« サフランの花 | トップページ | 暖かい午後だった »

2018/10/25

海を渡るチョウ、アサギマダラ

所用での出先でこんなチョウに出会った。
きょうの手持ちはコンパクトカメラだけなので一眼レフの望遠レンズのような画像にはならないが、できる限り接近してみた。
吸蜜に余念がない様子で人への警戒はあまりないチョウのようだ。

たくさんのアサギマダラが晩秋の青空にゆっくり飛び交いそれを見るだけで美しい景色だった。
暖かい陽射しに手入れの行き届いた古刹の庭には彼女達の好きな蜜を出すヒヨドリバナが満開でそれに群れていた。
秋になり山から低地に移動して、林の中にあるらしいキジョランに卵を産み付けて幼虫で冬を越すのかもしれない。成虫は海を越えて2000キロも移動するのもあることが書かれていたのを読んだことがある。
ここで栄養を補給したらどこになんのために飛んで行くのだろうか。
旅の途上のアサギマダラの群れに取り囲まれて幸せな時間だった。

今が盛りのツワブキの花に来ていた。
Cimg0716

Cimg0716

Cimg0717

おびただしいチョウがヒヨドリバナに。これもツワブキもキク科の植物なので吸蜜にはよい時期でよい場所だったのだ。
Cimg0718

Cimg0719

茨城県笠間市 楞厳寺(りょうごんじ)にて。

|

« サフランの花 | トップページ | 暖かい午後だった »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46063/67312652

この記事へのトラックバック一覧です: 海を渡るチョウ、アサギマダラ:

« サフランの花 | トップページ | 暖かい午後だった »