« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

2017年8月

2017/08/31

ツルボの花

夏は終わった。
肌寒く雨が降る朝、歩道と車道の隙間に延々と一本の糸のように花は続いていた。
雨に咲く花。
昨日のヤブランと同じくユリ科で、小さな球根がある。
Cimg0293

低温と雨ばかりの夏だったが、植物は花を着け続けた。

| | コメント (0)

2017/08/30

ヤブランが花盛り

毎日雲が多く日陰のような天気だ。
そんなのが良いか、ヤブランは元気で花をたくさん着けている。
Imgp6947


| | コメント (0)

2017/08/29

原発は動かさず

さらに原発廃止へのひとつの道程を見る。
原発の近くで住むものとして今回の知事選挙結果は評価できるものだと思う。
選挙には敗北したが、原発動かさずの住民の意思は大きく広範囲だ。


本日の東京新聞の記事より。
Toukai2


Toukai1

きょうの目覚ましはjアラートの携帯電話の発信音だった。
もう何度もこの国の上を発射元が同じ飛行体が通過しているのに今回の報道は異様なものを感じる。

| | コメント (0)

2017/08/27

県知事選挙

昼前に近所の公民館の投票所に行く。
清き一票を投じる。

Cimg0292


| | コメント (0)

2017/08/25

「終戦」と「敗戦」の違い

Haisennkinennbi

本日26日の東京新聞投書欄「発言」より

8月15日が終戦記念日か敗戦記念日かということだが、私は敗戦記念日に強くこだわる。
この戦争では侵略をものとしない軍事国家大日本帝国が連合軍との戦争で国家組織が粉砕されて国民の生活態度が大きく変わった。
民主主義先進国との戦争に敗戦して戦勝国の庇護と指導で人権を尊ぶ民主主義の国に更正をはじめた記念日。

| | コメント (0)

2017/08/24

夏が愛しい

酷暑が還ってきた。
やっと夏らしい日になったが、気温は高いが青空にはならない。
終日、窯を焚く準備。
急ぐ私の工房にはこんな虫たちが来た。
Imgp6936


Imgp6944


Imgp6946


傷つき息も絶え絶えな感じで夏とともに死んでゆく。
セミは一時間もしないうちにアリに処理されて羽すら無くなってしまった。
無。見事な無。

| | コメント (0)

2017/08/22

実り

わが庭の片隅にはキュウリが実を着けていた。
先月からの日照不足でおいしそうには見えない。
あすからの太陽に期待していわゆるキュウリの香に満ちた実を待ちたい。
あまりにも日照時間が少ないの日々だった。
Imgp6937

太陽の香のするキュウリが懐かしい。
夏休みの少年の日には水分補給の野菜だった。
野山を駆け回り渇きを充たすのに塩や味噌を付けて食べていたことを思い出す。

キュウリの調理だが大人になってからの私は加熱したのが好きだ。
味噌汁などにもいいが、衣を付けて揚げ物にしたのがいい。
酢豚という料理にはこれが入らないと私には完成した味わいにならない。
ニガウリも油で揚げると格段においしくなり、さらに、それを煮物やカレーに仕上げると良い味になる。
ウリ科の実は加熱調理により深い味わいが出るのではないか。

| | コメント (0)

2017/08/21

洞窟オジさん

Douktuojisan

加村一馬著
「洞窟オジさん」
2015年9月13日刊。
小学館文庫。

折をみて読みたいと思ってた本だ。
いっきに読んでしまった。

学校にもあまり行かずに基本的な学習のしていないまま13歳で家出をしてから栃木県足尾の山中で一人きりの自活を始めた人の本人の著作だ。
社会に復帰するのが40年後。
作者の後年、ずーと悩まされた孤独感には胸に迫るものがある。
孤独感は人との交わりでさらに強くなったのではないかと思う。

| | コメント (4)

2017/08/19

友情

Imgp6931

工房の入り口で動かないカブトムシ。
もっといいところへの移動中だがわが手から離れようとしない。

つかの間だが深い友愛のようなものを感じる。
いい夏を!

| | コメント (0)

2017/08/18

梅雨のような毎日

八月も下旬だというのに梅雨時のような天候の日が続いている。
こんな天気にとてもよく合う花が庭には咲いていた。

ミナヅキ。
ノリウツギが園芸種に作りかえられたようだ
本元のノリウツギもまだ花を着けている。
Imgp6926


Imgp6928

これはタマアジサイの園芸種か。
Imgp6925

| | コメント (0)

2017/08/17

オホーツクからの風

Nagayamanorio_2

本日の東京新聞にはこんな記事が載っていた。
刑死後の遺骨は支援者によりオホーツク海に散骨された。
八月は彼の命日の月。
北の海からの風が吹き込み続けて低温で雨ばかりの東日本。
彼に関する本が刊行され続けている。

| | コメント (0)

2017/08/15

敗戦記念日のために

昨年の夏に101歳で逝った父の遺品の中に従軍した頃の手紙がたくさんあった。
どこにどのように保存していたのかは家族の私にもわからない。
一周忌を機会に今まで何年にもわたり管理していた妹から託された。
折を見て少しずつ読み解いている。
帝国海軍の軍艦乗りの機関兵の父は10年近く軍艦に乗っていたようで、終戦時どこで投降したのかは知らないがイギリス軍の捕虜となり上海の収容所から、帰還している。

帝国海軍兵士の父への手紙。
Chichi1

日付は不明だが侵略をして傀儡政権で固めた満州国の女子児童からの戦地の兵士への慰問の手紙。
授業の一環として兵士への手紙は全国で書かされていたようで、当時の教育的配慮に満ちた同じような文章構成の手紙がたくさんある。しかし、植民地の満州の児童からのものは、異民族への皇民化教育の証拠品として残しておきたい。
ひとつずつ読み解いてゆきたい。
満州国の普蘭店公学堂二年女子部というのはこの字からは小学二年生ではない。
満州族の方で中学生の年であったなら日満支三国が手を取り合ふ平和の日が来ます、、、、には抵抗があるはずだ。そんな日は来るわけはない。
侵略をして仮想国家のような満州国をうち立てたのが事実なのだから。

この手紙を見る限り、前線兵士の戦意向上のための大掛かりな情報戦略の紙と見る。


5年前には父と同じ体験をしたひと達の記事を目にして書いていた。
過酷だった日々を伝えるのに絶望したのか語ることはなく、残されたものからこころを探ってみるしかない。

| | コメント (0)

2017/08/14

秋の仕事

Rinn2

新井倫彦陶展
   会期 2017年9月6日(土)~9月17日(日)  12時~18時  最終日は17時まで 月曜日は休廊
   会場 ギャラリー凜  東京都江東区亀戸5-19-6   Tel.03-3681-1631
        私の在廊日 6日(水) 9日(土) 13日(水)

夏はこの仕事で終わり。

雨と低温のさびしい夏だった。
早々と悔しさを交えて総括。
というかそれはどうでもいいほど忙しい。

| | コメント (0)

2017/08/13

お帰りなさいの夏

夏らしい日がなくうんざりしていた。
昨日の午後から夏のような青空。
Imgp6923

夕方には芳香を風に漂わせるクサギの花。
Imgp6924

| | コメント (0)

2017/08/09

台風一過の朝

Imgp6918


Imgp6919


Imgp6920


Imgp6921

朝8時の情景だが、涼しく空気も信じられないように乾いていた。
久しぶりの夏の青空。
だが、昼過ぎにはこれより15度ぐらい上昇した。

| | コメント (0)

2017/08/07

静謐な夏の花を

レンゲショウマ。
樹下で霧のたちこめたところが似合う花。
天候不順のことしはいい花を着けている。
Imgp6907


ミョウガの花。
春には新芽を食べ、花の頃にはその入れもののような苞を食べる。
香辛料かもしれない。
ことしはたくさん採れた。
Imgp6917

| | コメント (0)

2017/08/05

朝早くら

朝は早朝6時から1時間ばかり 公民館の草刈。
涼しいうちにやり遂げるということらしいが、たくさんの方が来ていた。

10時からは父の新盆の供養が近所のお寺であり、昼過ぎに帰宅した。

予ねてより敬愛する友から聞いていたイベントをたずねた。
会場は東の山を越えた隣町。
手持ちの古道具を並べていた中からこんなものをいただいた。
とても嬉しい。

小中学校の集団検診で喉を校医が診るときに舌を押さえるへらのようなものと入れ物。
ともに高級感のあるステンレス製で本物業務用だ。
光の加減が悪くこんな感じだがピカピカの金属光沢がある。
Imgp6916_2

彼のお父様が表装の作業の文鎮していた鉄の塊。
ぴたり750グラムある。
もともとは天秤ばかりの分銅かもしれない。
Imgp6910

帰り道に看板が目に付いたのでそれに従い進むと奈良時代に瓦を焼いた窯跡に行くことができた。
Cimg0287

Cimg0289

まさにかわらけ。
破片がたくさん落ちていた。
1000年の時を草の中で。
Cimg0290

重厚で有意義ではあるがとても長い一日だった。

| | コメント (0)

2017/08/02

異様な真夏に

午前2時と7時に震度4のかなり不安を感じる地震があった。
震源地は県北と県南。
震源地の上のようなところでいるので、揺れはいっきに突き上げてきた。
さらに大きなものだと助かりようがないことを再度思った。

真夏だというのに肌寒く空の低い一日だった。

| | コメント (0)

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »