« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月

2015/06/30

6月30日は

ネムの花が咲いていた。
少し世離れをした感じの樹とその花。
あの世の花は見たことはないが、このようにやさしさを感じるものだと想っている。。
枝を大きく広げた大木は花と樹形が見ごたえがある。
その花が咲く頃に、遠い昔に忘れてはならない悲惨な出来事があった。
米軍の基地さえなければこんな事件は起こらなかった。
Cimg0556

少し長いが、毎日新聞の配信から。

米軍機墜落:沖縄・宮森小で慰霊祭 児童ら17人死亡

毎日新聞 2015年06月30日 11時31分(最終更新 06月30日 12時13分)

 沖縄県石川市(現うるま市)の宮森小学校に米軍ジェット機が墜落し、児童ら17人が死亡した戦後沖縄で最大の米軍機事故から56年となった30日、宮森小で慰霊祭があり、遺族や関係者が参列した。戦後70年の今も沖縄の上空は米軍機が飛び交い、事故を危惧する声が強い。

 事故の悲惨さを語り継ぐ活動を続けているNPO法人「石川・宮森630会」の会長で、事故当時は宮森小5年生だった久高政治さん(67)が「沖縄への米軍基地の集中化によって事故は起き、その状況は70年たった今も変わっていない。宮森小の事故は沖縄の基地問題の象徴だ。二度と同じような事故が起こらないよう語り継いでいかなければならない」とあいさつした。

 事故は沖縄が米国統治下にあった1959年6月30日に発生。米軍嘉手納基地(嘉手納町など)所属の戦闘機F100が、ミルク給食時間中の宮森小に墜落して炎上し、児童11人を含む17人が亡くなり、210人が重軽傷を負った。パイロットの米兵は脱出して無事だった。

 県によると、72年の本土復帰後も米軍機の事故(2014年末現在)は650件起きている。そのうち墜落は45件で、04年8月に米軍普天間飛行場に隣接する沖縄国際大(宜野湾市)に米軍の大型輸送ヘリが墜落した事故もその一つ。12年10月には事故の多さから機体の安全性が懸念される米軍新型輸送機MV22オスプレイが普天間飛行場に配備された。

 当時小学3年だった弟の芳武さんを事故で亡くした上間義盛さん(72)は「いつまでたっても弟のことは忘れられない。二度とこのような悲惨な事故が起こらないよう祈るばかりだ」と話した。芳武さんはブランコで遊んでいる最中に事故に遭い、爆風に吹き飛ばされた。上間さんは「沖縄に基地が集中し、米軍機が飛び交う状況は56年前と何ら変わらない。政府はさらに辺野古に新基地を造ろうとしており、また大事故が起きるのではと危惧している」と語った。【佐藤敬一】

| | コメント (0)

2015/06/29

梅雨のきれ間

夕べから肌寒い。
こんな良い天気だったが日陰や室内では寒かった。
もう夏なのに重ね着をして過ごす。
Imgp4579_2


なんというのか、名前は分からない。
昆虫として生き残る作業に忠実であった。
Imgp4578_3


洗濯物の下で、この時期としてはさわやかな空気感を愉しむ家人。
Imgp4580_2


| | コメント (0)

2015/06/27

梅雨空が続く

暗い空だがこんな花が咲いていた。
オカトラノオ
Imgp4569

チタケザシ
Imgp4567

クガイソウ
Imgp4566

夕方には義務のようにヒグラシが鳴いていた。
夏の入り口。

| | コメント (0)

2015/06/23

エゴノネコアシ

Imgp4565

花芽にエゴノネコアシアブラムシが寄生するとこんな形状になるらしい。
エゴの花はそれでいいのだが私はこれが好きだ。
エゴノネコアシ。
タマバエとして成虫となり、旅立った様子が開けられた穴から想像できる。

| | コメント (0)

2015/06/22

今年の夏至は

Imgp4556

昨日までの雨も上がり、少し眩しい朝だった。
儚い一夜の夢の象徴のようなシャラの花。
落ち花を愉しむ。

| | コメント (0)

2015/06/20

桜桃忌

昨日がその日。
6,19は何の日だったか雨の昨夜は少しではあるが、記憶喪失に唖然とした。
たまたま、本日は頂きものだが、サクランボもあり、ゆっくり記憶を手繰ると太宰治の誕生日であり自死を全うした命日でもある。

Imgp4563


そうだ、私が19歳、彼女は文学を目指し、難解な詩を書いていた。
その人に、太宰治の墓に連れて行ってもらった。
そんなことを思い出す。
6月の青い空、ナツツバキが咲く庭で。

Imgp4550


| | コメント (0)

2015/06/19

ノビルの花は星のよう

Imgp4529
梅雨らしい一日だった。
そしてたいそう寒く、ズボン下を再びはいての仕事となった。

小さな小さな花なのできっと見落としてしまうと思うが、美しいノビルの花が咲いていた。
早春にはあれだけあったノビルだが花を着けるまで成長するのは少ないのか、この花のお花畑は見たことがない。
鑑賞にはルーペがあるといい。
白い星のような花の美しい風情が堪能できる。
これは常用している24ミリのマクロレンズで撮影をした。

| | コメント (0)

2015/06/17

夕方はデモに

安全保障法制度反対の集会とデモに参加をした。
確かに戦争可能法案が憲法への抵触を無視して強引に与党の数の力で成立されようとしている。
その危機感から県内の反対勢力の結集を図り、反対運動を推し進める目的で呼びかけられた集会だった。
たくさんの人が来ていた。
私は、こんなプラカードを作り、臨んだ。
デモをパレードなんて言い替えらてられても違和感のないなさけない時代になってしまったが、私はこれを。
Cimg0553


表、裏面とどちらでもいいが、裏返すと。
Cimg0554

もう少し言うと、この問題にしても、原発にしても、基本的に人権が時の権力により無視され侵されている。
それへの抗議と闘いで、私の抵抗は単純明快だ。

集会の情景。
水戸市らしく黄門様の前での集会となった。
挨拶をされているのは、尊敬する谷田部理先生。
お元気そうで、私もきょうは後に続きたい。
45年前の集会ならアジ演説というところだが、その言葉も死語になって久しい。

広場の孤独などと言うとかっこいいが、情況へか自己に向かってか、いらだちのような、言いようのない孤独感が私にはある。
それは消えない。
Cimg0550

集団的自衛権を憲法学者の多くが違憲と断定している。
分かりやすく解説されている記事が配信されていた。
それでも推し進められる危機的状況にあるといえる。


| | コメント (0)

2015/06/16

ヒメシャラの咲く庭で

まさに名前どおりで、可憐な白い花。

Imgp4546


Imgp4545


| | コメント (0)

2015/06/15

オオバボダイジュの花

高木になり上のほうは花で覆われている。
深い芳香がある花だ。
脚立の天辺に昇り鑑賞して、撮影をした。
高所には恐怖感があり落ち着かない。
さらにはおびただしいスズメバチが吸蜜のために来ている。
その合間をぬって、二枝を切り取った。
もう少し咲き初めのころがよかったかもしれないが、花を乾燥して、花茶にもしたい。

Imgp4539

こんな花がびっしり。蜜を求めて虫たちもびっしり。そして芳香を求めてわれも。
Imgp4544

Imgp4542


| | コメント (0)

2015/06/14

会津の二日間

西会津は三島町のイベントに参加させてもらった。
数年前知り合った方の取り計らいで始まり、参加させてもらっているイベントが昨日ときょうの二日間あった。
昨夜は当地の民宿に泊った。
西会津にはこんな花が咲いていた。
タニウツギ。

Imgp4531

宿に入るのが少し早い時間だったので、観光案内に記載されていた温泉は共同浴場に行く。
200円を缶の中に入れて入浴となったが、混浴であった。何の案内もなかった。
入り口から女性の声が聞こえてきたので、その時初めて男女混浴であることを理解した。
おばあちゃん、おかあさん、小学低学年のむすめにお湯を譲り私は早々に湯からあがった。
Cimg0540

見るだけで、そのおぞましい連想で自分の指で触ったところの皮膚がかぶれてしまいそうだ。
この虫がどこにでもいた。
Cimg0544

| | コメント (0)

2015/06/12

ヤマアジサイの花

わが庭にはおびただしいヤマアジサイが咲いている。
装飾花ばかりのいわゆるアジサイは一本もなく、それを観たいとは思わない。
アジサイもバラも原種が美しい。
一本の木からこんな花が実生で増えてゆく。

Imgp4521

Imgp4522

Imgp4523

Imgp4525

Imgp4526

複雑で神秘だ。

| | コメント (0)

2015/06/11

きょうやるべきことは

庭や家の周りの草刈。
雨と高温で草の成長は早く、蛇を踏んでも自然な草叢となってしまった。
そして昨日に続き粘土もつくる。

昨日は所要で近くに行ったので会期も終りに近づいた「ルーシー・リー展」を観る。
点数が多く迫力のある展示だった。
陶ボタンがたくさんあり観るほうも気の遠くなるような夕方の会場だった。
花器も鉢も細い底で支えられていて、その危うさが魅力なのだと改めて感じた。
Cimg0539


| | コメント (0)

2015/06/09

ホタルブクロの咲く庭で

Imgp4524
関東地方も入梅。
その雨に追いかけられるように徳島から帰宅をした。

朝から雨。
蛍が飛び交い、ホタルブクロの花が咲き始めた。
終日、片付けが仕事。
早速、二件の来客があった。

白い花も混じり咲いていた。
Imgp4527
10日間の留守の間にうんざりするほど草が伸びていた。


| | コメント (0)

2015/06/08

帰宅

徳島市のビジネスホテルを6時に出た。
曇天無風の瀬戸内の海を見ながら淡路島で朝食。
名神高速道は吹田から名古屋の近くまで全面工事中で一車線走行規制で大渋滞だった。
そんなことで、帰宅は午後9時をすぎていた。
少し疲れた。

徳島新聞にも案内記事が掲載されていた。
案内の掲載も遅く、担当者との接触不足で反省点の残る広報だった。

Tokushimashinnbunn

55品目100点ほどを展示した。
Imgp4467

続きを読む "帰宅"

| | コメント (0)

2015/06/04

個展は後半に

Cimg0524


徳島は昨日梅雨入りをした。
しかし昨日の天気はウソのようなかわいた快晴の朝だった。
風が気持ちいい。
画廊の近くの畑ではスダチが可愛い実をつけていた。
これからどんどん成長して、8月末には収穫が始まる。
徳島県神山町は空き家に全国各地からたくさんの人が来てそこを借りて住んでいる。
若い方が多い。
どのような生活なのかは詳しいことは聞くことはないが、それぞれに仕事ができているようで、いい環境なのかもしれない。
群馬県からいらした若い女性の来訪を受けた。こちらで窯を開く準備をしてることをおうかがいした。

IT関連企業の方、映像制作関連の方などは会社ごとこちらに移されているようだった。
たくさんの人が山の町で暮らしている。

昨夜は雨上がりの天気で、沢すじの樹間にはおびただしい蛍が飛び交っていた。
鳥肌の立つような不気味さと凄惨さを感じた。

| | コメント (0)

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »