« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »

2019年7月

2019/07/31

オクラの花

庭の片隅にはナス、ピーマン、オクラ、パジリコ、ニガウリが、それぞれ3~4本ほど日当たりなどの条件を勘案して育てている。

いっきに夏の陽気になったのでそれぞれ元気に実を着けている。

オクラの花は美しい。食べたい欲望に駆られるが、4本がささやかに実をくれているので、これはできない。

Imgp0125

| | コメント (0)

2019/07/30

生きる

足下で弱々しいヒグラシの鳴き声を聞く。

覗き込むとカマキリが食事中。何があろうと食べることに専念している姿に感動した。

脳天から食べてゆくのを観察することができた。

狩りの見事さというか生きるためにこれだけは必要だという美しい執念を大きな目玉に感じた。

急激な暑さに苦しめられてくたばりぎみだが、この光景を見とどけると、から元気かもしれないが、われも元気に生きねばという勇気を貰った。


Imgp0123

| | コメント (0)

2019/07/29

夏空

きょうは9時30分の上空。暑い30度は超えている。湿度も高い。

Imgp0119

昨日28日、14時39分の上空。

Imgp0113

一昨日27日、13時35分の上空。雲が早い。

Imgp0111

26日8時30分頃の上空。

Imgp0108_20190729095801

青空ばかりを記録に残したがこの4日間は紀伊半島に台風が上陸して、大風が吹き、不安定な天気で豪雨の夜もあった。

また、三重県が震源地の長い揺れの地震が明け方にあったこともあった。

いろんなことのある夏空。

| | コメント (0)

2019/07/24

やっと夏らしい日に

暑い一日だった。青い夏空も見えた。

こんな日にふさわしい録画を家人が見ていたので私も盗み見していた。

かなり高齢だが元気で演奏を続ける彼はもう少し全力で生きねばならない私には灯台のような存在の人だ。

ナベサダ、ご同輩にはこれで十分に伝わるが、こんなにもこんなにもかっこいい人だ。

Imgp0103 

| | コメント (0)

2019/07/23

いらっしゃいオオムラサキチョウ

早朝、窓に止まっていた。この部屋は父母の仏壇があり私の寝屋。

きれいな初々しい羽は生まれたばかりの個体だと思える。しばらく眺めていた。

72年前の私は生まれたてで、きょうは二日目の朝だった。

長く過酷な戦争からやっと生き延びて、結婚をして子どもを授かった父母の気持に想いをはせた。

戦争も終わり、時代も新しく、託した希望も大きく幸せだったと思う。

このチョウがそんなことを伝えに来た。久しぶりに位牌に水とお線香をあげた。

Imgp0104

Imgp0105

| | コメント (0)

2019/07/22

雨に咲く花

植物ではないが見事な造形としか言いようがない。

あるじはどこで雨宿りをしているのだろうか。

尊敬と友情をこめて鑑賞をした。どうしてここまで計算されつくした糸が張れるのか。

Imgp0098

| | コメント (0)

2019/07/21

あすからは制作の日が続く

今回のイベントは雨ばかり。

Imgp0094

| | コメント (0)

2019/07/19

ヤマユリ

においやさしい白百合に、、、北上夜曲の歌詞の一部だ。

この花の香りはかなり強いが芳香だ。今年も夏の候となった。

きょうも不順な天気。久しぶりに太陽が戻ってきた。

Imgp0088

| | コメント (0)

2019/07/18

長い梅雨

初歩的なミスで画像が転送できなかった。

画像の拡張子がペンタックス独特のものになってしまい、(これもカメラの設定ボタンの不注意な押し違いだった)画像ソフトが対応できないだけのことだった。

専門家のお助けを願うまで頭が回らないのには、われながらいやになってしまった。

思考に必要な部分の幅と深みがずいぶんへたってしまった。その元になるような不快な雑事を思考の中に持ってきてはいけないことに気づいた。

そんなことで清らかな花を観る。深刻な日照不足でも夏の花は咲き続ける。

リョウブ、甘いよい香りがある。

Imgp0084

ヤブミョウガ

Imgp0083_20190718223401

 

| | コメント (0)

2019/07/16

チタケザシの花

ヤマセが吹き、雨の一日。寒い。

Imgp0079_20190716232501

| | コメント (0)

2019/07/14

ショパンの「雨だれ」が一番似合う一日だった。

よく降る毎日。

雨に咲く白い花を撮ったのだがピクチャーまでは画像が行くが、その後の画像ソフトまで届かない。

昨日からギブアップの状態。

雨の中ノリウツギが咲いている。これを見ると夏なのだが。

Imgp0087

 

| | コメント (0)

2019/07/13

第2回日光てしごと市

日光はわが住むところからは2時間もかからないところなので、その距離感と日光への想いが出展を決めさせた。

50年前、7月20日に奥日光は菅沼湖畔のキャンプ場にアルバイトとして行った。

中禅寺湖畔などは、当時は西洋の方や別荘滞在者で華やかなリゾート地であり、貧乏学生であった私は違和感を感じながらも美しい景色に圧倒された。

東武日光駅からのバスを湯元温泉で乗り継ぎ金精トンネルを越えていったのを思い出す。

着いたところは寒くてさびしいところだった。東京で付き合っていた女の子を想い、即帰ろうかと思ったなさけない思い出がある。

関東平野の奥地でありながら、わが住むところとはかなり違う。空気に透明感がある。

 

さて来週の土日は日光でのてしごと市。

会期 2019年7月20日(土)~7月21日(日)

会場 栃木県日光市田母沢街区公園   

お問い合わせ先 ~風の窯~新井倫彦 0296-72-5785

Niltsukou

久しぶりに蒸し暑い日。そしてお陽さんも少し見えた。

夕暮れヒグラシの鳴き声を聞きながらビールを呑んだ。初鳴きのようだ。

やっと夏になるのか。

| | コメント (0)

2019/07/10

梅雨の合間

朝から雲は多いが久しぶりのような感じで太陽が。

ロクロの水挽きが夕方まで。天気もよいので草取りも少しできた。

ホトトギスがいつまでも鳴いていた。

Imgp0066

早々と黄葉し始めたヤマザクラ。

天候不順による異変なのか、樹木そのものの病変なのかは判らない。

Imgp0065

| | コメント (0)

2019/07/09

ギンバイカの咲く頃

ハーブ好きの家人の愛好植物で今年も夏を告げている。

しかし雨と低温で夏は遠うそうだ。そんな日々。

Imgp0061

Imgp0059

 

| | コメント (0)

2019/07/06

ニホンミツバチ

もうニホンミツバチはわが庭には帰ってこないのか、その不安が私を衝き動かす。

友より預かっている巣箱も何年も空のままだ。

ニホンミツバチを呼ぶ特効薬のランも開花したがハチは来なかった。

気になる恐ろしいことだが数年、アシナガバチもスズメバチも本当に少なくなって、これは安全でいいのだが、今夏はどうなのか。

ハチはどこへ消えてしまったのか。

Mitsubachi

午後2時間ほど養蜂家を訪ねて養蜂の技術的なお話を聞きに、ちょっと遠方の栃木県那須烏山市に行く。

先生の巣箱に飛び回るハチの姿がことのほか懐かしく感じられた。それほどわが庭には来なくなってしまった。

 

| | コメント (4)

2019/07/05

徳島県神山町のこと

Kamiyama   

わがふるさと徳島県神山町のことがきょうの東京新聞に掲載されていた。

外から来る人は若者を始め、この事業の効果もあり殖えているようだ。わがふるさとも基本的には過疎地には間違いないようだ。

しかし、お遍路さんも山道を行き交い、IT企業の方がいて若い移住者も増えてはいるが、基本的には静かな山の中の過疎地で、限界集落化がそれ以上に進んでいると思う。

 

 

| | コメント (0)

2019/07/04

豪雨

外は雨。かなり強い雨脚だった。

終日お茶碗造り。

夜になり、鹿児島市に住む友へ記録的な豪雨へのお見舞いの電話をした。

Cimg0905

 

| | コメント (0)

2019/07/01

雨は降り続く

洗濯物は部屋干しが続いている。

Imgp0047

大雨の被害も南九州から伝えられている。

北関東笠間盆地も雨は数日降りそそいでいるが、いまは被害はない。

| | コメント (0)

« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »