カテゴリー「日記・コラム・つぶやき」の記事

2020/07/09

高齢者講習

自動車免許証の更新手続きの頃になった。自動車なしでの生活と仕事はできないので、これは重要な作業となる。

きのうは午後1時過ぎから4時まで高齢者講習に一番近いと思える自動車教習所に行った。視力などの検査と講義と教習コースに出ての実際の運転までで、あまりの長さにもう少し工夫はないものかと思う。

そこでもらった書類を携えて、きょうは朝から所管の警察署に行き免許証の書き換え手続きをした。これは短時間で新たな免許証がもらえた。

いよいよここまで来たかという気持ちもあるが、隣の席のご婦人ともお友達になれて楽しい講習会でもあった。しかし、案内を読んでいると次の書き換えは3年後だが、その時は臨時認知機能検査も加わりさらに自動車免許書の維持へのハードルは高くなる。

こんなテキストが配られていた。

Koureisha1

 

 

| | コメント (0)

2020/07/06

草野心平記念文学館

昨日は所用もあり少し遠方だが福島県いわき市に行く。これを機会に心平さんの足跡の勉強と二十年は逢っていない友の工房も訪ねた。早朝5時から帰宅が午後7時と充実した一日だった。

草野心平の交遊範囲を詳細に見てゆくと2時間かかってしまった。高村光太郎と宮沢賢治をはじめ興味は尽きない。ここでも辻まことに出会った。心平さんが経営する居酒屋でギターを弾く辻まことの写りこんだ写真が展示品の中にあり私はしばらくその場から動けなかった。ひょっとしたら彼のお墓と心平さんのお墓はそこから近いお寺にあるようなので、そうだったら今度は辻まことの墓参りに来たい。

Shinnoei

| | コメント (0)

2020/07/04

今夜も藤圭子

晩飯を食いながらたまたまかかっていたテレビには藤圭子が。

彼女の特集らしく、長い時間、衝撃的な出現から10年後引退までのが延々と流されていて私には幸せな時間だった。その後も歌い続けていたのだが、私はその後も好きだ。おびただしい他の歌手が過って歌ったの唄をカバーしている。その中でも、「カスバの女」と「ネリカンブルース」などは彼女についていきたいような、衝動的な願望にかられる。

藤圭子には清らかな血のような赤いケシの花を捧げたい。来月は命日。

Imgp0348 Imgp0345 Imgp0340

 

| | コメント (0)

2020/06/30

いろんなことがあった6月も終わり

9月に開催予定のオープン・アトリエ陶の里の準備会議。新型コロナウイルスの終息も不確かな日々が続いているが、準備だけはしなければならない。DMの最終校正作業。

私も署名した住民投票条例案が県議会で否決された。

東京新聞社説より

Tokai1

| | コメント (0)

2020/06/25

目覚まし地震

早朝5時前に当地は震度3と報じられていたが我が家の揺れはそれより大きく感じられた。さらにこれでもかというほど長く揺れていた。長い揺れには東日本大震災を思いだす。震源地が千葉県北部の地震がここのところ多すぎる。いいようのない不気味さがある。プレートの接触部分のようで大きな地震が来ることは予感できる。近いところでの生活者なので覚悟とともにできる限りの防災の方策は講じている。

| | コメント (0)

2020/06/23

ビヨウヤナギの咲く庭で

午前中は雨、午後は曇り。本格的な梅雨日和。梅雨の花ビヨウヤナギが咲いている。

この植物にはこんな説明がサイトに説明されていた。

分類:オトギリソウ科 オトギリソウ属
学名:Hypericum monogynum
(またはHypericum chinense var. salicifolia)
和名の由来:花が美しく、葉が柳に似ていることから、江戸時代はビオウヤナギ(未央柳)と呼んだのが訛った。未央とは楊貴妃の宮殿、未央宮(びおうきゅう)のこと。
別名:金糸桃(中国名)、美容柳、美女柳

Imgp0333_20200623224901

| | コメント (0)

2020/06/22

パートナーシップ制度

性的少数者のカップルへの理解と認知の普及が急がれている時代に良い政治の姿勢で好感が持てる。差別と偏見に苦しんだ友のことを想う、少しはいきぐるしさからは救われたのかもしれない。長く病み、老いてゆく友の人生。当県の知事は速やかに新型コロナウイルス禍特別給付金を彼らの家庭にも給付されるよう力添えが欲しい。

本日の東京新聞の記事から

Doiseikonn

| | コメント (0)

2020/06/19

桜桃忌

激しい雨が断続的に降った一日だった。近くのスーパーマーケットではサクランボが売られていた。この日には佐藤錦を食うこととしている。

太宰治への敬愛を込めた一日にするために。

昨日の午後のことだったと思うが、ラジオには彼の娘の太田治子さんが出演されていた。母子ともに苦労された幼少期のことを話されていた。津島祐子さんのほうはもうすでにお父さんのもとに逝き、彼女の娘さんが文学者として登場してきた。その作品を読んでみたいと思う雨の桜桃忌。

Imgp0304_20200619213301

午前中1時間ほど東京新聞水戸支局の記者から東海第二原発再稼働反対の立場としての取材を受けた。それの是非を問う県民投票の請願が県議会の委員会で却下されのが昨日で、地方版はその記事でほぼ全面埋まっていた。その状況下に私ではと思ったが、震災と福島の事故当時のことから、仕事と生活が蹂躙されたことなどを具体的に説明をした。ヒロシマ・ナガサキの滅亡的な原爆からいつの間にか原子力の平和利用にすり替わり、安全神話付きの原発がこの国の経済発展の要請のもとに乱造されて、フクシマの破滅的な事故で廃炉にしても、気の遠くなるような年月を要し、これから生きる人たちの健康と幸福を奪うであろうことは予見ができる。今まで以上の自然災害の可能性は十分にある中で、何年も休止中の築炉30年の老朽原発の再稼働など考えてはいけないことだ。廃炉の道筋をつけるべきだと思う。再稼働阻止、そんなことを話した。

| | コメント (0)

2020/06/13

反公害闘争の出発

所用で近くを通過したので、ちょっとこの博物館に寄り道をした。重い歴史的な事件とその解決に生涯のすべてをささげた人の足跡を少しでも記憶の奥に育みたい。

憧れの巨人。この国での反公害闘争の原点を実践した方、田中正造。

Cimg1099

Cimg1102

| | コメント (0)

2020/06/08

淡い花

バラ科シモツケソウ属キョウカノコがこの花。風の窯の庭は初夏の花がいっぱい。

Imgp0261

きょうの仕事は笠間市の市長と毎年9月に開催している「オープン・アトリエ陶の里」に支援の可能性についての懇談会。快適に里山の散策をしてもらえる方法に行政にお願いをした。

終息の見えないウイルス禍ではあるが、開催の方向に準備を仕事としている。

東京新聞水戸支局から東海原発再稼働の反対の立場の私への取材の依頼があった。狭い地域社会での軋轢もあるが、もうこの年になればそんなことはどうということでもない。孫たちのようにきれいな人への健康で幸せな未来のために非力だが闘うことは私には大切なことと思う。

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧