« 梅咲く野辺で | トップページ | クリスマスローズの咲く庭で »

2019/03/11

南岸低気圧一過

昨夕から本格的な強い雨が昼過ぎまで降っていた。
春の嵐、おかげさまでわが工房は風を感じずに済んだ。
夕陽のかなたの山はスギ花粉が霧のように漂い不思議な景観を見せていた。
不用な杉は花粉症に苦しむ人のためにも伐採して欲しい思う。
急激に天気が良くなった夕方5時過ぎの林。
Imgp0468
あの東日本大震災(2011年3月11日)の日、14時46分の最初の大きな長い揺れに見舞われたとき、揺さぶられたスギ林からは大量の花粉が飛び、その後の余震のたびに漂いぼんやりとした夕空だったのを思い出す。
その後の原発の事故では見えない放射能という猛毒が東日本の各地の空気中を漂った。
空中の埃や花粉に付着してやがては地上に落ちてきたはずだ。

|

« 梅咲く野辺で | トップページ | クリスマスローズの咲く庭で »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 梅咲く野辺で | トップページ | クリスマスローズの咲く庭で »