« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月

2007/11/30

山茶花

Pict0035
数日前の撮影だが山茶花が盛りだ。
今日も寒い曇り空、こんな小春日の陽光がほしい。
花は紅いのもあるが白いのが好きだ。
この花のような柔らかな感じの器が造れたらと思う。


| | コメント (0)

2007/11/29

暗く寒い一日

Imgp0218
一日中ロクロ場は石油ストーブを焚いていた。
暗いニュースばかりのラジオも消してしまったが来月にはさらに大幅なガソリンや灯油の値上げニュースだけがいつまでも耳に残った。
ロクロでの水挽きが一日中。

Imgp0221
暗くなりつつある夕方、はっとするような黄葉はダンコウバイ。

| | コメント (0)

2007/11/28

土に還る

Imgp0153
[単焦点レンズの愉しみ smcペンタックス135ミリ]

曇り空で寒い。
明日はさらに雨も降り寒くなりそうだ。
落ち葉が土に還ってゆく。
この時期はふわふわだが半年もするとなくなってしまうのだから、微生物の働きはスゴイ。


| | コメント (0)

2007/11/27

ハクウンボクの樹皮

Imgp0155_2
[単焦点レンズの愉しみ smcペンタックス135ミリ]

庭のハクウンボク。幹にはコケも生え歳月の重みを感じる。
この樹を植えたばかりのころ、小さな息子には庭で遊ぶのには邪魔なようで彼の振り回された木刀のもとに痛ましい限りであった。あまりに、しばらく裏山に避難させた。
再度、定植してから15年。庭を覆うほどで大きくなった。
その息子も昨日、はたちとなった。


| | コメント (0)

2007/11/26

紅葉

Imgp0141
所用があり峠を越えて栃木県益子町に行く。
久しぶりの益子、と言っても低い山ひとつ超えただけのことだが。
暖かい陽射しが降り注いでいて、益子の町は静かに秋を見送っているようだ。
陶器の産地だが、産地は猥雑でにぎやかでないと、さびしい。
どこの産地もそうだがかっての賑わいは夢のようだ。

雑木林がどこまでも続きコナラの黄葉で覆われている山を見ながらの往復だった。気持ちも和む。
一本のモミジの大木が道中にあり、その紅葉は見事だった。
この世も、これでおしまいや、そんな感じが。

| | コメント (0)

2007/11/25

シャラノキの樹皮

Imgp0126
[単焦点レンズの愉しみシグマ24ミリ]

落葉と同じころ樹皮の表が落ちみずみずしいものに変わる。
樹皮が美しい。


| | コメント (0)

2007/11/24

ボンネットバス

Pict0020_2
青梅駅前ではこんなバスとであった。

八溝山系の端がわが住まい。関東平野を横切り御岳山(おんたけさん)の麓まで行く。
関東平野の広さを確実に感じる移動です。
寒い朝、白い霜の世界だった。
延々と続く道を月を見ながら帰ってきた。
少し疲れた。


| | コメント (0)

2007/11/23

早くも真冬

Pict0015_2
今朝は寒く、寒さで目を覚ました。
関東地方も北の山は雪。
快晴無風だが昼間の冷え込みも厳しい。
かさかさと音を立ててハクウンボクの葉が落ちてくる。

茨城県立陶芸美術館で開催中の岡本太郎と北大路魯山人の展覧会が終わりに近くなったので昼前に観に行く。
午後、パソコンの引越しは近所の達人にお願いして終えた。
マニュアルはあるのだがこの説明では私には理解できなかった。いざという時にはいつも来てくれありがたい。
以前のパソコンと比べると信じられないほの速さだ。残り少なくなったわが人生、時間は大切に使いたい。

| | コメント (0)

2007/11/22

パソコンの乗りかえ

昨日、WindowsXPの入っているSOTECのパソコンを買った。
ソフトはXPでもいい、機種は何でもいい、安ければ安いほどいい、それを基準に販売店を4軒ほどまわった。
どのように倉庫に眠っていたのかは知らないがこれから元気に酷使に耐えてほしい。
旧パソコンからデータの引越しに苦闘している。

| | コメント (0)

2007/11/20

パソコンが壊れた

6年間使い続けたパソコンが今夜壊れた。
ディスプレイの完全な寿命のようだがこれだけを買っても本体の古いソフト、Windows meもいつまでも持つわけはない。この辺がしおどきかもしれない。
明日はパソコンを買いにゆく予定。実用のみの安いのがあればいいのだが。
パソコンのない不安定感はかなりこたえる。
本日は連れ合いのパソコンを借りて書いている。
小さい頃、教科書を忘れて隣の席の子に教科書を見せてもらっているようで落ち着かない。

| | コメント (0)

2007/11/19

マンサクの黄葉

Imgp0101_2
[単焦点レンズの愉しみ シグマ400ミリ]
昨夜から厳しい寒さになり、今朝は初氷が見られた。
昼間も10度ほどしか気温はあがらずに晴れてはいるが寒い一日だった。
木々の葉もいっきに茶色の冬の色となってきた。
低い太陽の光を浴びてマンサクがまぶしく輝いている。

| | コメント (0)

2007/11/18

渡良瀬川

Pict0004
小春日和で暖かったが、昼過ぎに赤城山の彼方から急激に雲が広がり時雨が降り身を切るような風が吹き始めた。
雪はすぐ近くの山頂まで来ている。
これが上州名物の赤城颪(あかぎおろし)なのか。
冬じゅうこれではかなり厳しい風土だと思う。

東京でも今冬初めて木枯らしが吹いたことが伝えられてる。

| | コメント (0)

2007/11/16

キチジョウソウ

Imgp0074_2
[単焦点レンズの愉しみ ペンタックス100ミリマクロ]

もともと、四国や九州地方の樹林に生えていたそうだがわが庭でも旺盛に根を伸ばしている。
この時期、いい花だと思う。
私は四国育ちだが少年の日にはこの植物の記憶はない。
興味がなく忘れてしまったのだろうか。
吉事があると開花するとの言い伝えだがすでにどの株も満開をすぎている。
さあ、どんな吉事があるというのだろうか。


| | コメント (0)

2007/11/15

小春日和

Pict0134
夜の寒さが嘘のような暖かい昼間。
本日は窯を焚きながら仕事場の片付けをした。いっきにやると汗をかくほどの陽気で水仕事も快適にできた。
日足の長い晩秋の太陽の下、この器でビールもおいしそうだ。
この飲み物は冷たい乾いた空気になると急に味がよくなる。
ビールは小春日和の飲み物だ。
そんなことも想いながら器の片付け。


| | コメント (0)

2007/11/14

24ミリのレンズ

Imgp0068
[単焦点レンズの愉しみ シグマ24ミリ]

シャラの樹の落葉は早い。
毎朝、落ち葉の処理が一番の仕事。

シグマ24ミリはマクロレンズとしても使える広角レンズ。

| | コメント (0)

2007/11/12

蟷螂(かまきり)

Imgp0050_2
[単焦点レンズの愉しみ ペンタクス100ミリマクロ]
昨日の雨は嘘のような天気、快晴北風、急激に冷え込み蟷螂はくたばりそうだ。
この時期、この体形はきっとメスだと思うが卵を産んだのだろうか。
余計な心配をしてしまう。

Imgp0052_2
[単焦点レンズの愉しみ ペンタクス100ミリマクロ]
彼女の顔。ちょっと趣味が悪いかもしれないが、なぜかやさしい眼なのだが。

このマクロレンズの凄さも少し理解していただきたい。


| | コメント (0)

2007/11/10

紅葉

Imgp0022
[単焦点レンズの愉しみ リコー45ミリ]

終日冷たい雨が降っていた。
カキの紅葉が暗い林の縁に。
石油ストーブが必要になってきたが灯油の高値には別の暖房を考えなくてはならない状況となってきた。
いよいよ薪のストーブか。
温暖化が言われているが昨年と同じようにたくさんのカメムシがわが家の隙間に入り込み越冬の態勢のようだ。
カメムシの多い秋は冬が寒く、雪国では降雪が多いそうだ。
カメムシたちの動きを見ていると今冬もそれなりに寒いと思う。


| | コメント (0)

2007/11/09

クリタケとムラサキシメジ

Pict0132
クリタケ

Pict0133
ムラサキシメジ

初冬の風とともに生えてくるキノコ。
家の裏にも少し出はじめたようだ。これらが出ると秋もいっきに終わりだ。
何よりも薄暗い晩秋の樹下に明るい色のキノコは嬉しい。

香りは少し埃臭いがおだやかで味には癖はない。
濃い味付けでキノコの食感を味わいたい。
今夜はクリタケは煮物。
ムラサキシメジは茹でて生姜醤油で食べた。
スダチをたっぷりかけて焼酎のいいあてとなった。

| | コメント (0)

2007/11/08

サフランの花

Imgp0046
[単焦点レンズの愉しみ ペンタックスマクロ100ミリ]

今年もしべを採集する。
サフラン湯が一番の使いみち。
わが家では地中海風の料理はほとんどない。
たまに、たまにパスタを食べる、そんなものだ。
サフランは薬草のイメージしかない。
これもよく理解できないがご婦人の微妙な血のみちの薬としてわが母もよく飲んでいた。
赤い糸のようなのがめしべだがこれを延々と採りつづけ乾燥して保存する。
ご飯に炊きこみサフランご飯や煮物などに使うと色と香りがよく食欲がでてきます。

| | コメント (0)

2007/11/07

ハマナス

今日は海の近くの教室で講師が仕事でした。
秋の夕暮れ、海を背にハマナスの実が輝いている。
Imgp0039

一輪だけ花も咲いていた。
花の時季はとっくに終わり狂い咲きというのだろうか。
芳香は漂っていた。
しばし香りに浸った。一輪だけでも香りは強い。
Imgp0041

本日から手持ちのペンタックスレンズが使える環境が整った。
テレホンショッピング(毎日新聞掲載だが)で信じられないような低価格の商品があった。
ペンタックスデジカメ *istD L2。生産は終了したらしいが、このことはどうでもいい。
手持ちの交換レンズが使えるのと、精彩な画像が得られるのは楽しみだ。

一年と少し使い続けたMINOLTA DiMAGE X20は時々画面が荒れてモザイクがかかったようにPCに表示されるようになっていた。
どうにかしなくてはHPへの投稿もできなくなるかもしれないと思っていたときにいいタイミングだった。
この画像はペンタックス100ミリマクロレンズを使う。


| | コメント (0)

2007/11/06

ナメコタケ

Pict0128
自生のキノコではない。
冬にヤマザクラの樹に菌をうえこみ近くの湿地で夏を送った。
ナメコタケは大きくして食べた方が美味しい。
ナラタケとクリタケも少し採れたのでさっそく今夜はすき焼きとなった。
雨の後で少し出てきた。
この勢いでは来年のナメコタケの発生は凄いことだと思う。


| | コメント (0)

2007/11/05

アキノキリンソウ

Pict0096
わが庭に2~3株咲いていた。
別名がアワダチソウ。
厄介者になっている北米からの外来種はセイダカアワダチソウで花の色が同じだけで印象は全く違う。
アキノキリンソウは林の縁にしがみつくように咲いている。背丈は小さく可憐な花を着ける。

| | コメント (0)

2007/11/04

「匠のまつり」は最終日

Pict0108
きれいな青空が広がり黄葉がまぶしい。
このイベントは陶器ばかりでなく木工芸、農産物、地域の特色のある食品も売られて楽しい催しです。
地場産業の石材業者のダイナミックな展示販売のスペースが広くとられていて折をみては石の間を歩いていた。
大きな御影石の近くでいると身体の動きが軽くなるように感じるのだが、私だけの感じなのか。Pict0120
これはいい。高さが1.5メートルほどのもので、白御影石に抱かれるように窪みに身体が入る。
先日の雨の朝は水が溜まっていたがいい雰囲気であった。

| | コメント (0)

2007/11/03

やっと晴れてきた

終日やきもの祭りの会場にいた。
昨日までは雨でお客さんも少なくさびしい会場だったが本日はたくさんの方で賑わいました。
わがブースもたくさんの方にお越しいただきました。
若い方も多く嬉しい限りです。
毎回感じるのだが若い方が気に入ったものを一点づつ買い揃えてくれることは本当にありがたい。

| | コメント (0)

2007/11/01

やきものまつり

Pict0098
いよいよ11月。
イチョウもこのような黄葉となった。
そんな公園でのイベントで朝は青空が広がり汗ばむ陽気の出足だった。
しかし午後からは曇り2時には本降りの雨となった。
見事に天気予報は当たった。
わがブースには朝からリピーターの方が何人か来てくださり、造りつづけられることのありがたさを感じました。
明日はどんなことが待っているのだろうか。
どんな方とお会いできるのだろうか。


| | コメント (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »