« 2023年7月 | トップページ | 2023年9月 »

2023年8月

2023/08/31

8月も終わり

暑いばかりの8月だった。

夏を堪能したかというと、暑さから逃げてばかりで、こんな夏は初めてのことだ。

虫の鳴き声が少しうるさい、満月の大きな白い月が天空にあり、少しは秋なのか。

近くの水田では稲刈りが始まった。これは秋だ。

Cimg3105

 

福島原発から核に汚染された水が海に放流され始めた。破壊された炉心の冷却水で処理水ではあるが、核物質に汚染された水そのもので、担当大臣としても、汚染水との認識があったことと思う。強い印象ゆえに無意識にその言葉が出てしまったのかもしれない。

 

野村農相が"汚染水発言"謝罪

野村哲郎農相

 野村農相は31日、東京電力福島第一原子力発電所から海洋放出されている処理水のことを「汚染水」と発言したことを謝罪した。農林水産省内で記者団に「汚染水と言い間違えたことを全面的に謝罪して撤回したい」と述べた。「福島県民に不快な思いをさせて申し訳なかった」と語った。

 「改めて緊張感を持って、水産事業者に寄り添った対策の実施に万全を尽くしたい」と述べ、辞任する意向は否定した。

| | コメント (0)

2023/08/29

準備中のイベント

第14回オープン・アトリエ陶の里
    会期 2023年9月21日(木)~24日(日)
    会場 陶の里4工房 茨城県笠間市手越地区内
        お問い合わせ先 茨城県笠間市手越755-3 新井倫彦~風の窯~ Tel.0296-72-5785

 

細々と長くが、このイベントに向かう私の姿勢です。

| | コメント (0)

2023/08/28

わがブログも夏休み

連日連夜、夏も終わりだというのにその気配はない。

暑さに疲労困憊でパソコンに向かう気力がなくなってしまった。

しかし毎日こんな野菜が実った。

ことにニガウリが確実に2~3本収穫できるのは、いい夏だった。

毎日これは調理をした。

Cimg3104

右の画像は三杯酢の酢の物。

左はかつを出汁での煮びたし。

Imgp0317_20230828210801

| | コメント (0)

2023/08/23

激しい天気

暑さも少し落ち着いてくれてもいい頃だが暑い日だった。

昨夜から激しい雨と陽射しがあったりと落ち着かない。湿気を含んだ強い風は吹くが涼しくはない。

午前9時頃の南の空。

Cimg3103

| | コメント (0)

2023/08/20

ハギの花

秋の花は咲き始めたが酷暑が続いている。

わが庭の秋の七草ハギの花。

Cimg3083

Cimg3084

 

| | コメント (0)

2023/08/18

ハナトラノオが咲き始めた

原産地はアメリカ合衆国バージニアだそうで、外来植物だ。

誰かの貰い物か移植の木などの根元に着いててきたのだろうか、記憶にはないが、30年にわたりわが庭に咲き続けている。手入れも管理もしていないが毎年同じところに花を着けている。

これが咲くと夏は終わり。でも、暑い日が続いている。

Cimg3082

| | コメント (0)

2023/08/17

月待の滝に行く

暑い中で、昨夜は素焼き焼成をした。

一夜明けた仕事場は朝から暑く窯を出すのが、恐怖となりもう少し空気にお頼みして冷ますことにした。

涼を求めて滝に。福島県境に近い久慈郡大子町の月待の滝に。裏見の滝という別名があるらしいが、これはその通りで落下している水の背後に行くことができる。まさに裏側から落水と滝つぼを見ることができる。

この町へは何回も来ているがこの滝へは初めてで、やっと思いが充たされた。

Cimg3078

Cimg3069

いうことない、涼味。

Cimg3072

Cimg3071

 

車を置いたそばには太いリンゴの木があり、たくさんの実を着けていた。

Cimg3079

 

| | コメント (0)

2023/08/15

反戦平和 憲法9条遵守

侵略軍事国家大日本帝国崩壊の記念日として私は8.15を毎年大切な日としている。

父の兄は大日本帝国海軍で乗船艦が米軍に撃沈されて戦死。母の弟は大学生であったが、敗戦濃い状況の中、学徒出陣兵として輸送船にのせられて、本土防衛のため南方の島嶼に向かったまま帰ってこなかった。母の話ではしばらくして、石ころの入った骨壺が送られてきたそうだ。大杉栄の遺児のことを心配していたような祖母には、激しい怒りと落胆があったことだと思う。その6年後には病のため亡くなった。だから私には祖母の記憶はない。

旧暦の盆と重なるこの日は、親族の悲しみを想う日としている。

 

私の庭に咲くムクゲの花。

真夏の鎮魂の花。大日本帝国崩壊の日までの植民地であった韓国の国花。
Cimg3068

 

遠くの台風の影響で昨夜から断続的に激しい雨。

夕方、5時過ぎの空。風はあるが蒸し暑い。

Cimg3065

 

暑さに少し耐えられそうな日なので素焼きのために、作品を窯に入れた。

あす早朝に火入れの予定。

Cimg3066

| | コメント (0)

2023/08/14

台風7号が接近中

上陸地点は紀伊半島にあすの早朝らしいが、北関東も不安定な天気の一日だった。

午後は激しい雨。そして陽射しがあったりと、目まぐるしい。

この画像は午後6時の北の空。暗くなっても蒸し暑い。

Cimg3062

親族が住む関西地方直撃だが、そちらも暑さで苦しみさらに台風と、過酷な夏となっている。

| | コメント (0)

2023/08/12

きょうの仕事

午前中は娘一家を連れて父母の墓にお参り。我が家にもお盆だ。

そして、きょうは亡き母の誕生日だということ思い出した。私の母は教職員をしながら私達4人の子どもを育てた。

終戦直後の四国の山間僻地が私の生育地だ。母のことを思い出しながら以下の記事を読んだ。

 

東京新聞きょうに記事から。

早い時期に私はSNSで誰の子か知らないが2人の子どもを含めたこのおぞましい研修旅行という行状の記念撮影のような数枚の画像と記事は目にしていた。特に政権与党の女性議員団員の身勝手な情報の発信を不快に思う人は私だけではなかったようだ。

特に子どもが含まれていたことにかなり激しい違和感があった。馬鹿につける薬はつけ方であるかもしれないが、記事のような立場で想像力欠如の救いようのない人への薬はないということが一連の動きでよく解った。

やっと、いわゆるマスコミが取り上げたのかなと思う。

Img265

 

来月のわが工房のイベント情宣活動。新聞社5社にイベントの内容の説明文など必要な情報提供の手紙を作成した。封書にして発送準備。

Cimg3061

| | コメント (0)

2023/08/09

台風の予感

遠い南の海には6号と7号のふたつの台風が列島に向かっている。

所用で出かけた真昼の大洗海岸では、大きなうねりが来て、激しい白波を陸に打ち続けていた。

天気も厳しく、強い断続的な雨が当地では降り続いている。

その先はひたちなか市那珂湊。

Cimg2988

鹿嶋市が彼方。

Cimg2986

| | コメント (0)

2023/08/07

墓参り

これは昨日の行動と画像から。

思い立ち連れの両親の墓へ一年ぶりの墓参りとなった。

なんせ先日には全国高温の一番となった鳩山町は隣町だ。

暑い墓参りだった。

Cimg2979_20230807222801

 

きのうも暑かった。 これはきょうの昼頃の空。大きく迫力のある積乱雲が広がっている。

足の遅い大きな台風は南の海上から広範囲に天気の激しい影響を受けている。

Cimg2980

 

| | コメント (0)

2023/08/04

予感、暑くなりそうな朝

朝は7時、裏窓からはミナヅキというアジサイの仲間が見えた。

すでにこの陽射からも35℃以上がきょうの天気予報が十分に納得できる。

Cimg2978

午後3時過ぎには強烈な雷雨。それでも夜は涼しくならない。

きょうの仕事は轆轤(ろくろ)制作のみ。

 

| | コメント (0)

2023/08/02

カラスウリの花咲く庭で

久しぶりに昨夜から朝は涼しかった。

そんな朝には秋の空を重ねたが、気温はどんどん上昇して午後には35℃にはなっていた。夏はこれからだ。

Cimg2976_20230803080501

真夏の夜の花、カラスウリの花。

芳香がありなんとも不思議な形態で夜になると開く。花にはエロチシズムを感じるが、この花は特別で毎晩観察しても飽きない。

Imgp0316_20230803080601

| | コメント (0)

2023/08/01

消費税インボイス制度の説明会

午前中は雷雨。そして午後は消費税インボイス制度の説明会への参加が仕事だった。

強い雨は午前中だけで午後は曇り空。

久しぶりにまとまった雨。そして久しぶりに30℃を超えない昼間。

やっと一息がつけた。夜は涼しく快適にパソコンに向かう。

 

あまりにも不可解、複雑で理解が進まない消費税インボイス制度。自営業者を続け取引先の関係としては仕方ないので制度としての理解をと努めてはいるが、ここまでやるのかと、変な感心もしてしまう。零細自営業者への廃業おすすめ制度に感じる。

Img256_20230803081301 

Img257_20230803081301

 

 

| | コメント (0)

« 2023年7月 | トップページ | 2023年9月 »