« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年7月

2017/07/31

梅干づくり

朝から太陽が輝いている。
もうこれだけはやり終えないとならない。
一度漬け込んだ梅の実をとりだして、太陽光に当てて、夜露にもさらさないといい梅干にはならないらしい。
忠実に手順を踏む。

しかし、あすは一日雨の予報で、さらに先は迷走する台風5号の動き方が天気を決めるようだ。
Imgp6906


| | コメント (0)

2017/07/30

カラスウリの花

夕方暗くなり始めると開花する花。
夜に咲く花。
清涼な芳香がある。
19時に撮影。
Imgp6905


| | コメント (0)

2017/07/28

風の窯の午後

Imgp6897
雲に覆われた空とかなりの蒸暑さの午後、時間ばかりがを食いものにされてゆく。
そんな焦りを感じる。
暑さがきつくても青空の夏がいい。

Imgp6901
ヤマユリのもう終わりに。
この花には北上夜曲のこの一節が。

匂い優しい白百合の
   濡れているよなあの瞳
   想い出すのは想い出すのは
   北上河原の月の夜

北上川の岸辺に咲くユリはヤマユリだと思うがこの時期に行ったことがないのでわからない。
無粋な現実だがイノシシのいるところからは消滅してしまった。
肝心の球根がまさに根こそぎ、旺盛な食欲の彼らのお腹に納まってしまったようだ。

| | コメント (0)

2017/07/27

サビタの花の咲く頃

Imgp6879

一週間ぐらい前の画像。
その頃は晴れて暑くて真夏はどんな日が待ち受けているのか、想像できないが暑い日の長く続く。
そんな予感にうんざりしていた。
その頃咲き始めていたノリウツギノ花。

梅雨明けが報道された頃から梅雨のような天気が続いている。
今夜も細かい雨が降り続く。

| | コメント (0)

2017/07/24

ヤマユリ窯

風の窯の周りはヤマユリが花盛り。
家の中にまで芳香が漂ってくる夜。

この時期はヤマユリ窯と呼んでほしい。
春からの手入れの賜物で成長のいい茎のものは花を20個も着けていた。
Imgp6883


Imgp6885


| | コメント (0)

2017/07/22

7月22日のために

Anakisuto

戦後のアナキズムの歴史の証言として読んでいる。
早朝と昼食後と夜に少しずつ読み進めた。
著者の大澤先生には21歳の時に、礼儀も知らない私は著作で知った新宿区矢来町のご自宅にお尋ねした。
無礼な若者にもかかわらずに丁寧に私の質問にお答えくださり、膨大な情報とともにものの考え方の基本を教えてくださった。
恥ずかしさとともに懐かしく思い出す。
お互いに半袖のシャツだったので、夏であったようだ。


1960年代に関する書物を読んでいる。
老いてゆく身とこころに灯された淡い炎のような記憶のかけらを大切にしたい。

| | コメント (0)

2017/07/21

エゴノネコアシを発見

庭先のエゴノキの下方の枝先に出来上がっていた。
寄生虫のようなアブラムシの棲みか。
虫えい。
アシボソというイネ科の雑草とエゴノキを季節によって棲み分けている。
冬はエゴノキ、夏はアシボソと。
Imgp6881


エゴノキの実。
むかし、実をすりつぶして水を加えると石鹸のように泡立つので洗剤としたことを祖母から聞いたことがある。
また川に投入して、その毒成分で魚を捕獲していたことも聞いたことがあるが、これは試したことがない。
Imgp6882


| | コメント (0)

2017/07/20

人権のための闘い

今朝、こんな記事が東京新聞に掲載されていた。
いい記事が読むことができて、とてもいい朝だった。
孤独の翳を感じたのは私だけかもしれないが、そんな彼のその後に深い関心を抱いた。
もう50年近い前の話。

Jnnkenn1


Jnnkenn2

| | コメント (0)

2017/07/18

ノウゼンカズラの咲く庭では

断続的な雨は激しく降った。
そして、思い出したように太陽が戻ってくる。
Imgp6874_2

| | コメント (0)

2017/07/17

海の日

Taiheiyou2jpg

海は好きだ。
若い頃、屋久島で3年ばかり海を見続けて暮らした。
孤独感ばかりで生きることへの恐怖のようなものを海に感じた。
海からの風。
海への坂道、夕暮れ海を見に行く。
帝国海軍の軍人だった父の一周忌を終えて妹達と7月8日に大洗海岸へ行く
相変わらず、当時と同じような絶海の孤島にいる不安を強く感じた。

幸せな海の日のために大好きなランボーの詩を呟きたい。

粟津則雄訳
「地獄の季節」

見つかったぞ!
何がだ?
永遠。
太陽にとろけた海。

いろんな人が訳しているが粟津則雄のものが私の想いに近い。


Dsc_0023ooarai


永山則夫は処刑後に支援者により生前の希望でオホーツクの海に散骨された。
森田童子「海を見たいと思った」を聴きながら私のこころの海に身を沈めた。


| | コメント (0)

2017/07/15

きょうは「読書の森」に

古くからの友が開催するイベントに。
小諸市で夕方までいた。
木陰の下に小点数だが並べていた。
旧知の方も多く和やかな風が吹いていた。
しかし、標高は笠間よりはかなり高いと思うが暑かった。

「メェェメェェ丘マルシェ×一箱古本市」が友の庭で開催されて木立の中の散策のような感じでお客様が来ていた。
同時に同じところで「森の音楽祭」がおこなわれたが若い方たちで聴き応えのある力量が感じられた。

幸運にも、こんな書物を安価で手に入れることができた。

Mizue
みずゑ 2月号 昭和46年2月3日発行 美術出版社
当時私は東京にいて好きだったクリムトの特集で手にしたのを憶えている。
回帰した懐かしさがある。
また、高松次郎も特集されていて大岡信との対談が記事になっている。今見ても当時の彼はかっこいい。


Capa
最前線に生きた写真家 ロバート・キャパ展
都内のデパートをはじめ、各地で開催された写真展のカタログ。
1980年PPS通信社から刊行されていた。
凄い写真ばかりで見飽きない。一枚の写真の背後に想いを馳せてしまう。
1954年日本を訪れた時の写真は興味深い。


Tsiji
辻まことの本の前は素通りできないのが私。

| | コメント (0)

2017/07/14

あすは小諸市に

旧来の友が主催するイベントに参加するため、朝が早いので今夜はここまで。
私は器で末席にはべらせていただく。

Dokusho1

Dokusho2

| | コメント (0)

2017/07/13

私の1960年代

Zennkyoutou

2015年10月8日 初版
株式会社金曜日刊

今夜はこんな本を読んでいる。

私が少年から成人になった頃の時代。

10.8ショックというものに若者も社会も撃たれた。
ベトナム戦争のさなか、今の首相の叔父の佐藤栄作が首相であった。
彼の南ベトナム訪問の抗議行動で羽田空港の穴森橋で一人の学生が死んだ日が10月8日。
思うに私もその日から自分のものの見方が変わったと思う。
逃れることのできない事件だった。

| | コメント (0)

2017/07/12

暑い一日だった

晴れたかと思うと曇り不安定な日だ。
そして地震が多い。
夜になり、もう少し降って欲しかったが、ほんのお湿り程度。
そして蒸し暑い夜となっている。

空梅雨で水不足が深刻な夏になりそうだ。
Imgp6863

| | コメント (0)

2017/07/10

かわいい改造車

たまたまコンビニの駐車場で出会った消防車。
かわいいとしか言いようがなくしばらく観察した。
本体は軽トラでメーカーは確認できなかったが、もてるものならコレクションにしたい欲望に駆られた。
改造車の極致。
Imgp6848


| | コメント (0)

2017/07/08

父の法事

一回忌の法要を近所のお寺にお願いをして無事に終えた。
暑かった。

| | コメント (0)

2017/07/06

チタケサシの咲く日には

ユキノシタ科チタケサシ属チタケサシ。
アジサイの親戚のようだ。
Imgp6791


きょうは掃除に追われた。
8日は父の一周忌の法事で遠方から妹や弟が来てくれる。
歓待の掟を忠実に。

| | コメント (0)

2017/07/05

台風一過と思いきや

朝は清らかな空。
青空。
午後になると竜巻注意報が出たりで、雲が多くなり少しうっとうしい。
Imgp6801


久しぶりの青空の下で洗濯物をこれでもとばかりにした。
Imgp6800
つかの間のいい天気で、午後からは雲が多くなり夕方には雨が降り出した。


| | コメント (0)

2017/07/04

台風3号が接近中

夜になり激しい雨が降り続く。
早い時期の台風だ。
春先から少雨で、さらに空梅雨気味で水不足が心配されていたが、この豪雨で何ヶ月か分の雨量を取りもどしたようだ。

キキョウが咲いていた。
Imgp6792


| | コメント (0)

2017/07/03

セセリチョウ

薄陽の射す暑い暑い一日だった。
クガイソウの花に蜜を求めてきたセセリチョウ。
このチョウは飛び方が鋭く大好きな蝶だ。

所要から帰宅の途中で近くの道の真ん中で甲羅干しをしている亀に遭遇した。
何もここでと思う。、この甲羅のみずみずしさはどこから来たのかと思うが、きっと近くのゴルフ場の池だ。
このままでは交通事故死になる可能性が高いので脇の畑に運んだ。
かなりの重量感のあるものだった。
亀には不本意だったのか大量の水の放射を受けてズボンや靴は濡れてしまった。
人間以外の生物との交歓が心地よい日。
Imgp6796


| | コメント (0)

2017/07/01

雨の一日

強い雨が断続的に降った。
雨宿りをしているようなハチ。
雨をものとせずに吸蜜に余念がない。
Imgp6790

| | コメント (0)

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »