カテゴリー「植物」の記事

2019/08/15

夏のご馳走はニガウリ

台風のおかげで2~3日断続的に雨が降るようになった。

梅雨明けから高温と雨なしで乾ききった野菜畑への水遣りが日課だったが、それから解放された。

とたんにナスやニガウリが元気になってきた。

貰い物もあり大好きなニガウリが思いきり調理できる。

やっぱり、塩もみを丹念にして暑いのを我慢し素揚げだ。それからは煮浸しでもいいし、カレーも、何に入れてもおいしい。

Imgp0154

| | コメント (0)

2019/08/12

うつろい

暑い日々だが夏の終りを庭の花に感じる。

毎年確実に咲くオオバギボウシ、そしてミナヅキ。寂しいがもう夏は終りだ。

Imgp0151

Imgp0152

| | コメント (0)

2019/08/01

ヤマユリの窯

ヤマユリの咲く期間だけですが、「ヤマユリの窯」と改名しています。

ヤマユリ見物の方は「風の窯」にお越しください。

部屋の中にも芳香が流れてくる。近くではかなり濃厚すぎて私も好きではないが、この風は淡いヤマユリの風。

しかし今夜も暑い。

Imgp0129_20190801210401

Imgp0128

きょうは永山則夫の命日なので、山百合忌としたい。

| | コメント (0)

2019/07/31

オクラの花

庭の片隅にはナス、ピーマン、オクラ、パジリコ、ニガウリが、それぞれ3~4本ほど日当たりなどの条件を勘案して育てている。

いっきに夏の陽気になったのでそれぞれ元気に実を着けている。

オクラの花は美しい。食べたい欲望に駆られるが、4本がささやかに実をくれているので、これはできない。

Imgp0125

| | コメント (0)

2019/07/19

ヤマユリ

においやさしい白百合に、、、北上夜曲の歌詞の一部だ。

この花の香りはかなり強いが芳香だ。今年も夏の候となった。

きょうも不順な天気。久しぶりに太陽が戻ってきた。

Imgp0088

| | コメント (0)

2019/07/18

長い梅雨

初歩的なミスで画像が転送できなかった。

画像の拡張子がペンタックス独特のものになってしまい、(これもカメラの設定ボタンの不注意な押し違いだった)画像ソフトが対応できないだけのことだった。

専門家のお助けを願うまで頭が回らないのには、われながらいやになってしまった。

思考に必要な部分の幅と深みがずいぶんへたってしまった。その元になるような不快な雑事を思考の中に持ってきてはいけないことに気づいた。

そんなことで清らかな花を観る。深刻な日照不足でも夏の花は咲き続ける。

リョウブ、甘いよい香りがある。

Imgp0084

ヤブミョウガ

Imgp0083_20190718223401

 

| | コメント (0)

2019/07/09

ギンバイカの咲く頃

ハーブ好きの家人の愛好植物で今年も夏を告げている。

しかし雨と低温で夏は遠うそうだ。そんな日々。

Imgp0061

Imgp0059

 

| | コメント (0)

2019/06/26

夏の予感

たくさんの花が毎朝降ってくるシャラノキ。

Imgp0043_20190626222201

Imgp0044

Imgp0045

そして夏空。天気予報では奄美あたりを北上中の熱帯低気圧があすには台風となり、こちらも影響下になりそうで、こんな天気はきょうだけ。

久しぶりにからりと乾いた洗濯もの。

Imgp0042_20190626223101

| | コメント (0)

2019/06/19

庭に咲く花から

ホタルブクロ

Imgp0028

ヤマアジサイはたくさんあります。

この時期はヤマアジサイ窯。

Imgp0018_3

Imgp0019_1

Imgp0029_1

| | コメント (0)

2019/06/13

ヤマアジサイの頃

わが庭にはたくさんのヤマアジサイが咲き始めた。

日も長く夕方にはこの花で一息をつぐ。

実生でどんどん殖えたので、花の色も装飾花も千差万別。

花の間は風の窯を取り下げヤマアジサイ窯を名乗りたい。それに値する景観となっている。

わが庭にはいわゆるアジサイはない。

午後6時林の彼方はまだまだ夕陽が。

Imgp0017_1

Imgp0018_2

 

Imgp0019

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧