« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月

2007/10/31

紅葉、黄葉

Pict0103
明日からの始まる当地の秋の大きなイベント「匠のまつり」の準備のため終日会場にいた。
作業中は暑いほどの陽気だった。
しかしケヤキの樹下には晩秋の気配も。
おなじ樹の葉でも紅から黄色と幅があり複雑だ。


| | コメント (0)

2007/10/30

木の実、このみ。

冬までには野鳥に食い尽くされてハダカの樹となる。
Pict0093
ウメモドキ

Pict0094
ムラサキシキブ

Pict0095
ガマズミ

これらは野鳥が運んできたものだ。いつの間にか種が発芽して大きくなった。
野鳥からのもらいもの。

| | コメント (0)

2007/10/29

コブシの実

Pict0091_2
わが庭のコブシは花を着け始めて2~3年というところだと思う。
この樹はかなり大きくならないと花が咲かないようだ。
根元に実が落ちていた。
色もさることながら形態も花からは想像できない形だ。
仲間のモクレンの実とは変な形では似ているがどこかが違う。
夜、屋根に落ちる木の実の音を聞きながら窯を焚く。


| | コメント (0)

2007/10/28

リンドウの花

Pict0092
りん、りん、りんどうはこむらさき~私が小さい頃の流行歌でこの花が咲くと思い出す。
わが家の周りには雑草のようにたくさん咲いていたが、めっきり少なくなり野道はさびしい。

台風の後、見事な青空の一日だった。しかし、5時をすぎると暗くなり日の短くなった感じがひしひしと。
外の作業がせわしい。

| | コメント (0)

2007/10/27

土砂降りの雨

台風20号は沿岸の海上を急激な速度で北上したようだ。
終日激しい雨が続き、17時30分には暴風雨警報も出たがわが家は静かだった。
素焼きも終えた。
23時、雨もあがり寒くなってきた。
晩い時期の台風はキノコおこしとなるか、明日は雑木林だ。

| | コメント (0)

2007/10/26

ミカエリソウに雨が降る

Pict0087
秋の深まりとともに、この花が咲き始めた。
名前の由来はよくわからない。
最近見返るような美人にも会っていない。
そんなことを想いながら、雨を見る。
台風が急接近中で明日は窯を焚きたいので気がかりだ。


| | コメント (0)

2007/10/25

白菊

Pict0083
白菊。いい香りを放っている。
お葬式には欠かせない花で、清酒の名前に使われ、さらには遺体の献体の会の名前にもなっていたと思う。
今年はたくさんの花を着けたので私たちは食用としたい。苦味がいい。

| | コメント (0)

2007/10/24

秋の海辺の植物

太平洋の波音の聞こえる林にて。
本当は松林の中にキノコを探しながら入ったのだがキノコはなく、秋の訪れだけは確実に。
Pict0081
ハマギクの花。

Pict0082
ツワブキの花

Pict0076
ハマゴウの実。本当にいい香りがする。

Pict0077
テリハノイバラの実。バラの実のお茶にして飲みたい。

キノコはかけらもない。これから生えてくるのか、もう生えてこないのか、昨年はたくさん出ていたのに不思議な不思議な粘菌類の世界です。

| | コメント (0)

2007/10/23

センブリの花

Pict0075
寒い夜だ。十三夜の月は濡れたような光を雑木林に降り注いでいる。
いよいよ県北は霜注意報が出た。当地は県央だが危なそうなので満開のシコンノボタンの鉢だけは仕事場にとりこむ。この植物は一度の霜で全草枯れてしまう。原産地がアマゾンだから仕方がない。

センブリは霜の朝にもけなげに咲く。
わが庭にはどこから来るのか分からないが、毎年居場所を変えながら咲いている。
胃腸薬に採取するのなら今、全草引き抜き日陰干しがいいのだがおかげでさまで薬としては要らない。
この花が咲くと秋も深い。

| | コメント (0)

2007/10/21

青梅市に行く

営業販売の出張。
終日東京都青梅市にいました。
初めて行ったがいい街だ。古い建物などには昭和の懐かしい影が残っている。
うろうろと街を歩いてしまう。
古い建物の保存や新たな街づくりに本気でもう少し力を注ぐといいのにと思う。
Pict0055
床屋

Pict0060
とんかつ屋
この路地を下ると多摩川につきあたる。
おもしろい、しかし変にレトロな映画の看板だけが多く本物の映画館は皆無だと聞いた。
街中にたくさんの看板を作るのもいいが小さな映画館をひとつ、早急に復活させたほうがよほどいいことだと思うのだが。

| | コメント (0)

2007/10/20

熟れたサネカズラの実

Pict0053

ビナンカズラが別名だが確かにと納得が出来る。
樹皮をはぐと粘りのある成分がある。なんでもこれが整髪に利用されたらしい。
青空に赤い実が鮮やかだ。
集合果でひとつの花から実り不思議な感じがする。


| | コメント (0)

2007/10/19

秋の雨の夜

秋の夜はひとり静かに酒を呑む。
とめどない雨音に「樹皮の図鑑」を見ながら想いをはせる。
いい樹木に出会ったらそっと手を差しのべ握手をするように樹皮をなでることにしている。
あたたかく気持ちがいい、そんな樹を思い出しながら。

息をのむような大木、古木を見た時、樹形も凄さがあるが風雪を刻み込んだような樹皮に惹かれる。

| | コメント (0)

2007/10/18

ムカゴ

Pict0047
秋の恵み。
これを茹でるとおいしい。焼酎によく合う。


| | コメント (0)

2007/10/17

夕空

Pict0045
曇り空が何日も続いたのちの、久しぶりの夕焼け。
記憶が定かではないが少年の頃、授業でハーモニカでやらされた「故郷の空」という曲を思い出す。
その時の夕空には、ソ連(かってのロシアの国名)が打ち上げた人工衛星の淡い短い糸のような航跡があった。
懐かしさに満ちた夕空。


| | コメント (0)

2007/10/15

ツリガネニンジン

Pict0044
肌寒い朝、林の縁を歩く。
こんな花が咲いていた。新芽は食用になるがまだ食べたことはない。
キキョウ科の植物だから胃腸の弱い人にはいいかもしれない。
周りを見回しても一株だけなので大切にしたい。


| | コメント (2)

2007/10/14

ナラタケ

Pict0039
やっとキノコの頃となった。
暗い林に明るい色で輝いていた。

| | コメント (2)

2007/10/13

トウホクダイモンジソウ

Pict0038
この夏の酷暑が原因か、花の着きは少ない。
木漏れ日の中、水遣りさえ怠らなければ手のかからない植物だったが、秋風に寂しい開花となった。

| | コメント (0)

2007/10/12

チャノキの花

Pict0037
毎日飲んでいる緑茶の花。
ツバキ科でサザンカやツバキの仲間でわが庭ではサザンカよりも少し早く咲く。
花を観賞するための花木として、私はこの実生の一本を大切にしている。

春、気が向けば新芽をてんぷらにしたりもするがお茶としては加工したことはない。
普段のお茶はもっぱら東京築地の市場で寿司屋用のもの通販で取り寄せている。
チャノキは栽培できてもこれだけはプロのものを飲んだほうが快適で充実した喫茶の時間が過ごせる。

| | コメント (0)

2007/10/11

アケビの実

Pict0035
雑木林にも秋は確実に。
黄葉には早いコナラの林の縁にきれいな実がぶら下がっていた。
昔からアケビは全草無駄なく利用されてきた。
春の新芽は茹でて食べるとおいしい。
夏は棚を作りはわせるといい日陰ができる。
秋は実を食べる。実は甘味がありこどもにはいい食べ物だった。
紫色のふくよかな皮は料理の材料となり苦味のきいたおいしい酒のつまみとなる。
冬はアケビのツルを編んでかごのようなものが作られ、採取する時などのいれものとして使う。

このアケビの皮はてんぷらにしましたが、このようにも食べます。
①軽く塩湯でして細かく切り和え物にします。味噌やゴマ、クルミなど簡単にできます。
②生の皮を細かく切り豚肉といためて味噌と砂糖で味をつけます。
③ミョウガ、ネギ、カツオブシ、キノコなど適当に細かく刻んで砂糖を入れて味噌に練りこみ、その味噌を皮の内側に塗って焼きます。コンロやオーブンではアルミホイルで包み焼くのですが、炭火だと裸のままサラダオイルを塗りゆっくり焼くと、これはおいしいです。
私はこれぐらいしか調理をして食べたことはありませんが山形県をはじめ東北地方ではもっとおいしい方法があるのかもしれません。
乾燥した皮の中に具を入れて煮る、「干しアケビ煮」という調理法もあるのですがこれは試していません。


| | コメント (2)

2007/10/10

ヘチマ

Pict0034
この時期になり実を着け始めたヘチマ。
夏の間は雄花ばかりが咲いていたのか、実を着けず。
待ちくたびれて諦めていたが今頃になり小さな実が次々と着き始めたが低温のため成長は期待できない。
温暖化ではあるが当地はもうすぐ霜の降りる頃となる。
それまでに20センチまででも大きくなって欲しい。
私はそれを食べたいのだ。植えた目的もそこにある。
豚肉とよく合い、油でいためて味噌と砂糖で味付けをしたのがおいしい。
今は熟れたナツハゼの実もあるので、それを入れると酸味も加わりさらにいいかもしれない。
また、厚めに切ったヘチマは味噌汁にもいい、油揚がよく合う。

| | コメント (0)

2007/10/09

キンモクセイ

Pict0033
真夏に移植を余儀なくされ恐ろしく切りつめられたがそれと闘うように花を着けた。
強い芳香を放っている。
この花の開花が当地方ではキノコ採りの合図になる。
ここ数年、これは異常気象であてにならなくなり、さらには林の環境も激変した。
だが、相変わらず、キノコ採りを大切に、雑木林を見ながら、、、。


| | コメント (0)

2007/10/08

曼珠沙華

Pict0031_2

昨日の夕方、出先で。
川のほとりに咲く紅い花。
柔らかい夕陽が輝き、流れる水に曼珠沙華は不思議な雰囲気だった。

きょうは朝から冷たい雨が降っている。
終日ロクロ成形で、夜は素焼きの窯焚も。

コタツと石油ストーブを物置から出した。
日ごとに寒く夕暮れも早くなる。
この雨でキノコは出るのだろうか。


| | コメント (0)

2007/10/06

秋の実り

散歩の途中でたわわに実をつけたヤマグリをたくさん見る。
落ちているのをポケットに入るだけ拾う。
焼き栗が一番おいしいかもしれない。
稲作の伝来前の縄文時代にはこれが主食であったようだが雑木林でのクリの木の繁殖力からして納得できる。
縄文人はおいしいものを食べていたのだ。
乾燥すれば長期保存もでき、これは主食の条件かもしれない。
クリは乾燥すると甘みを増しおいしいのだが、今はこれを拾い集める人も見ない。
今のこどもたちはクリを自分の手で採って食べたことがあるのだろうか。
久しぶりに帰ってきた娘に食わしてやりたい。
Pict0027


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/10/05

キノコは、、、

Pict0022
クリタケだとしたら早い。
ちょっと違和感があるので食べるのは見送り。
怖いなと、不安があれば食べるのは潔くやめたほうがいい。
不安も一緒に食べては味も落ちるし気分もよくない。


| | コメント (0)

2007/10/04

イヌタデの花

Pict0023
アカマンマといったほうがとおりがよい。
繁殖力の強いタデ科の植物でいたるところに生えている。

鮎の塩焼きに欠かせないタデ酢に使う辛いタデはヤナギタデで白い花が着く。
おなじタデ科でも利用価値に乏しいのか、付けられた名前がイヌタデ。
アタマにイヌのついた植物名は多い。皆、役に立たないか良く似ているが本物のとは違うものに多い。
たとえばイヌガラシ、イヌゴマ、イヌホオズキなど、20種ほどある。
昔は役立たずの例えにされるほどたくさんの野良犬がその辺で惰眠をむさぼっていたのだろうか。
命名者のイヌに対する固定観念にも興味がある。
野良猫も同じようなものだがネコが付くのはネコジャラシ、ネコノシタ、ネコハギしか見当たらない。

| | コメント (0)

2007/10/03

海の近くで仕事

波は荒い。
遠くの台風の影響かもしれない。
帰路少し休憩をする。波動を見ているとその間が心地よい。Pict0012_2

足元にはイソギクが咲きはじめていた。Pict0008

| | コメント (0)

2007/10/02

シコンノボタンに降る雨

Pict0087
さすがに暑い南米が原産地の植物。
酷暑の今年は元気に花をいっぱい着けている。


| | コメント (0)

2007/10/01

十月、、、か

早くも十月となってしまった。
そぼ降る冷たい雨の中、近くの郵便局に個展の礼状を出しに行く。
本日より郵便事業は民間会社が行うこととなった。
その簡易郵便局は看板と事務員の制服が変わったくらいで変化はない。
確かに民営化記念切手を買いに来ている人がいた。

本当にこんなことになっていいのだろうか。
私の仕事では1~2万円の売上金はお客様に郵便振替口座を利用していただくことが多い。
入金が確認できるのには3~4日かかるが手数料が格段に安い。
小口の集金にはいいシステムであったが銀行並みの手数料になってしまった。
零細自営業者には深刻な事態だ。

全国の簡易郵便局の閉鎖が続いている。
民営化により営業上の効率から統廃合などの合理化は避けられない。民営化反対の理由もその辺りが大きかったと思う。予想どおりのことが現実となってきた。
海の近くの崖にへばりついていたいわき市勿来(なこそ)九面簡易郵便局は生き延びたのであろうか。
「yuusei.doc」をダウンロード

| | コメント (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »