« 暖かい雨の朝 | トップページ | 白い花が咲いていた風の窯の庭 »

2016/03/20

息苦しい時代への足音

政府が権力を使い不都合な言論への恫喝と介入が鈍い私にも見えてくる。
本当にこんな時代になったのだと思う。
原発の再稼動の危険性や安保法制の違憲性を番組の中で主張した報道キャスターが一網打尽のように降板となった。
政府に気を遣った報道企業としての自主規制なのだが、自粛が美徳のようになってしまった社会は病み廃頽してゆくと思う。

少し長いが、記憶のために。


NHKの報道番組「クローズアップ現代」が3月17日、最終回を迎え、国谷裕子キャスター(59)が番組の最後に「番組を続けることができたのは、番組にご協力いただきました多くのゲストの方々、そして何より番組を見て下さった視聴者の皆様方のおかげだと感謝しております」とあいさつした。
国谷さんは番組が開始した1993年から23年間キャスターを務め、社会の様々な問題やトレンドに斬り込み続けた。
この日の番組では、「未来への風~“痛み”を越える若者たち~」と題し、社会で声を上げる若者たちを特集。学生団体「SEALDs(シールズ)」中心メンバーの奥田愛基さんや歌人の鳥居さんらの活動を取り上げた。

国谷さんのあいさつは約1分30秒。以下に全文を紹介する。
----
23年間、担当してきましたこの番組も今夜が最後になりました。この間、視聴者の皆さま方から、お叱りや戒めも含め、大変多くの励ましをいただきました。
クローズアップ現代が始まった平成5年からの月日を振り返ってみますと、国内、海外の変化の底に流れるものや、静かに吹き始めている風をとらえようと、日々もがき、複雑化し見えにくくなっている現代に、少しでも迫ることができれば、との思いで番組に携わってきました。
23年が終わった今、そのことをどこまで視聴者の皆さま方に伝えることができたのか、気がかりですけれども、そうした中でも、長い間番組を続けることができましたのは、番組にご協力いただきました多くのゲストの方々、そして何より番組を見てくださった視聴者の皆さま方のおかげだと感謝しています。
長い間、本当にありがとうございました。
----

さらにもうひとつ。
鳥越俊太郎さんのブログから。

昨日の報道ステーション見たでしょうか?
古舘キャスターが一泊三日の強行軍でドイツを訪れあのワイマールの地からレポートをしていました。ワイマール憲法は民主的な憲法でしたが、その中にある「緊急事態条項」を使って全ての法令を無効にし、ヒトラーが全権を掌握します。後は坂道を転がり落ちるように全ドイツはナチスの支配下に置かれ、ユダヤ人虐殺に狂奔します。
ここまでは歴史の教科書でも知ることが出来ます。
問題はスタジオで古舘さんが取り出した自民党の「憲法改正草案」です。この草案の中にもやはり「緊急事態条項」の項目があり、緊急事態と総理が判断すれば、あらゆる法律を停止し、政令を別に定めることが出来ることになっています。
古舘さんは何度も日本でナチスのような事が起きる訳ではないが、と繰り返していたが、そう言われれば言われるほど、ああ自民党の憲法改正草案はヤバいんだという思いにとらわれました。
この日の特集は3月をもって番組を辞める古舘さんの乾坤一擲の勝負だったような気がします。
あるいは、古舘さんの私たち視聴者に向けての「遺言」だったのかもしれません。

                                     引用はここまで。


すでに、正義の人々の、言論と仕事が奪われつつある。
ここまで奪われてしまった良心と言論の自由のために闘う砦はあるのだろうか。
思うのだが、社会的弱者の良心と想像力が最後の砦になる。

ジンタらムータと梅津和時の「不屈の民」を今夜も。

|

« 暖かい雨の朝 | トップページ | 白い花が咲いていた風の窯の庭 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

19日はお世話になりました!
彼女も初陶芸体験で喜んでいました。ありがとうございました。
コラム同感です。TVと新聞はいまだに影響力強いのがもどかしいです。なるべく近い距離の人には自粛せずにいろいろ話して情報共有したいです。
焼き上がり楽しみです!また遊びに行きますー

投稿: VOLVO | 2016/03/22 16:04

VOLVOさん
遠方ありがとうございました。
規制と自粛は知る権利を確実に奪っています。
おっしゃるように、幸せに自由に生きるための情報は共有したいと思います。

投稿: 風 | 2016/03/26 08:46

今朝陶器が届きました!
彼女と二人で感動ですwありがとうございました。
今晩はつくった茶碗でご飯食べるのが楽しみです。
陶炎祭は予定があり行けませんががんばってくださいね。
また、二人で工房に遊びに行きます。
それではお身体お気をつけください。

投稿: VOLVO | 2016/04/27 17:40

また、お会いできる日のあることを。

投稿: 風 | 2016/04/27 21:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 暖かい雨の朝 | トップページ | 白い花が咲いていた風の窯の庭 »