« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »

2020年3月

2020/03/30

さらに、さらにサクラ

朝早くに隣町の桜川市にヤマザクラを観に行く。ヤマザクラばかりが平地から山まで。私はヤマザクラが一番好きだ。ものごころつくころから生家の周りの桜といえばヤマザクラだった。しかし、これだけの群生はここでしか見られない。まさに桜川のサクラ。Imgp0567_20200330233801

Imgp0570

山にもたくさんのヤマザクラが咲いているのが遠目に眺められる。そして昨日の雪が残っていた。雪と桜花。

Imgp0571

Imgp0572_20200330233901

| | コメント (0)

2020/03/29

第39回笠間陶炎祭は開催延期

昨日開催主体である笠間焼協同組合から通知があった。新型コロナウイルスの感染拡大が進む状況下ではこれ以外の判断はないのかもしれない。しかし、老齢化と過疎化の進む地方都市で、零細小規模事業者の一大イベントの延期の影響は甚大だと思う。いよいよ来たかという印象だが仕事への意欲が保てるのか、そんな不安がある。蔓延する新型ウイルスの終息が全く見えない現実下でいつまでの延期なのか、見通せない中での判断だと理解している。

幻に終わったDM。

Himatsri2

 

Himaturi1

 

| | コメント (0)

2020/03/28

サクラ、サクラ、そしてサクラ

どうしても気になるサクラに会いに行く。もうちょっと若い日々このサクラの下の国道をスキーの行き帰りに限りなく通った。だが通るのは満開の前で息を呑むようなころには通ったことがない。何十年来の想いを遂げることができた。手入れはされているが傷みは多く痛ましい。背後の彼方に雪に覆われた那須岳が望めた。そんな雰囲気でよいサクラだった。

栃木県那珂川町観音寺のシダレザクラ。

Imgp0550

Imgp0554

Imgp0552

Imgp0551

行けども行けども春の花。標高の高い峠にはウメが盛りだった。

Imgp0557

 

 

| | コメント (0)

2020/03/27

さらにサクラ、サクラ

生暖かい南風が強い曇り空。花が飛ばされないうちに。風が吹くたびに小さな花びらがまさに吹雪のようだった。

Imgp0544_20200328000001

Imgp0547_20200328000001

 

ソメイヨシノザクラも満開となった。

Imgp0548

Imgp0549

| | コメント (0)

2020/03/26

カタクリとヒトリシズカの咲く庭で

午前中は9月のオープン・アトリエ陶の里のための会合。県立陶芸美術館と笠間市商工観光課そして笠間焼協同組合などが広報情宣に協力してくれる方向での会合だった。案内の冊子を制作してくれるそうだ。午後は皿造り。

Imgp0542

Imgp0543

| | コメント (0)

2020/03/25

風の窯の庭から

春爛漫、ささやかな消え入りそうな庭ではあるが春の花がいっぱい。

Imgp0541

Imgp0539_20200325234401

Imgp0538_20200325234401

Imgp0537

Imgp0536_20200325234501

Imgp0535_20200325234501

Imgp0534_20200325234601

 

| | コメント (0)

2020/03/24

サクラ

茨城県筑西市の延命寺の山門にある枝垂桜の古木。満開は少し過ぎた。ことしはどのエドヒガンザクラも早い開花で忙しい。きょうは冬のような天気で日光颪が冷たくてきつい。ここから見えるに男体山をはじめ日光連山は昨日からの雪で白く、雲に溶け込んでいる。

Imgp0522_20200324230401

 

日本花の会結城農場・さくら見本園にて。

サクラは野生種の大木にしか興味がなくそればかり追いかけてきたが、迷路に迷い込みそうな寄り道。種類の違うサクラが350株の桜林でこれから咲くのが多い。エドヒガンザクラやマメザクラは満開。

 

Imgp0525

どのように見出されて園芸種となったのかは解らないウミネコに惹かれるものがあった。

Imgp0532_20200324230901

ウミネコの花。白い花が海鳥を想わせるのか。

Imgp0531

Imgp0529

Imgp0528

桜色というと赤みのある花のことだと思うが、白い花びらのものがさらに好きだ。

Imgp0527

 

 

| | コメント (0)

2020/03/22

エドヒガンザクラ

早い開花のエドヒガンザクラの変種の枝垂桜。ことしも抱かれてきた。枝ぶりのよい大木でその下に行くと慈愛のような優しさに包まれる。個人のお宅の庭なのでご当主に一年ぶりにあいさつを兼ねて少し話し込む。

Imgp0516

Imgp0513_20200322234601

Imgp0511_20200322234601

少し心配なカビのようなコケの種類なのか私には判断できないが、幹から枝にも広範囲に見られる。このサクラの持ち主の方も心配のようで、私も専門家に聞いてみたい。

Imgp0510

サクラの時期となっていた。

 

| | コメント (0)

2020/03/21

風の窯の春

霜にあたり純白ではないが全木花で覆われたハクモクレン。春が来た。

Imgp0504

 

樹下にはクサボケ。

Imgp0508_20200321234901

ちょっと洋風なクリスマスローズ。

Imgp0505

カタクリもちらりと。

Imgp0506

 

 

| | コメント (0)

彼岸中日

孫と娘たちと三代そろって父母の墓参り。強風が吹き荒れていたが昨夜の強い雨は上がり、少し暑さも感じる春分の日。あまりにも風が強いのでお線香を焚くのは取りやめた。

Cimg1044

お寺にはサクラにサンシユゥ、アシビが咲いていた。

Cimg1047

 

Cimg1046

| | コメント (0)

2020/03/18

養蚕農家

所用で700坪の敷地に築120年の母屋から蔵さらに養蚕のための2階屋と物置を入れると8棟もある旧家を訪ねた。更には田畑と山林が屋敷に続いていた。私の生家も大きく山林もあったが、それとは比べものにならない北関東の豪農の営みと生活感を見る思いだった。遺された女性一人では管理能力に限界があり、自然回帰への速度が速く、雑草と竹の侵入からいかに守るかを考えさせられた。

庭木の植え込みも手入れを怠ればあっという間に成長して伐採作業も素人ではできなくなる。少子高齢と人口減少は管理不能な家屋屋敷ばかりが残ってゆく。

養蚕がこの地で廃った正確な時は知らないが、30年も40年も前かもしれない。そのお宅の広い玄関の土間には当時のままの寒暖計が掛かっていた。理科で習ったように、土間の地面からは1.5メートルの高さに赤い球が来ていた。これを見続けた方はどんな人だったのだろうかと夢を追った。

Cimg1036

| | コメント (0)

2020/03/14

冷たい雨の土曜日

朝からほんとに冷たい雨降りだった。きょうの仕事は確定申告書の仕上げ。新型ウイルスの波及で本来なら明日15日が税務署の受付期限だが来月の16日まで延長された。

これはありがたく受け入れて真摯に作業を進めたいと思う。

霙の中に咲くわが庭のハクモクレン。きょうからはしばらく冬になってしまう。もう戻れない開き始めた花。

Imgp0482

霜が降り霜焼けさえなければ青空に湧く雲のような純白の満開の樹影が眺められる。天気は冬に戻りそうなので悩ましいところだ。

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2020/03/13

花春

隣町に所用で出かけた。今日も昨日も気温は高め。那珂川の中流域で昨秋は水害の被害が出た常陸大宮市御前山の堤防の上には枯草を押しのけて、スイセン、菜の花、セイヨウタンポポが咲いていた。風が気持ちよい気温で黄色い花がまぶしい。

Cimg1021

 

Cimg1022

 

Cimg1023  

黄色い花がいっぱい咲いていた。

 

| | コメント (0)

2020/03/11

きょうのために

忘れてしまいたいが忘れられない恐怖と不安の日。大震災に打ちのめされてそれでも9年生きられた。そんな感慨しかない日。

でも、でも今朝の東京新聞文化欄には小さな記事ではあるが生きるべき方向性を力強く鼓舞してくれる内容だった。Ooishiseinosuke

清らかな反権力であらねばならない、そんなことを強く思う。

新型ウイルスの蔓延と大震災の追悼、1945年の東京空襲の報道が延々と続くのはきのうからだが、少し重いこころの安全は大丈夫なのか。

寂しく暗くそして何よりも大きいのがこころにはびこる不安という目には見えない悪夢の記録読んでいただきたい。

http://arugamama.cocolog-nifty.com/kaze/2011/03/index.html

 

| | コメント (0)

2020/03/10

暖かすぎる朝

朝7時過ぎの気温は11℃を軒下の寒暖計は示していた。

我慢できずにという感じでわが庭のハクモクレンが花を開き始めた。過ってない早いことだが霜の降りるような朝があれば霜焼けで茶色く腐ってしまう。華やかさと儚さが同じ枝にある。

Imgp0481

朝から強い雨が降り続いた。夜に止み、大きな月が出ていた。

| | コメント (0)

2020/03/09

今夜は窯焚き

3月は末まで陶芸講習会「風の寺子屋」は休講とした。ネット広報して不特定小数の方に開講しているが、時勢柄、危険性があるウイルスの感染予防には致し方がない。

春の大きなイベント「笠間陶炎祭」も開催できるのかどうかわからないが、坦々と制作を続ける昼間。夜は石牟礼道子の著作読み続ける。私が生まれた頃が彼女の青春で、その時代の詩を読み続けている。

今夜は薄雲に月が見える。朧月夜でちっとも寒くならない。

| | コメント (0)

2020/03/04

隣町の決断



「国の考えに疑問」栃木県茂木町が一転、小中学校の授業実施







 栃木県茂木町は、町内の小中学校計5校(児童生徒約750人)で新型コロナウイルス感染拡大防止のため10日から予定していた休校方針を転換し、春休みまで通常通り授業を行うことを決めた。周辺で感染者が出れば即時、臨時休校とする。

 同町は方針転換の理由について、休校にした場合、子どもだけで過ごさなければならない家庭が出てくることなどを挙げている。古口達也町長は「小中学校は休校にして、学童保育は実施するという国の考えに疑問がある。約1か月間の休校は児童生徒のためにならない。」

| | コメント (0)

2020/03/03

桃の節句

わが庭ではウメが満開で春が来たことが実感できる。新暦ではひな祭りだがモモの花はまだ咲かない。久しぶりにお雛様を出した。震災以来かもしれない。古い小さなお雛様たち。私はお雛様に旧暦の3月3日までお勤めをいただく。白いお顔を眺めながら長くなった夕暮れに無上至福の気持ちで酒を呑む。迎春の宴。

Imgp0473

昨夜来の雨も上がった。菜っ葉の水滴に春を感じた。そしてきょうは終日暖かかった。

Imgp0468

Imgp0474

リキュウバイが芽吹いている。

Imgp0475_20200303223701

| | コメント (0)

2020/03/01

三月の始まり

Kurisumasurodo

いよいよ別れが多く寂しく淡い恋のようなロマチック三月始まった。新型ウイルスの蔓延で気分的に疲労度大きな日々が続いている。庭にはクリスマスローズがたくさん咲きだしていた。

| | コメント (0)

« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »