カテゴリー「植物」の記事

2017/08/07

静謐な夏の花を

レンゲショウマ。
樹下で霧のたちこめたところが似合う花。
天候不順のことしはいい花を着けている。
Imgp6907


ミョウガの花。
春には新芽を食べ、花の頃にはその入れもののような苞を食べる。
香辛料かもしれない。
ことしはたくさん採れた。
Imgp6917

| | コメント (0)

2017/07/30

カラスウリの花

夕方暗くなり始めると開花する花。
夜に咲く花。
清涼な芳香がある。
19時に撮影。
Imgp6905


| | コメント (0)

2017/07/27

サビタの花の咲く頃

Imgp6879

一週間ぐらい前の画像。
その頃は晴れて暑くて真夏はどんな日が待ち受けているのか、想像できないが暑い日の長く続く。
そんな予感にうんざりしていた。
その頃咲き始めていたノリウツギノ花。

梅雨明けが報道された頃から梅雨のような天気が続いている。
今夜も細かい雨が降り続く。

| | コメント (0)

2017/07/24

ヤマユリ窯

風の窯の周りはヤマユリが花盛り。
家の中にまで芳香が漂ってくる夜。

この時期はヤマユリ窯と呼んでほしい。
春からの手入れの賜物で成長のいい茎のものは花を20個も着けていた。
Imgp6883


Imgp6885


| | コメント (0)

2017/07/18

ノウゼンカズラの咲く庭では

断続的な雨は激しく降った。
そして、思い出したように太陽が戻ってくる。
Imgp6874_2

| | コメント (0)

2017/07/06

チタケサシの咲く日には

ユキノシタ科チタケサシ属チタケサシ。
アジサイの親戚のようだ。
Imgp6791


きょうは掃除に追われた。
8日は父の一周忌の法事で遠方から妹や弟が来てくれる。
歓待の掟を忠実に。

| | コメント (0)

2017/06/30

ケヤキの大木

6月も末日となった。
所用で出かけた隣町でたまたまであったケヤキの大木。
大きなお宅の敷地の中なので外から見せてもらった。
しばらく眺めていた。
Cimg0269


大きな樹の多い町だった。
ネムノキが覆いかぶさるように枝を広げている。
ネムノキはこのように育つのがいい。
Cimg0270


Cimg0271


楊貴妃の睫毛であります。
Cimg0272


| | コメント (0)

2017/06/24

ボダイジュの咲く庭で

Imgp6784


Imgp6785

毎年のことだがこの花を見ながら梅雨空を見る。
ミツバチは見当たらなくて、スズメバチに占有されていて花の香りをかぎに梯子をかけることもできない。
良い蜜源なんだろう。
オオバボダイジュだと思ってはいるが、シナノキと変わりはしない。

| | コメント (0)

2017/06/22

麦畑

所用での出先の光景。
沢筋のかなり広大な麦畑が広がっていた。
昨年はここは田圃だったと思う。
麦と米を交互に耕作しているようだ。
稲刈りも始まるようだ。
昨日が夏至だった。
もうこれから日が短くなってゆくのかと思うとさびしい。
麦秋という言葉があるが、幸せな時間のおわりと重なる絶望感であることを実感する。

5月から夏至までが一番好きな季節だ。

Cimg0268


Cimg0267


| | コメント (0)

2017/06/18

初咲き

早朝の庭に落ちていた一輪のナツツバキの花。
大きな木なので花の観賞は遠くはなれてからか落花で。
シャラノキとも呼ばれるので、やはり朝に落ちた花を観るのがいいのかもしれない。
一夜の夢の虚しさをわがものとして。
Imgp6773


| | コメント (0)

より以前の記事一覧