« 坦々とわが仕事の一日 | トップページ | 海を見て酒 »

2022/09/28

14歳の少年達

コロナ禍で2年の間は中止となり3年ぶりとなった林間学習。

千葉県の中学2年生3名がわが工房に来てくれた。

以前は女子生徒ばかりだったので、今回は男子生徒ということもあり授業内容を少し変えた。

やきものの安全な荷造り、私が経験した九州の陶磁器の歴史の話。そして最後は粘土の感触を味わいながら自由な制作。

Cimg2241

私の授業の進め方として、雑談を交わしながらではあるが、肝心なところはきっちり質問が飛んでくる頭脳明晰なまじめな少年達で、私もいい時間が過ごせた。

13歳よりは格段に成人に近い容貌と感性ではあるが、14歳の彼らはどのように15~16歳へと成長してゆくのだろうか。

頼もしい。

私の14歳は宮沢賢治と石川啄木を読んで秋空に遠い彼方の東北地方のことばかり想っていた。

|

« 坦々とわが仕事の一日 | トップページ | 海を見て酒 »

仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 坦々とわが仕事の一日 | トップページ | 海を見て酒 »