« 梅雨明け | トップページ | 夏の影 »

2018/07/01

オオムラサキが来た朝

朝から異様な夏らしいとしか言いようのない青空と強めの南風。
気がつくと羽化したばかりのきれいなオオムラサキのオスチョウが部屋の隅で行き場を失っていた。
写真を撮らせてもらい大空に放った。

開け放した窓からの飛来だ。
きょうから7月よい朝だ。
庭の隅には彼らの食草の大きなエノキが一本あり、毎年羽化しているのを見届けている。
今年もそれだと思う。
律儀に挨拶に来てくれたのかもしれない。
羽化したばかりのオオムラサキは警戒心もなくしばらくお互いに遊びあうことができる。
私のほうが根負けして樹液の出ていそうな樹にそっと這わせてやることが多い。
Imgp0055

Imgp0057

|

« 梅雨明け | トップページ | 夏の影 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 梅雨明け | トップページ | 夏の影 »