カテゴリー「植物」の記事

2017/05/19

さらに白い花の咲くころ

ハクウンボク。
当窯のお守りのような樹。
花咲く樹下に行くと悩みの多い日々だが、不思議なことにこころは穏やかなところに飛んでゆく。
Imgp6705

Imgp6706

| | コメント (0)

2017/05/15

トウオガタマの咲く庭には

甘い香りに満たされている。
雲の低く、湿度の高い日には、まさにねっとりとした芳香が部屋の中まで。
Imgp6688


| | コメント (0)

2017/05/12

ヒトツバタゴの咲く庭で

Imgp6695
陽射しはあるが雲が多く蒸し暑い一日だった。
そんな日に、全枝に花を着けたヒトツバタゴ。
木が白い花で覆われてるように花を着けたのはことしが初めてだ。
島に咲く大木がウミテラシなどと呼ばれることが納得できた。
わが庭では記念的な初夏の日。
ナンジャモンジャが分かりがいい名称かもしれない。
モクセイ科ヒトツバタゴ属ヒトツバタゴ。

この木はなんでも高さが30メートルほどまで成長する大木らしい。
それが花で覆われると凄いとしか言いようがない。


Imgp6692

Imgp6693

Imgp6694


| | コメント (0)

2017/05/11

ナニワイバラの咲く庭で

夏の使者のような花。
季節は確実に夏に。
晴れて暑い一日だった、そして空は夏いろ。
Imgp6683_2

花器とコップに生けてみる。
部屋には場所により陰影の違いがあり、光と翳りのぐあいで白色の花に変化ができてくる。
それを愉しむ。
Imgp6680

Imgp6691

| | コメント (0)

2017/04/26

えんどう豆の花

今はグリーンピースと言わないと若い人には、わかってもらえないかもしれない。
庭に3株ほどの栽培だが大変よく育っている。
まださやえんどうの食用には至らない。
Imgp6648


| | コメント (0)

2017/04/24

白い花の植物群

モミジの芽吹き。
これから緑の葉になり、秋には再び紅葉。
その下には白い花が咲き乱れていた。
Imgp6623

リキュウバイ。
Imgp6646

シロヤマブキ
Imgp6653

カラタチ
Imgp6647

ニリンソウ
Imgp6651

ミヤマゲシ
Imgp6650

ハナニラ
Imgp6652


もう少しないかと庭を探してみる。
ナニワイバラとスズランが待ち遠しい。

| | コメント (0)

2017/04/19

シソ科の美しい花々

カキドオシ。
Imgp6645

ジュウニヒトエ。
Imgp6639

セイヨウオドリコソウ。
Imgp6638

なんといっても、これが一番。花も大きく鮮やかだ。
ラショウモンカズラ。
Imgp6644

頭上には満開のヤマサクラ。
Imgp6631


| | コメント (0)

2017/04/16

庭の花

暑い。
朝から気温はどんどんあがり、一番初めの作業は冬用タイヤから普通タイヤへ交換。
秋の終りとサクラの散る頃の行事のようなものだ。
急激な温度差にタイヤ一本を交換するのにも息苦しい。

春の花がつぎつぎと咲いてくる。

クサボケ。
これは近所の田圃の畦に地を這うようにして花を着けていた根のついた一本の株を引き抜いて植えたものだ。
思い出したように大きな実をつけることがある。
その田圃も耕作放棄地となり草で覆われてこの花は見ることはない。
Imgp6608

チョウセンレンギョウ
葉の形と枝振りで図鑑を見ながら観察するとこの名前に落ち着く。
そのほかにシナレンギョウ、これはマンシュウレンギョウと呼ばれているものか。
日本固有種はヤマトレンギョウ、そしてショウドシマレンギョウがあるようだ。
これは見事に咲いていたお宅の庭から小さな一枝を失敬して挿し木にして育てたことを記憶している。
Imgp6614
荒地の雑木というか、繁殖力は旺盛で河原で野生化したのを見かける。

| | コメント (0)

2017/04/12

ヒトリシズカにニリンソウ

足下に殖え続ける春を告げる花。
ヒトリシズカは近くの道端によく見かけたが、ついにわが庭だけになってしまった。
Imgp6597

ニリンソウは近くの山の沢には群生しているのを見ることができる。
湿地が良いようでわが庭は少し生育環境は悪いようだがたくさん花を着けてくれる。
Imgp6603

ややっこしいがフタリシズカというのがあり、さらにはイチリンソウもある。

| | コメント (0)

2017/04/10

リキュウバイの咲く庭から

春の陽射しが戻ってきた朝。
あすは大雨で低温の予報が出ていた。

Imgp6596


| | コメント (0)

より以前の記事一覧