種類かもしれない。
ヤマザクラ独特の花の色と若芽の異変を見ているのかもしれない。
サクラはヤマザクラ、これに尽きる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/10

ヤマブキの花

Pict0114_1

林のヘリに野生のものも見ることができる。
北関東ではまだまだ元気に生きているバラ科の春の花。
私の庭ではヤマボウシの樹下で明るい花を着けた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/09

ヒトリシズカの花

Pict0107_2

落ち葉を押し上げてヒトリシズカが咲いた。
私の庭にではかなり逞しく繁殖している。
写真のとおりにぎやかな感じでどこが一人で静かなのかとも思う。
群生するこの花に命名した人の感性に少し興味がある。
彼ははかなげで、翳のある女性に恋をしていたのかもしれない。
そう思うとまこと、存在感のある花です。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/08

ニリンソウ

Pict0103_3
近くの山に行けば自生地があるがわが庭にもニリンソウが咲いた。
日当たりが少し良すぎ水分不足か繁殖は旺盛ではない。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/06

ハナダイコン

Pict0098
大根の花には似ているが大根ではない。
園芸品種というより雑草に近い繁殖力だ。
しかし春の花として街でも野でも見てきた。
中国を侵略した旧日本軍の兵士がかの地より種を持ち帰ったのが繁殖のはじまりとも言われている。
私の生まれる少し前の歴史を想う。
老いた父の痛ましい青春を見るようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/05

ソメイヨシノ

Pict0095_2

朝は氷がはり霜が降りていた。
しかし、いい晴れた日となり満開のサクラに誘われて。
花の着きが悪くかなりさびしい。
樹、そのもに元気がなくなっているのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/04

バイモユリ

Pict0090_4

漢字で書くと貝母百合。なんか懐かしい。
ソメイヨシノが咲くとわが庭ではこの花も。


| | コメント (0)

2007/04/02

エドヒガンサクラ

きょうはこれしかない。
古木で大木。覆いかぶさる花の下で幹をそっと触る。

Pict0083_4

Pict0082_3

霧と黄砂の混じった大気でした。

| | コメント (0)

2007/04/01

レンギョウ

Pict0077_1
4月1日、今日は朝からとても暖かい。
明るい陽射しに花がまぶしい。
秋の終わりにも、狂い咲きだろうかたくさんの花を着けたがこの花は春に眺めたい。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »