« 香川人権研究所 | トップページ | 雨は降り続く »

2019/06/30

真空管アンプ

頑張れば歩いて行けるところにドカンと真空管アンプとよいスピーカーを備えたカフェが開店した。その店の名前は「信空館」。

といっても仮オープンで未だテーブルやイスはこれからで、がらんとした部屋だった。

きれいな音を聴くにはそんな空間ででいいのだが。

たまたま、知人のSMS で昨夜知ってからは、これはなにをおいても行かなければならない。強い雨ではあったが出かけた。

ジョン・コルトレーンのLPを聴かせてもらった。

願わくばバッハを聴きたいと強く思った。濃厚な感じでの低音域が素晴らしい機材だと思った。

Cimg0903

私の真空管アンプ。

バッハのためのアンプにCDプレーヤーそして古い木製のスピーカー。

私のものはどれも古くて、安物の寄せ集めだが、音は素晴らしい。ちょっと倦んだ昼下がりには、危険な空気の震え。

再生装置はアンプが重要だが、真空管アンプはその欲望を充たせてくれる。

Cimg0904

|

« 香川人権研究所 | トップページ | 雨は降り続く »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 香川人権研究所 | トップページ | 雨は降り続く »