« 梅雨の晴れ間には | トップページ | 真夏のような一日 »

2018/06/25

父と母の法事

きょうは朝から真夏空で陽射しがきつく暑い。

23日土曜日に父3回忌と母7回忌の法要を無事に終えた。
関西に住む妹達と弟を迎えてのことで亡き父母へはお互いの健康に感謝の報告のような集まり方だった。
天気が心配だったが雨にはならずに墓参りも終えた。
Imgp0034

その後栃木県塩原温泉に移動して献杯の儀となった。
一泊後の山は快晴で新緑の山の稜線が美しかった。
Imgp0041

那須を足を伸ばしての帰り道、立ち寄った殺生石の手前の賽の河原のような荒涼とした風景の中にたくさんのお地蔵様が並んでいた。
強い硫黄臭が漂い、ずいぶん昔行った恐山の光景を思い出した。
幸せにも遠くにハルゼミの鳴き声を聞くことができた。
異界からの声なのか、小さな昆虫の営みなのだが、お地蔵さんの中に分け入るとそれは間違いなく父母の声にもなった。
Imgp0049

|

« 梅雨の晴れ間には | トップページ | 真夏のような一日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 梅雨の晴れ間には | トップページ | 真夏のような一日 »