« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

2014/06/30

姿勢

風の窯のあるじは「集団的自衛権行使容認の閣議決定」には反対阻止。
憲法9条を壊してはいけない。
若者やその子どもたちの平和に生きる権利は守らなければならない。

| | コメント (0)

2014/06/29

バイカアマチャの花

Imgp3124
今年も咲いた。
木も花も小さくいつの間にか終わってしまい乾いた装飾花だけを見ることが毎年。
今年はしっかり見届けた。
ユキノシタ科でアジサイの仲間。

| | コメント (0)

2014/06/28

雨に咲くチタケザシの花

Imgp3120

梅雨らしい雨降りの一日だった。
しと、しと、しとと。
咲き始めた白い花に雨が降る。
かすかだが甘い芳香がある。
雷雨や豪雨ばかり続いたので、この微細な雨には情緒を感じる。

昼前には西宮市から突然のお客様。
辰砂釉の熱烈なファンのお方で、遠方を来てくださった。
特に今回のものは発色がよく、これで在庫はなくなってしまった。
さて、次の辰砂の仕事だが素地は夏場に造り込んでも、焼成は大陸の乾いた空気の影響下になった頃が、よく焼きあがる。
白い花を見ながら、そんな予定を考えた。


| | コメント (0)

2014/06/27

業務用食器研究会

笠間焼き協同組合の活動として参加させてもらう。

洋食器への展開だ。地元二名、都内の方一人、が講師として来てくれた。
現役仕事中のフランス料理の調理人を招き、西洋料理に耐えうる食器開発をテーマにした研修会だった。

| | コメント (0)

2014/06/26

アシナガバチ

Imgp3119
きのうの豪雨がうそのような天気だった。
その風と雨に耐えた巣。
工房の窓の際のシャラノキの葉の裏に巣がある。
巣をつくろい守る親蜂。
毎日見ていると友情のような、愛おしさを感じる。

| | コメント (0)

2014/06/25

クガイソウの咲く庭

Imgp3111
激しく変ってゆく天気の一日だった。
昼過ぎまでは時々太陽も出ていた。
クガイソウは少し高い山に行けば、そこの雑草として生えているようだ。
新芽は食用にしているところもあるそうだが、私は食べたことがない。
株が何年経っても増えてくれないので、食べる気持ちにもならない。
涼しげで蒸し暑い頃には、心地よい風のように感じられる花だ。

午後3時過ぎから激しい雷雨。
気象台の発表では、当地は一時間に80ミリの激しい雨で、洪水警報が出ていた。

夕方7時にはこんな空で、ほっとする。
Imgp3112


| | コメント (0)

2014/06/24

落花

Imgp3103
強い雨が降っていた。
そうかと思うと陽射しも出てきた。
激しい天候の一日だった。
雨を避けるような軒下にも花が落ちていた。
外へもことさら出ることもなく、ひたすら制作が終日続いた。
軒下には夏椿の花が散っていた。

| | コメント (0)

2014/06/23

若者と連帯

若者ら東京・渋谷で「憲法守れ」
2014年6月22日(日)20時55分配信 共同通信

 集団的自衛権行使容認反対を訴え、東京・渋谷をデモ行進する若者ら=22日午後

 安倍政権が目指す憲法解釈変更による集団的自衛権行使容認に反対する10~20代の若者らが22日、東京・JR渋谷駅周辺をデモ行進し、歌や太鼓のリズムに合わせ「憲法を守れ」「戦争は要らない」と訴えた。参加者は主催者発表で約800人。
 知人に誘われたという長野県諏訪市の高校2年の女子生徒(16)は「戦後守ってきた平和憲法は一度壊れたら取り戻せない。若い世代が問題意識を持って声を上げないといけない」と話した。
 甲府市の山梨大1年窪田由和子さん(18)は「十分な議論がなく国民不在のまま、全てを決めようとしているようではないか」と不安げ。

こんな記事が配信されていた。
若き不屈の民たちに連帯の挨拶を送りたい!
精神の自由とそれを守る権利を確実に奪うことのできる危険な刃が背中に突きつけられている状況下になりつつあることは、予感してほしい。

沈んだ気持ちが少し立ち直る。

| | コメント (0)

2014/06/22

雨に咲く花

昨日は夏至だった。
電気を消して夏の夜の一番短い日を愉しもうという呼びかけもなされてずいぶん経った。
これは震災以前から話題にされていたように思う。
一年に一度ぐらい、電気なしで過ごす夜があってもいいのではないかと思う。
私は早々と寝てしまった。

ヒルガオが咲いていた。
アサガオ、ヒルガオ、そしてヨルガオがあるが、ヨルガオだけには、甘い芳香がある。
闇の中に虫を呼ぶ白い花はエロスが感じられる。
ユウガオというのはカンピョウの花だそうで、園芸店でユウガオとして売られていたのはヨルガオのようだった。
Imgp3107

そして、ヒメシャラも花を着けていた。
小さな白い花には、それだけで品がある。
まだ手の届くところに花を着けていて、地上からの撮影はできる。
ヒメが頭に付く植物名のものは、花が小さかったり、木が小さいのもあるようで、この植物は大木になるのだろうか。
大きな木に小さな白い花をたくさん着けたものも、美しいと思う。
どこまで大きな木になるのか。
Imgp3108


| | コメント (0)

2014/06/20

標(しるべ)なき日々

被曝牛連れ、国に抗議
2014年6月20日(金)18時14分配信 共同通信

 福島第1原発事故で被ばくした牛をトラックから下ろそうとして、警察官に制止される吉沢正巳さん 20日午後、東京・霞が関の農水省前

 東京電力福島第1原発から半径20キロ圏の旧警戒区域内で被ばくした牛を飼育している福島県浪江町の畜産農家吉沢正巳さん(60)が20日、牛を連れて東京・霞が関に現れ、殺処分を指示した国に抗議した。

 吉沢さんは午後1時半ごろ、支援者らも集まった農水省前に、牛1頭を載せたトラックとともに到着。拡声器を使って「40年間、福島県は東京のために電気を送ったのに、おれたちは今捨てられるんだ」と怒りをぶつけた。

 この後、農水省担当者に牛の調査やえさの確保を求めて要請書を手渡したほか、石原伸晃環境相が「最後は金目でしょ」と発言した問題で、環境省前でも抗議の声を上げた。


夕方、上記の記事が配信されていた。

それとは別に不快さこの上ないニュースが数日前からあった。
石原伸晃環境相が「最後は金目でしょ」と発言した問題で、本人は福島県に謝罪に行くらしいが、福島県民のだれにどのように謝罪するというのだろうか。
環境省の建物の下に、きょう、折りよく来た牛飼いの方に謝罪するのが最初でいいのではないか。
許してはくれないだろうが。
発言を取り消し、謝るべき相手は、理不尽な状況下に追い込まれて苦しむ上記のような人たちだと思う。
県庁の知事室に行っても、それに誠意を感じる人はいない。

| | コメント (0)

2014/06/19

不屈の民が新聞に載っていた

今朝の毎日新聞の記事から。
昨夜の憲法解釈による集団的自衛権行使容認反対デモの様子が、地方版に取り上げられていた。
Mainichi1
人通りもまばらで、シャッターを下ろした店ばかり目に付くさびしい商店街を歩いた。
ゆるい坂道はさびしい。
人に訴えるというよりも、こんな状況下での自分の立ち居地を改めて確認するような時間だった。
漠然とした不安にこころは染められてしまった。

彼の前では闘う姿勢でなければ。
写真家の石川文洋さんが取り上げられていた。
やはり彼の仕事はベトナムだ。
Mainichi2

| | コメント (0)

2014/06/18

不屈の民が夕方

Cimg0342
今の政府の集団的自衛権の行使容認の閣議決定だけは、どんなことがあっても阻止したほうがよい。
私たちの人権は、偏狭なファシズムの考え方を持った一政治家が首相になったことで蹂躙されようとしている。
秘密保護法を制定してしまい、さらには憲法を閣議決定だけで政権の都合のいいように運用しようというわけだが、これは戦後70年近く育まれてきた立憲国家の議会制民主主義の抹殺としか言いようがない。
小選挙区制が彼らに都合よく働き、強大な与党のみとなってしまった末のことだ。
選挙を経て、手続きは民主的なように見えるが、私には好戦的な軍事優先の独裁国家への道程のように見えてくる。

| | コメント (0)

2014/06/16

梅の実の収穫

と言うと、えらそうに聞こえるが、木も小さく、30年来の付き合いだが、大木にはならない。
剪定は怠ることなくしているので、手の届くところに実が着く。
早春、淡いピンクの一重の大きめの花を咲かせる。
そして、実を収穫。
毎年同じぐらいの数の実が少しとれる。
これは、醤油漬けにして、真夏の食卓に備えたい。
梅醤油はさっぱりとしていて、いい調味料となる。
Imgp3100


とり込むとこれだけ。
Imgp3101


| | コメント (0)

2014/06/15

6.15反日米安全保障条約の日

1960年、その反対デモの渦中で樺美智子さんが国会議事堂南通用門で亡くなった。
そして、いま、それよりも悪いことに憲法9条が骨抜きにされようとしている。
安保条約を締結しても、憲法9条が立ちはだかり、アメリカ合衆国が世界各地で仕掛ける戦争には兵員を出すことはできなかった。
しかしここに来て、憲法9条を内閣の都合のいい解釈を可能として、外国の起こした戦争に参戦して、自衛以外の戦闘行為も可能な法整備がなされようとしている。
「集団的自衛権」
圧倒的与党数ではあるが、偏狭な信条の一政治家が憲法の解釈まで自分の都合のいいように変えようとしている。
新憲法下、最悪の危機だと思う。

夕方は暗くなるまで草刈を坦々と。
刈払い機は生活必需品で、田舎暮らしにはこれなくしては成り立たない。
10年と少し使ったのが壊れてしまい新しいものとなった。
メンテナンスなど何もしないで、よくもったものだと思う。
新しい機材は軽くなり、燃費性もよく、ハンドルから手を離すと、即停止するというような安全装置の配慮もなされている。
そして同じ排気量で、値段は半額ほどになっていた。
Imgp3095


| | コメント (0)

2014/06/14

風の窯から

Imgp3073

さわやかな空気だった。
しかし夕暮れには激しい雨となった。
風の窯はヤマアジサイが庭いっぱい。

夏の器展  笠間作陶とパステル画
  会期 2014年6月10日(火)~28日(土)  11時~17時  休廊日15日(日)16日(月)22日(日)23日(月)
  会場 ギャラリー扇  神奈川県横須賀市馬堀町1-21-1  Tel.046-823-7545
      陶芸 秋元智香 新井倫彦
      パステル画 荒木まち子

開催中。

| | コメント (0)

2014/06/13

晴れた日にはホタルブクロ

紅白のホタルブクロの花。
赤といっても紫色に近い。
ホタルブクロは夏の始まりの花だが、気温は真夏の日になった。
Imgp3086

Imgp3085


ずいぶんえっとぶりの太陽。
なぜか、小さい頃の方言が出てきた。
それだけ鮮やかさの強い青空。
あまりにも真上からの日差しが強いので、急遽左手をレンズフードにして撮影をした。
手も写りこんでしまった。
延々と洗濯物が続いた。
空は青空、私は終日成形作業が仕事だった。
夕方には雷雨となり典型的な夏の一日だった。
Imgp3087


| | コメント (0)

2014/06/12

雨、雨、さらに雨

Imgp3076

外は雨、雨が降っている。
予報では昼頃には太陽も出るようだったが、大きなはずれ。
雨は夜になってもあがらない。
居間には洗濯物が窓の内側を覆い暗い。
身体が重い。気持ちも重い午後だが、終日成形作業。

| | コメント (0)

2014/06/10

雨もひと休み

続いた強い雨も上がり、夕空は明るかった。
樹木の青い光の中にこんな6月の空が広がっている風の窯。
Imgp3057


この時期は春の花の結実。
ツクバネウツギの実は確かに撞く羽。
Imgp3055


ウリカエデの実も羽がついている。
風に乗り遠くに運ばれるのだろうか。
夏の風に見送りたい。
Imgp3059

| | コメント (0)

2014/06/09

ヤマボウシの花

愛用のペンタックスの露光がよくない。
基本的に壊れてしまったのか。
露出オーバーの画像で赤みの色に寄った画像が多い。
この画像は加工ソフトで青みを強くしたものだが、白色の修正は難しい。
Imgp3043


| | コメント (0)

2014/06/08

マタタビの蔓で作られた籠

きのうもきょうも会津三島町は雨は降らなかった。
曇り空ではあったが、程よい気温で快適だった。
初めて見せてもらったものにマタタビを素材にした籠がある。
かごという字も素材が竹ではないので竹かんむりの漢字では正確ではない。
素材の加工の工程が大変な作業のように思える。
猫の近くでは使わないほうがいいかもしれない。
Cimg0335
Cimg0337

さて例の本だが、以前と同じ部屋に通された。
以前と同じように、本棚の一番下にあった。
この本のことを話をしているうちに、本のためにももって帰ってくれということになった。
青春の書をありがたく、大切に持ち帰った。
40年も前に出版された本だ。
80歳になられた女主人とこの本の出会いはどのようなことなのか分からないが、少し不思議な想像が膨らむ。
Cimg0333

| | コメント (0)

2014/06/06

入梅

早々と梅雨の頃となった。
昨日、6月6日は雨こんこんで、例年よりも早い入梅が気象庁から発表された。
雨には、ヤマアジサイ。
風の窯の庭にはヤマアジサイが一斉に咲き始めた。
変幻自在の複雑な色合いの花は真夏まで続く。
Imgp3029

あすから二日間は、会津三島町のイベントに出張。
高齢のおばあさんが一人で切り盛りする民宿にことしは泊れるので、愉しみだ。
二年前、そこでであった「二十歳の原点」初版本はまだ書架にあるのだろうか。
高野悦子さんに会えるような気持ちになってきた。
降り続く雨の音を聞きながら、気持ちを鎮めて早起きに備えたい。

| | コメント (0)

2014/06/04

麦秋の候

本格的な豪雨があすには予報されている。
入梅も近いようだ。
それを前に、麦畑では刈入れが盛んに行われていた。
所用で出かけた道すがら。
前も後ろも麦畑の中道に立つと、なぜか喉や鼻には違和感があり咳とくしゃみが出た。
麦の穂のイガを思っただけでくしゃみが何回も。
だが、きれいな稔りの光景だ。

私には大麦なのか小麦なのは分からない。
聞きたいが遠方のコンバインを運転す人だけで誰もいない。

Cimg0330


| | コメント (0)

2014/06/03

わが庭には白い花がいっぱい

フランスギク。
Imgp2999


ドクダミ。
Imgp3006


ドクダミ。
Imgp3007


バイカウツギ。
Imgp3009

ガマズミ。
Imgp3008

長い、長い初夏の夕暮れは白い花を見ていた。


| | コメント (0)

2014/06/02

バイカウツギの咲いた日に

甘く清らかな芳香がある。
なぜかもの悲しさを感じる花だ。
Imgp3005


前野曜子が懐かしく「別れの朝」を聴いていた。
2008年のわがブログに、彼女のことをコメントしてくれた人がいた。
忘れられない前野曜子。そして若かったつかの間の日々、だがそれが永遠のような私たち。
縁の濃い、偶然の邂逅。
ブログ冥利、それに尽きる。

| | コメント (0)

2014/06/01

窯出し、荷造り、そして発送

朝から真夏のような青空。
ご挨拶も2ヶ月先のものを持ってこないといけないような日が続く。
これから、ほんとうの夏は来るのだろうか。
30度を超える気温に不安になる。
Imgp3000

そんな中、昨日終えた窯を出す。
これも暑い。
窯を離れると外気温が涼しく感じられる。
作品の点検と仕上げを終えて、宅配便用に荷造り。
夕方には発送ができた。
Imgp3002

熱中症に警戒しながらの一日だった。
終えた夕方はビールもどきで少し落ち着く。
合歓の木の花も咲かない、ヒグラシも鳴かない、気温だけは真夏の夕暮れ。

| | コメント (0)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »