« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

2011/05/31

初夏の赤い実

ワイルドストロベリー
Imgp7914

ウグイスカグラ
Imgp7975

ヒョウタンボク
Imgp7979


久しぶりの太陽に輝き、赤い実と緑の葉が美しい。
初夏のこの時期実りを迎える植物は多い。
このイチゴはたくさん採れたらジャムになる。
雑草に混じりたく毎年実をつけるが、ヘビイチゴと混在しているので採る時は少し慎重になる。
ヘビイチゴを誰も採らないのは名前の印象と、私は食べたことはないがきっと不味いものなのだろうか。

ウグイスカグラとヒョウタンボクは同じスイカズラ科。
木の感じはよく似ているが実に違いがある。
これらの実は私たちの食べ物ではなく野鳥のための実。


| | コメント (0)

2011/05/30

激しい雨

昨日から激しい雨が降り続いた。
台風崩れの低気圧が沿岸海上を北上したのが原因で梅雨の終わり頃の様相だ。
震災で地盤も屋根も傷んでいるところには厳しい季節が来たことになる。
庭の割れ目の痕を見ると不安になる。
12時頃つかの間だが北に青空を見る。
風も強く激しく天気が変わった。
Imgp7965

震災後は晴れても曇りでも空が不気味に感じられて室内でいたほうが落ち着く。

軒下に咲くユキノシタの花。
Imgp7971

| | コメント (0)

2011/05/28

入梅

Imgp7961
雨に咲く花コアジサイ。
こんなに早い時期に北関東も入梅となってしまった。
われは静かに晴れを待つ。

| | コメント (0)

2011/05/27

夏目雅子写真集

Photo
どうしても手放せない本がある。
若くして死んでしまった美しい女優の写真集。
演技にも理不尽な悲しみみたいなものがあり今も私の記憶の中によみがえる。
1996年に刊行された本だがその11年前に白血病で逝ってしまった。
ロマン派泣かせの物語のような人だ。
生前、彼女は俳人でもあり「海童」と言う俳号で瑞々しい感性ゆたかな作品を残している。

私の愛する焼酎は鹿児島は市来の「海童」、それを呑んでいる。
私は少し疲れているのか、懐かしさに満ちた頁を開く。

| | コメント (2)

2011/05/26

薔薇を

Imgp7951
庭に咲きはじめた薔薇の小さな一輪。
薔薇は捧げものとしてのみ存在する花だと思う。

わが大手拓次詩集

薔薇の散策 16より

掌(て)はみづにかくれ 微風(そよかぜ)の夢をゆめみる 未生(みしょう)の薔薇の花


| | コメント (0)

2011/05/25

キクラゲがでてきた

Imgp7957
正確にはアラゲキクラゲというのだろうか。
私のキノコ図鑑では名前の特定の判断に迷う。
それはどうでもよいとして、食べることを考えた。

かなりの大きさで歯ごたえもよさそうでわくわくしながら夕食の準備にとりかかった。
酢味噌和えにしようか迷ったが、茹でてキュウリとともに甘酢で和え物にした。
焼酎のいいあてとなった。

庭の端の朽ちたゴンズイの樹にでていた。
また雨の後にはありつけそうだ。
中華料理などに出てくる乾燥したキクラゲはそれもおいしいが、採れたてはさらによい。

| | コメント (0)

2011/05/24

ツクバネウツギの咲く庭で

Imgp7929
スイカズラ科だが、これは仲間が多い。
タニウツギやガマズミ、ニワトコまでもが。
落葉低木が多いがそれぞれ庭に欲しい雰囲気のあるいい樹が多い。
一度道路の拡張で移植したが再び大きな株になり樹が白く見えるほどに咲いている。
淡い黄みを帯びた白色の花。白い花弁の内側には幾何学紋のような線がが浮き出ている。
実が羽子板で衝く羽に似ているいるからの命名のようだ。
ツクバネという植物は別にある。

寒い一日だった。
雨も降り昼前11時のわが軒下の寒暖計は13度にやっと。
午後には急激に天気は回復したが終日厚着で仕事をしていた。
寒暖差の激しさが身体に堪える。
少々くたばりぎみですべてに切れ味が悪くなっている。

| | コメント (0)

2011/05/23

タツナミソウの花

Imgp7915
この仲間の花は美しい。シソ科に分類されているが花はランのよう。
ラショウモンカズラが大きく、りっぱだがその他の花は小さな花でルーペで観賞となる。
撮影にはマクロレンズがないとこの花々を引き出せない。
オドリコソウ、ホトケノザ、ウツボグサ、イヌゴマ、カキドウシ、ハッカ、ヒメジソ、ジュウニヒトエ、そしてキバナアキギリ。
まだまだあるようだが私の周りで確認できたのはこれくらいか。
どの花も美しく、この花々を言葉で置き換えるならエロチシズムの漂う花と言いたい。

| | コメント (0)

2011/05/22

ハクウンボクの咲く庭で

Imgp7908

今年もハクウンボクが咲いた。
エゴノキの仲間でこれは房状に花を着けるがひとつひとつの花はエゴノキの花とよく似ている。
初夏の夕暮れに印象的な白い花。

| | コメント (0)

2011/05/21

カマキリのあかちゃん

Imgp7926
たくさんの子が孵化した。
レンズを向けると威嚇をする姿勢で鎌をもたげるやつがいる。
これをかわいいと思うかどうか、これはそれを見る人の心の状態によると思う。
私はかわいいと思う。
背負わされた宿命(遺伝子の記憶)に忠実な姿はかっこいい。
それに抗して生きる姿は、さらにかっこいい。

終日、工房の窓の下のミカエリソウに作られた巣のようなカマキリの卵から目が離せられなかった。

| | コメント (2)

2011/05/20

白い花咲く庭で

小さな木いっぱいに玉のような白い花はトキンバラ。
花の重みで、木の先端が大地に接してしまったものが多い。
Imgp7921

ヤブデマリは名前どおりで樹下に良く合う花だ。
スポットライトようなこもれびにさらされた白い装飾花がまぶしい。
アジサイと同じで花は粟粒のようなものの中にある。
Imgp7922
朝には今夏ホトトギスの初鳴き。そして、ウグイスも聞こえてきた。
ホトトギスとウグイスの鳴き声を同時に聞くことができる。
当地では初夏の普通のことだが、違和感が響きとして残る。
梅にウグイス、初鰹の頃はホトトギスこの記憶が強すぎる。
ウグイスと言えば震災のあくる日の3月12日に明瞭に鳴き続け鳴き声の大きさと多さに不気味なものを感じたのを思い出した。
その朝は森羅万象、私の五感に感じるものすべてが不気味だった様にも思う。

きょうは朝から暑く、陽射しの強い一日だった。
そして地震の多い一日でもあった。


| | コメント (0)

2011/05/19

ホオノキの花

今回のブログの不都合は手ごわかった。
ドメインマッピングというものの設定中に起こってしまった。
複雑な設定作業ではないのに、私のパソコン側の操作では壊れた画面をもとに戻すことができなくなってしまった。
今回はどうにもならなかった。
ブログの管理会社の電話相談の窓口では解決にならずに、技術担当者とともに修復作業を終えた。
復旧したので表示の位置が変わってしまったサイドバーの手直しもして元の「風だより」戻った。
niftyのブログサービスココログは私には10000MB容量が与えられている。
現在使用中は743MBで7.4パーセントに過ぎない。
2004年7月が使用開始だからこの利用状況からだとめまいのするような残量だ。


元に戻ったところで今夜はホオノキの花をお見せしたい。
水戸市郊外でたまたま写せるところに咲いていた。
高木になるのでこの美しく芳香漂う花は間近で観賞するのはかなりの制約があり情熱が必要になる。
幸運なことに手の届くところに美しい花が。
モクレン科に分類されている。
この花を観ているとそのことがよく解かる。
Dsci0097


| | コメント (0)

2011/05/17

お知らせ

いつも、「風だより」にお越しいただきありがとうございます。
かなり深刻な不具合が発生したようです。
管理会社(@nifty)にて調査と修復の作業中です。

| | コメント (0)

2011/05/16

友の来訪

13日金曜日からの事を記憶に残しておきたい。
13日は震災で延び延びになった料理人あだちひろみさんの食事会。
彼女の店は震災で被災したので急遽わが家が会場になり八人の方をお迎えしての開催となった。
これは楽しかった。
司会進行もギャラリー経営のお客様がしてくれ和気あいあいとした雰囲気でよかった。
あだちひろみさんのブログに詳しい様子があります。
さすがに私の器を使うのはこのように使えとばかりに美しい。
蕎麦をいろんな使い方で健康的なものが提供された。
味付けも吟味されていて、同席された糖尿病の方にも喜ばれた。

その夜、旧来の友、日本画家小森文雄が来た。
当地で個展の時は寄ってくれる。
今回水戸市のギャラリーでの個展で来た。
14日の夜も彼と呑んでいた。
ふと、お互いにまた会えるのか、とりとめもなくそんなことを想う。
泥酔した夜が続いた。

Komori_3
今回の展覧会、「小森文雄水墨画展」の案内状より。

| | コメント (0)

2011/05/15

ナニワイバラの咲く庭で

Imgp7904
激しい棘のある枝には思わず身震いをしてしまう。
手入れをされずに野生化したら、そんな恐怖を感じる逞しさと鋭い棘がある。
しかし純白の花は美しい。

14日に光ケーブルの引込み線の工事が終わりNTT東日本のフレッツ光ネクストになった。
今までのADSLより送受信の速度も速く格段に安定感のある状態となった。
3月25日が工事予定日だったが震災の影響で遅れてしまった。

| | コメント (0)

2011/05/12

ウツギの咲く庭で

Imgp7859 

Imgp7849

ヒメウツギにタニウツギ。
ウツギだがヒメウツギはユキノシタ科でタニウツギはスイカズラ科。
ヒメウツギは関東地方より西に自生している。
タニウツギは北の日本海側に多く残雪の山並とともにこの時期印象深い。

アジサイはユキノシタ科で、もうすぐ咲くツクバネウツギはスイカズラ科で、ああややこしい。
梅雨のような日が続いているが皐月の青空の下にはこぼれるようなウツギの花といきたい。

| | コメント (0)

2011/05/11

福島県にて

Imgp7873
25年来おつき合いのあるお客様と観桜会となり、福島県の山奥にエゾヤマザクラを観に行く。
2年前と同じコースだが寒く、全般的に開花は遅いようだ。
沢には残雪もあり木の芽が芽吹き始め、北関東平野部のひと月前と同じようだ。

昼食には蕎麦を食べ、農産物の販売所では太くおいしそうなアスパラガスをはじめ、山菜もあり買うて帰った。
平日で天候も良くなく肌寒い日だったので人は少ないとは思うが、以前に比べると人の立ち寄りそうなところも閑散としている。
不況が続きその上の風評被害に直面していることがあきらかだ。
商品も手薄になりさらに客足の遠のく悪循環に陥っている。
これは私の暮らすところにも同じことで、深刻な事態になっている。

Imgp7878
サクラの下にはハクサンイチゲの花が群落をなしていた。
淡い水色の花が群落の中に数輪混じっていた。
季節が来ると確実に咲く花のけなげさに、私たちは見入った。


| | コメント (0)

2011/05/10

スズランの咲く庭で

Imgp7856
大手拓次詩集より。
「鈴蘭の香料」という詩はこのような言葉で終わる。

しろい月のやうにわたしのからだをとりまくおまえのことば、
霧のこい夏の夜のけむりのように、
つよくつよくからみつく香(にほい)のことばは、
わたしのからだにしなしなとふるへついてゐる。

そして華やかな「香料の顔寄せ」という詩にはこのような言葉でスズランを詠う。

やさしい肌をほのめかして人の心をときめかす鈴蘭の香料。

本物の鈴蘭の花など見たこともない若い頃から大手拓次を読み続けた。
そしてきついが清らかな花の香りに接したのはずいぶん年をとってからだった。
感受性も嗅覚も老化しているが、この花は香りで観賞したい。
清純さこの上ない花と香りだが、危険な毒草でもあり、これが奥深い女性の魔力ようで惹かれる。


| | コメント (0)

2011/05/09

レンゲツツジの花

Imgp7830
このツツジの群落が観光地にもなるらしい。
北関東や長野県の高原地帯に多い。
私の住む周りにはもう自生している株は見ることはない。
私の庭でかろうじて生きながらえている。
古老の方が懐かしそうに眺めていた。
過っては林の縁にずいぶん自生していたそうだ。
ただ、花にも葉にも痙攣性の毒があり、危険な樹木。
これを食えば痙攣を引き起こすのか、変な緊張感とともに花を見た。
別名が鬼躑躅(おにつつじ)この色あいとともに、確かに納得ができる。

黄色の花をつけるものがあり、これはキレンゲツツジだそうだ。


| | コメント (0)

2011/05/08

花見

Imgp7839

お花見といってもズミの花。
サクラと同じバラ科の樹木。花はサクラやリンゴに似ている。
今が花盛りの白雲のような花の木にはミツハチが来ている。
この木は庭のものだが北関東の雑木林にも混在している。
奥日光戦場ヶ原はこの花を見るために訪れる人も多い。
五月晴れの下に美しく、小さな花のひとつひつはなぜか懐かしい。
蕾はピンク色で花開くと純白。
そして開花の時は短く気がつけばいつの間にか散っている。

これから、ハクウンボク、エゴノキ、そしてヤマボウシと白い花の頃。
朝から暑い一日だった。
私の好きな夏の風を感じる。

| | コメント (0)

2011/05/07

セッコクとデンドロビウム

Imgp7827

Imgp7828

冬には屋内にいれるだけでほとんど面倒は見ないがきれいな花を毎年着ける。
セッコクは西日本には野生のものが見られるそうだ。
下の写真は何年も前、家人が正月用にと満開のを購入して咲き終わったらその後は今の時期に花を咲かせている。
これが自然の開花で、いい季節なのだろう。
さらには葉と茎がセッコクと同じなのでわけがわからない。
どれも香りがないが、願わくは蘭の花には香りが欲しい。

| | コメント (0)

2011/05/06

シャガの花咲く裏庭で

Imgp7826
この花は湿った樹下によく見かける。
特に杉林の中に多く見たと思う。
人家とともにある植物で山野に自生している野草とは違った風情がある。
朽ちた廃屋の庭にこの花が咲いていた光景を見かけた。
その凄惨さと一体化して、私の廃屋のイメージの花となっている。
私の育った生家の周りの杉林の下にはたくさんあった。
庭から飛び出した野球のボールをこの草をかき分けて捜したのを思い出す。
その生家には父母はもう住んではいない。


| | コメント (0)

2011/05/05

陶炎祭は終わり

陶炎祭は終わり、暗くなるまで撤収作業。
今年は県立公園内の灯りはすべて点かないので本当に暗くなるまでの作業だった。

お越しいただきありがとうございました。
わが風の窯のブースにはたくさんの方に来ていただきました。

陶炎祭は、多分これほどの来場者をお迎えしたのは初めてだと思う。
しかし、たくさんの考えるべきことが突きつけられたのも初めてだ。
そのためにも今夜は疲労を解消してあすには少しでも明快な思考をしたい。

| | コメント (0)

2011/05/04

記憶の彼方より

Kitakamigawa
記憶の彼方より。
北上川、その岸辺に佇み若い私は宮沢賢治に思いを馳せていたと思う。
今、私は少し疲れた。

| | コメント (0)

2011/05/03

記憶の彼方より

Tsugarukaikyou2
40年前の東北。
記憶を探りつつ写真をパソコンに。
東北への思いをわがブースにも展示したい。
本日より壁はささやかな写真ギャラリーとなります。

Dsci0087
眺めてくれる人もいるがやきものの売買が私もお客様も目的です。
それであったが、壁が優しい感じになったのはよかった。
4時頃から激しい雨。


| | コメント (0)

2011/05/02

シロヤマブキの咲く庭で

Imgp7819
陶炎祭は中日。
明日からは後半となる。きりがいいので大幅に展示の入れ替えをした。
売れて手薄になるのが同じような傾向になり穴があくように展示品のバランスが崩れてきた。
そこで意を決して。

飛来する黄砂で体調がすこぶる良くない。
鼻と喉と眼が異様に粘液を出している。
水分を摂り眠るしかない様だ。
アウトドァな仕事の日々にさらに過酷に自然が迫る。

☆第30回笠間 陶炎祭(ひまつり)のご案内
   会期 2011年4月29日(金)~5月5日(木) 9時~17時  
   会場 笠間市芸術の森公園イベント広場   
       主催事務局/笠間焼協同組合 0296-73-0058

わがブースは52番。
高品位な陶磁器と徳島県神山町産のさわやかなすだちジュースを販売しています。
どうぞお越しを。

| | コメント (0)

2011/05/01

今日が3日目の陶炎祭(ひまつり)

Dsci0080
出展者に配られた震災のお見舞い品。
中身はマーブルチョコレートでした。
県内ひたちなか市に店舗を構えるコーヒーの製造販売会社サザコーヒーから。
手造りの「がんばろう かさまやき」というラベルが貼られていた。
この会社のギャラリーで以前3回ほど個展を開催させてもらったことがあり大変お世話になっている。
そこも被災地で、断水が長く続いていた中、再開まで大変な日々であったと思う。
その中でと思うと頭が下がる。

風が吹き荒れ雨も少し降りアウトドァでは過酷な一日だった。

| | コメント (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »