« 花を観ながらひとり昼飯 | トップページ | 風の窯では »

2019/04/18

風の窯の庭から

よい天気で薄着でよい気温で体感的には無上の日だった。

なんでこんなことまでやらなきゃいけないのかと、思う気持を自分で慰めつつやるべきことを夜まで。

どこかでひとつでも投げ捨ててしまうともうすべて終わりのような予感で生きているのが姿。

だが、だが、私はこんな花を愛している。

 

きょうもこの花を観ながら昼飯を食った。

Imgp0013

 

ニリンソウ

Imgp0014 

 

ラショウモンカズラ

なんか花を食べてみたくなった。

そんな魅惑的な花。

Imgp0015

 

 

|

« 花を観ながらひとり昼飯 | トップページ | 風の窯では »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 花を観ながらひとり昼飯 | トップページ | 風の窯では »