« 私は真実が知りたい | トップページ | 放射能汚染からの脱却が理想 »

2020/08/05

三島由紀夫VS東大全共闘

近所のショッピングセンターにある映画館で少し観たい映画があったので最終日もあしたなので午前中の上映時間に行く。コロナ禍対策で席はゆっくりあり、お客さんもいないので、一番観やすい席を得た。

1969年1月19日に安田講堂は圧倒的な数の機動隊に制圧されてしまった。

私はその日は御茶ノ水の街頭で機動隊と市街戦をしていた。どうしても御茶ノ水橋から本郷に行くにはあまりにも機動隊の壁は厚かったのを思いだす。全共闘壊滅後の5月に残り火のくすぶりのような討論会だったと思う。または別物のイベントの印象が濃い。

変に軽く乾いた現実離れした対話が多くて壊滅した全共闘運動の総括や安田講堂で逮捕され収監されている人への話にはならない。三島由紀夫が母校に乗り込み後輩たちとおしゃべりをしているとしか思えない。

話は優しさにあふれていて、知的なユーモアも一流で、今風に言えば最高のパフォーマンスだ。そしてその一年数か月後には見事な自己完結な死を遂げている。

Mishima1

Mishima2

 

安田講堂を死守した東大全共闘議長山本義隆さんの著書。この討論の時は逮捕されて拘留中だった。

株式会社金曜日刊

2015年4月24日初版

Mishima3

|

« 私は真実が知りたい | トップページ | 放射能汚染からの脱却が理想 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 私は真実が知りたい | トップページ | 放射能汚染からの脱却が理想 »