カテゴリー「趣味」の記事

2019/09/28

スポーツの魔力には負けてしまう

観戦のルールに従いビールを呑みながらテレビでワールドカップラグビーのライブ中継を観戦。

良くぞ勝てたと思う。12対19でアイルランドに。

優勝をしような大騒ぎに水を差すようだが、震災後の復興が加速され皆元気になったのだろうか。

東京オリンピックにしてもそうだが、莫大な予算とメデァの総動員は危うい頽廃の予感がする。


産経新聞の配信から

【ラグビーW杯】英メディアも日本の勝利を称賛 「尋常ではない動揺走る」






【ラグビーW杯】英メディアも日本の勝利を称賛 「尋常ではない動揺走る」


【ラグビーW杯2019日本大会 日本代表対アイルランド代表】アイルランドに勝利し歓喜の日本代表フィフティーン=静岡スタジアム(撮影・山田俊介)



 【ロンドン=板東和正】優勝候補を破った日本代表の大金星に、英メディアからは称賛する声が上がった。

 「尋常ではない動揺が走っている」

 ロイター通信は28日、ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会で、日本がアイルランドを破る大金星を挙げたことを受け、そう報じた。また、ロイターなどは、日本の歴史的な勝利に歓喜する日本のファンの様子を詳細に伝えた。

 英BBC放送は同日、試合結果について「衝撃の勝利」と速報。「アイルランドがだらしのないプレーをしたり本番であがったりしたことで起きた結果ではなく、本当にとても素晴らしい日本のプレーが勝利を導いた」とたたえた上で「(日本の勝利は)来るべき世代に遺産を残した」と指摘した。英紙ガーディアンも同日、試合結果を速報し「日本はアイルランドをひどく驚かせることになった」と勝利を祝った。

 一方、日本代表に初めて敗退したアイルランドのメディアは、動揺を隠さなかった。

 公共放送RTEは「勇ましい日本による驚くべき番狂わせだ」と予想外の敗北を伝えた。ただ、RTEは、日本が2015年大会で優勝2度の南アフリカを破ったことにも触れ、「(アイルランドが負ける)警告サインがなかったとは誰も言えないだろう」と指摘した。他のアイルランドのメディアも「アイルランドのラグビーファンは日本で予想外の結果を目にした。衝撃の内容だった」と速報した。

 同国のアイリッシュ・タイムズ(電子版)は「日本のラグビーにとっては、大変な印象深い日になっただろう」とした上で「アイルランドにとっては、とても深い失望とファンにダメージを与える惨敗だった」と指摘した。

| | コメント (0)

2019/09/15

ニホンミツバチ

山を越えた隣町に住む畏友からニホンミツバチを用意した巣箱に入れることに成功した連絡があり、見せてもらいに行く。

飛び交うハチの中で一緒に居られることはそれだけで無上の至福感がある。

あのかすかな羽音と、お互いの遠慮的距離感がとてもいい。

ニホンミツバチのおびただしい群れの中でわれはい空間へ旅立つ。そんな幻想が繰り返し。

畏友の隣のお宅の車庫の屋根裏に巣くった巣の出入り口の近くに置いた空き巣に巣づくりをし始めたらしい。

夏の終りの分蜂もあるのかと、畏友とともに単なる仮住まいかも知れないという疑問と不安がある。

女王蜂の定住だと大歓迎だ。これで大家さんになれる。家賃は蜜をいただく。

Cimg0926

ニホンミツバチは本当にかわいい。

Cimg0928

近くの路傍には野生化したニラが花盛りでニホンミツバチも吸蜜中。

Cimg0929

| | コメント (0)

2019/09/04

ワケギ

夏の初めにホームセンターで売っていた球根を購入した。

種と違い球根は程度の差は別にして、適当な時期に土中に埋めておけば確実に生えてくる。

そして成長してきたワケギ。これから必要に応じて使ってゆけば冬の頃まで快適な調味料として使える。

野菜園と言うより庭の片隅の和風ハーブエリア。

Imgp0182

| | コメント (0)

2019/08/26

廃屋

たまたま道脇に見た廃墟。画像に残して別れがたく、しばらく佇む。

廃屋マニアを自認して久しい。廃屋歴訪が趣味の日々とまでは行かないが、廃屋に出くわすと、過ってここでどのような営みがあったのだろうか、懐かしい慕情がある。

所用の帰り道、足尾銅山へ回り道。

雨が降り、廃屋と古川電工の工場だけの閑散とした山の中に廃坑の街はあった。

Cimg0913

Cimg0914

Cimg0915

金網で囲まれた廃屋の前の庭には3面のテニスコートがある。

しかし草も伸び使われている様子ではない。

 

| | コメント (0)

2019/08/17

真空管アンプ

ちょっとしたブームなのか、サンスイから新製品が発売されるようだ。価格はお手ごろだが音質はどうなのだろうか。

CDとラジオ放送を聴くための機能に絞り込んだもののようで少し興味がある。

【新製品ニュース】
“70年代のステレオレシーバーを彷彿させる” 真空管ハイブリッドアンプを搭載した、Bluetooth対応CDステレオが登場! 硬質MDF木製キャビネットを採用し、不要な共振をおさえてくれます。

20190814102535_213__20190818074601

私が使い続けている真空管アンプは、こんな整然としたものではなくて真空管とコンデンサーなどががむき出しで、いかにも真空管アンプというもので、安物のCD デッキに繋ぎ50年前に発売されたた古いスピーカーは、ジャズ好きの友のお下がりで遺品になってしまったが、それで聴いている。

低音がとても柔らかくてバッハのチェロ組み曲を聴くには合性のいい再生装置だと思っている。

| | コメント (0)

2019/07/06

ニホンミツバチ

もうニホンミツバチはわが庭には帰ってこないのか、その不安が私を衝き動かす。

友より預かっている巣箱も何年も空のままだ。

ニホンミツバチを呼ぶ特効薬のランも開花したがハチは来なかった。

気になる恐ろしいことだが数年、アシナガバチもスズメバチも本当に少なくなって、これは安全でいいのだが、今夏はどうなのか。

ハチはどこへ消えてしまったのか。

Mitsubachi

午後2時間ほど養蜂家を訪ねて養蜂の技術的なお話を聞きに、ちょっと遠方の栃木県那須烏山市に行く。

先生の巣箱に飛び回るハチの姿がことのほか懐かしく感じられた。それほどわが庭には来なくなってしまった。

 

| | コメント (4)

2019/06/30

真空管アンプ

頑張れば歩いて行けるところにドカンと真空管アンプとよいスピーカーを備えたカフェが開店した。その店の名前は「信空館」。

といっても仮オープンで未だテーブルやイスはこれからで、がらんとした部屋だった。

きれいな音を聴くにはそんな空間ででいいのだが。

たまたま、知人のSMS で昨夜知ってからは、これはなにをおいても行かなければならない。強い雨ではあったが出かけた。

ジョン・コルトレーンのLPを聴かせてもらった。

願わくばバッハを聴きたいと強く思った。濃厚な感じでの低音域が素晴らしい機材だと思った。

Cimg0903

私の真空管アンプ。

バッハのためのアンプにCDプレーヤーそして古い木製のスピーカー。

私のものはどれも古くて、安物の寄せ集めだが、音は素晴らしい。ちょっと倦んだ昼下がりには、危険な空気の震え。

再生装置はアンプが重要だが、真空管アンプはその欲望を充たせてくれる。

Cimg0904

| | コメント (0)

2019/06/06

カメラ博物館・写真はうす

昨日の午前中は所用で栃木県那須烏山市に行った。

急いでの帰り道、小さなカメラ博物館の看板があり、それに導かれて一見民家風のお宅を訪ねた。

頻繁に来るところではないので、この看板は素通りできない。

なんでここにと思える場所と収蔵品だった。きょうは長時間いられないので別の日に改めて来たいと思いながらも見入ってしまった。

今は無いと思うが過って行った栃木県益子町のペンタックス博物館かと混乱してしまった。

この博物館のオーナーは長くペンタックスに勤めて退職された方とのことだった。

私は若い頃にペンタックスは使っていたことがあり、憧ればかりで手にすることのできなかった機種やレンズが多い。

この画像はペンタックスデジタル一眼レフにシグマ24ミリレンズによるもので今なおご縁ありのメーカーだ。

ペンタックスは全機種とレンズを見ることができる。ずらっと並ぶ銀塩フイルムカメラは悲しいような懐かしさがある。

そのほかのメーカーのクラシックカメラの多さにも圧倒される。女神に出遭うとはこのようなことなのだ、そんなひと時だった。

Imgp0014_1

ペンタックス全機種のコーナー。

Imgp0010_1

蛇腹写真機とカール・ツァイスレンズと関連図書の館。

Imgp0009_1

場所は栃木県芳賀郡茂木町小深101-2で、山と那珂川に挟まれたようなところ。

Shashinnhausu

少し話は違うのだが、ミツバチには戻ってきて欲しい。

花がいっぱいのわが庭に、ニホンミツバチの姿が見えなくなってしまい、空の巣箱だけがある。

ミツバチはきっと帰ってくる

| | コメント (0)

2019/04/13

きょうのサクラ

朝早くに県内は那珂市のヤマザクラを観に行く。

まずは織姫の神様静神社。

以前来たのは30年前かもしれない、変に明るくなっているのにびっくりした。

目の眩むような杉の大木が参道の石段の両脇にあったのに見事に伐採されて大きな株が何個も残っていた。

サクラよりもこれはなんなのだという思いで急な石段を登った。

スギの木は好きな木ではないが、大人が5人でも抱え切れないような樹には敬意を払うべきだと思う。

白い鳥居にこの明るさはなんなんだ。

Imgp0598

Imgp0597

朽ちた大きな古株からひこばえが出てきれいな花を着けていた。

この株の上にこんな花の満開では気がふれてもおかしくない。

Imgp0592

Imgp0591

その裏にはこんな神社があった。

名前がおもしろいので行ってみた。

義足に松葉杖が奉納されていた。

神社というものの人との関わりの奥の深さに、生活感が想われて気味の悪さがある。

Imgp0596 

Imgp0595

それはさておき、さらにヤマザクラの古木へ。

そこから12キロはなれたところの額田神社に。

本当に大きな株が残っていた。しばらく動けなかった。

花を観てこの株の元気だったころを想像した。

サクラの花とはこういうものなのだ、人のこころのなかで人の感性と一体となり生き続ける。

変な結論のようだが、忘れることのないヤマザクラたちであった。

Imgp0001

Imgp0003

柵にはこんなものが貼ってあった。宮司さんが貼ったのか、同好の方のご好意か。

Imgp0002

ヤマザクラ、これにつきる。

Imgp0004

 

 

 

| | コメント (0)

2019/03/24

サクラのことで新聞に

今回は本業ではなく限りなく好きなサクラのことで。
敬愛するサクラの伝道師坂野秀司さんの紹介記事に。Sakura

| | コメント (0)

より以前の記事一覧