« 2024年3月 | トップページ | 2024年5月 »

2024年4月

2024/04/30

陶炎祭は二日目

昨日の混雑が嘘のような静かな日。しかし風の窯には旧知の方を何人もお迎えした。

第43回笠間の陶炎祭
   会期 2024年4月29日(月)~5月5日(日) 9時~17時
   会場 笠間芸術の森公園イベント広場  茨城県笠間市
   お問い合わせ先 笠間焼協同組合 TEL.0296-73-0058

不安定な天気で雨が降ったりで曇り空の一日だった。

店番の位置から見上げる空。ケヤキの新緑に人疲れれを癒す。

Cimg3827

 

ブースの裏の息抜き場所。

Cimg3828

 

夕方5時過ぎに帰宅をするとナニワイバラが迎えてくれた。

Cimg3829

| | コメント (0)

2024/04/29

陶炎祭は初日

 第43回笠間の陶炎祭
   会期 2024年4月29日(月)~5月5日(日) 9時~17時
   会場 笠間芸術の森公園イベント広場  茨城県笠間市
   お問い合わせ先 笠間焼協同組合 TEL.0296-73-0058

たくさんの方にお越しをいただいた。ありがとうございました。

Cimg3824

Cimg3826

Cimg3825

| | コメント (0)

2024/04/28

あすからは陶炎祭

毎年のことだが一番大変な日。朝会場が混雑しないうちに作品の搬入をして展示が夕方まで。

ことしも伝統的な技法を駆使してシンプルで軽快な器を展示することができた、と自負している。

第43回笠間の陶炎祭
   会期 2024年4月29日(月)~5月5日(日) 9時~17時
   会場 笠間芸術の森公園イベント広場  茨城県笠間市
   お問い合わせ先 笠間焼協同組合 TEL.0296-73-0058

   わがブースは3番。皆様のお越しをお待ちしています。

| | コメント (0)

2024/04/27

紅白の花

朝から夕方まで陶炎祭の準備作業で会場にいた。暑い昼間だった。

第43回笠間の陶炎祭
   会期 2024年4月29日(月)~5月5日(日) 9時~17時
   会場 笠間芸術の森公園イベント広場  茨城県笠間市
   お問い合わせ先 笠間焼協同組合 TEL.0296-73-0058

   わがブースは3番。皆様のお越しをお待ちしています。

帰り道にズミの花を見ることができた。それだけで十分だ。

Cimg3820

近くではフジの花もたくさん咲いていた。

Cimg3821

 

レンゲツツジ。毒草でわが愛読書「猛毒植物マニュアル」によると、毒性は即死ぬような強力なものではないがハチが集めたこの花の蜜には注意することが記されていた。

Cimg3819_20240427214801

 

| | コメント (0)

2024/04/25

暑い日だった

昨日の雨もあがり、久しぶりのいい天気。朝日を受けるウワミズザクラ。

Cimg3817

その近くではシャガが咲いていた。育った徳島の家にもたくさん咲いていた。懐かしい花。

Cimg3818

| | コメント (0)

2024/04/24

陶炎祭の準備が一日中

終日雨。肌寒く、体力気力ともに低下気味。夜に大きな地震。

天気の良くなるあすはブースの設営。

第43回笠間の陶炎祭
   会期 2024年4月29日(月)~5月5日(日) 9時~17時
   会場 笠間芸術の森公園イベント広場  茨城県笠間市
   お問い合わせ先 笠間焼協同組合 TEL.0296-73-0058

今回のブースは3番で、あまりにも入り口近く。

| | コメント (0)

2024/04/23

わが庭に咲く花から

アオダモ。高木にて二階の窓から撮る。新芽とフワフワの白い花がいい。

Cimg3812

樹下の地面にはこんな花が咲いている。花盛りの風の窯の庭。

スズラン。

Cimg3803

カタバミ。

Cimg3805

ジュウニヒトエ

Cimg3806

これの名前は分からない。

Cimg3808

チョウジソウ。

Cimg3809

| | コメント (0)

2024/04/22

今朝のウワミズザクラ

満開の花の下にしばし。終日窯入れの準備。空は低い。

20240422_132822

 

| | コメント (0)

2024/04/21

満開のウワミズザクラの下で

高さは10メートル以上か、抱きかかえても根回りは私の両手を超えている。樹を圧迫するように接近してきた孟宗竹を伐採して、篠竹を刈払い、さらに絡みついたフジ蔓とアケビの蔓も刈払ったのがよかったようで、3年目にして見事な花の木となった。大木も周りの環境で傷ましい姿になってしまう。この木の下で暮らせることの幸せを感じる日。白い房が花で小さな花が無数についている。その花は多々ある桜と同じ形。

Cimg3785

Cimg3786

Cimg3788

| | コメント (0)

2024/04/19

あまりに早い季節の移り

北関東の雑木林は新緑がいっぱいで息苦しい。

風の異様に強い午前中は会期が迫ってきた陶炎祭の準備作業に追われた。帰宅した車を降りた足元にはスミレ科スミレ、マンジュリカ。ほっとする花。

Cimg3771

昨日は旧知の友を迎えた。北海道は小樽市からこんな乗り物でお見えになる。この季節、この気温では気持のよいツーリングのことと思うが、私にはかなわぬあこがれの風の世界。

Cimg3766

| | コメント (0)

2024/04/17

わが庭に咲く白い花

白い花の咲く頃。

Cimg3762

Cimg3770

Cimg3763

Cimg3764

Cimg3765

 

| | コメント (0)

2024/04/16

きょうの風の窯

初夏のような気温であった。着るものも夏物が急で防虫剤の匂いの残ったシャツを急遽引っ張り出しての仕事だった。

まだ桜が咲いているのが違和感のある日だった。

Cimg3760

Cimg3758

タケノコは招かざる食い物。境界を接する隣の山に放置された孟宗竹が庭に侵入してきた。もう、何年にもなるが突如としてとんでもない所に竹が生えてくる。そのたびに削除、この作業を怠るとあっという間に庭は竹林となり手が付けられなくなる。竹の放置は里山の樹木を破壊してしまうことになる。私は竹林よりも雑木林が何倍も好きだ。

Cimg3759

 

| | コメント (0)

2024/04/15

春の海と音楽

古い友人の企画したコンサートに午後行く。

日立市の海岸で海抜3メートルのホールだった。25℃もある暑い日なので潮風が心地いい。

満開のオオシマザクラが迎えてくれた。

Img340

| | コメント (0)

2024/04/14

定点観桜

私の家のヤマザクラ。4月15日が記憶の中での開花日なので平年並み開花だ。白いきれいな花。しかし今年の花の着きは貧弱。

Cimg3748

Cimg3745

 

昨日の朝の記憶のために。

桜川市高峰の山全景。私のためのあるような展望所から。山の色が柔らかな新緑に変わってきた、その中に次から次に下方から咲くヤマザクラ。広大なエリアではあるがたくさんの方が歩いていた。

山のいちばんやさしい色の頃。

Cimg3742

Cimg3740

 

一昨日12日の記録。茂木町小山のヤマザクラ古木。新潟からの帰り道。午後5時頃。夕陽の中に満開のヤマザクラ。

Cimg3736

Cimg3737

Cimg3738

樹木医により手当てがなされているので、来年の花がたのしみだ。

| | コメント (0)

2024/04/12

向こうは佐渡島

今朝はこんなところで目覚めた。新潟県寺泊の浜から佐渡島を眺める。春霞の向こうは佐渡。なぜここにいるのか、満開のサクラと彼方の雪山の調和を観たくなり思い立ち新潟県に。

Cimg3734

 

北陸応援割引を使って泊った宿が弥彦神社の門前だったので神社も見学した。スギの大木の下にはたくさんのツバキが咲いていた。

Cimg3726

Cimg3724

 

ここからは昨日のサクラの記録。

一番の目的は新潟県長岡市の香林寺に咲く枝垂桜。幸せなことに満開であった。古木で傷みも激しい。上の方は枯れている。すごい花の木であったことが想像できる枯れ姿だ。太い根元にできた洞の中には観音様がいらっしゃる。花が美しい。

Cimg3705

Cimg3707

Cimg3712

Cimg3706

山門からは雪山が見える。

Cimg3715

茨城県、栃木県、群馬県、新潟県、福島県、栃木県そして茨城県に帰ってきた。走行距離は696キロであった。

行けども行けども満開の桜が続いた。道中私が識別できる白い大きな山は男体山、赤城山、上州武尊山、谷川岳、巻機山、越後駒ヶ岳、飯豊山、磐梯山そして那須岳。

高速道を走りながらの山とサクラを観ることが出発から帰着まで。サクラの花の見えないところはトンネルの中と、土樽PAと磐梯山SA周辺だけは高地のためにまだ花は見られない。

| | コメント (0)

2024/04/10

定点観桜は続く

昨日9日の記憶から。

南岸通過中の低気圧の影響で朝から暴風雨。午後にはどうにか静になったので、買い物もあり隣町の桜川市に行く。ちょっとヤマザクラの様子を見に寄り道。

高峯の遠景。

Imgp0391_20240410215601

磯部桜川公園へ。

Imgp0392_20240410215601

Imgp0395_20240410215601

Imgp0396_20240410215601

Imgp0394_20240410215801

 

今朝は隣町栃木県茂木町小山にある樹齢は300年を超えるヤマザクラの下へ

快晴の清明な朝陽の下の白いヤマザクラの花。昨秋の治療からの復活のきれいな花だ。ヤマザクラの花の美しさが際立つ朝だった。

Imgp0397_20240410221501

Imgp0398_20240410221501

Imgp0400

Imgp0399

| | コメント (0)

2024/04/08

定点観桜のエドヒガンサクラとソメイヨシノサクラ

エドヒガンサクラは花を散らしてゆく。開花は遅く長いこと花が咲いた。

Imgp0382_20240408222001

Imgp0384_20240408222001

やっとソメイヨシノサクラが満開。ソメイヨシノサクラらしくなく大木でかなりの古木。傷みが激しく大きな枝が折れていた。

この花も30回の付き合いとなる。

Imgp0387_20240408222001

Imgp0388_20240408222001

 

| | コメント (0)

2024/04/07

エドヒガンサクラの定点観桜

隣町の常北町孫根のお稲荷さんのご神木。枝には蕾を残して散っている花が風に舞う。

昨年の記憶から。昨年より遅い花の頃。

Imgp0374_20240408080501

Imgp0375_20240407235101

 

街の中にある大木。笠間市住吉で街道に面した個人宅の庭先で、歩道から見せてもらっている。背が高く枝も広がり姿がいい。

Imgp0377

Imgp0378_20240407235101

住宅地の真ん中で堂々としていていつまでも観飽きない。手入れが行き届いていて幸せなサクラだと思う。樹下で暮らす人とともに花を着けている。

Imgp0379_20240407235101

Imgp0380_20240407235101

 

雨や嵐の日ばかりで乾きが遅い。きょうは乾燥ができそうなので白い花の下に並べて、午後には窯に入れて夕方に火を入れた。

Cimg3695

 

| | コメント (0)

2024/04/06

第43回笠間の陶炎祭

私はこの大きなイベントの準備に追われている。まだまだ制作するべきものがあり忙しくしている。

小さな作品の充実に力を入れている。美しく軽快で日常使いに耐えられる花器や食器を展示したい。

ことしの私のブースは3番。皆様のお越しをお待ちしております。

Img338

Img339

その隙間に記録するべきサクラの花の下へ出向いている。

新たな桜花とも邂逅があり楽しいが疲労もある。

| | コメント (0)

2024/04/05

満開のエドヒガンサクラ

冬に戻ったような寒い雨の朝。昨年出会ったエドヒガンサクラの大木の下へ。Cimg3688

Cimg3689

隣町の常北町は下古内という川沿いの閑散とした集落の中にポツンとある。根元から太い枝が3本に分かれ、横に大きく広がっている。

きょうの天気では雲の中に溶け込んでいる。根元には大きな花盛りのヤブツバキがありその下には観音様がいらっしゃった。

石碑には江戸時代寛政年間の記録が見える。この樹は当時からのものではないが、ここにはサクラ、そういう場所のようだ。

 

もう一度観たくなった。再度4月7日の記憶から。樹の向こうには川があり、幅は狭いが水量は多い。

Cimg3691 Cimg3694

| | コメント (0)

2024/04/04

黄色い花の木

春浅い頃の黄色い花は残像として目を閉じても残っている。

わが庭にも咲いたマンシュウレンギョウとヒュウガミズキの花。

Imgp0369_20240404230201

Imgp0367_20240404230201

| | コメント (0)

2024/04/03

雨に咲く小さな花

低気圧の接近中で午後から本格的な雨。

わが庭の足元には小さな花が雨の中咲いていた。これは野生に付き植えたという記憶はない。殖えたり少なくなったり、足があるわけではないが思いもよらないところに出てきたりと、環境順応力が強くとてもかわいい。

ヒトリシズカ

Imgp0363

フキの花

Imgp0364_20240403212901

タチツボスミレ

Imgp0366_20240403212901

| | コメント (0)

2024/04/02

エドヒガンサクラ

毎年見続けて30年になろうか。そして、記録に残した。個人のお宅の庭の中なのでそのたびに当主の方にご挨拶をしてきたが、お互いに年を取ってしまった。ただ、このサクラは思うだろう、思い込みばかりのうるさい奴が一瞬通り過ぎて行ったと。樹齢は150年は超えている彼女は私に無上の春をくれた。

Imgp0357

 

Imgp0359

Imgp0360_20240402215801

2005年の記憶を。

 

| | コメント (0)

2024/04/01

雹も降る激しい日だった

終日皿造り。

Cimg3677

 

午後は夕立。強い冷たい空気が上空には来ているらしい。毎年のサクラ観測を兼ねてエドヒガンサクラの開花状況を3時に開花状態の様子見に行く。開花しつつある大木のエドヒガンサクラ。強い雨と雹まで降ってきたので、車の中から観賞。あすは天気もよさそうなので行きたい。

Cimg3678

 

| | コメント (0)

« 2024年3月 | トップページ | 2024年5月 »