« 暖かい一日 | トップページ | 春の息吹 »

2018/02/11

石牟礼道子さんの死

本日の東京新聞から。
Ishimure1

私はこの本を若い頃読み、いつも手の届くところにある。
今も読む日がある。

講談社文庫 昭和47年12月15日第一刷発行   苦海浄土ーわが水俣病
Ishimure2

有楽町か新橋か記憶は確かでないが、電車から見えるチッソ本社前に水俣病患者とともに座り込み抗議行動を続けられていた光景がよみがえる。
若い私はそこに立てられていた幟に手書きで書かれていた怨にいう字の意味をはじめて考えさせられた。
今回の原発事故を彼女はどのように見ていたのだろうか。


|

« 暖かい一日 | トップページ | 春の息吹 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 暖かい一日 | トップページ | 春の息吹 »