カテゴリー「植物」の記事

2019/10/24

乱菊

雑草に混じり庭にはたくさんの白菊が花を着けている。

てんぷらにして食べようか、それとも茹でて甘酢で食べようか今が頃合だ。

今夜から大雨の予報が出ている。週末は雨ばかりで秋らしい日がなく冬に向かっている。

Imgp0284

| | コメント (0)

2019/10/20

北関東の海辺の柑橘

ことしも茨城県高萩市で収穫された私にはとてもありがたいものを貰った。

画像の2個ずつ大きなものからカボス、スダチ、そしてシークワーサー。

Imgp0263

東北の入り口で南国が特産地の柑橘類が実るのは地球温暖化もかなりの速度で進んだのか不安も大きい。

しかし、それも考えながらおいしくいただいている。

| | コメント (0)

2019/10/10

シソ科の植物は元気だ

わが庭のシソの仲間達。

 

シモバシラ

Imgp0241 

アオジソ

Imgp0244

アカジソ

Imgp0245

エゴマ

Imgp0246

ブルーセージ

Imgp0247

| | コメント (0)

2019/10/02

暑い日が続く

Imgp0240

過ってはなかった10月になり30℃の日が続くこと。それがことしは異様なこととなってしまった。

彼岸花の開花は遅いし、キンモクセイは未だ咲かない。

メロンの種を捨てたところに生えてきた触ると痛いほどの細かい毛のある実が着いた。

成長中で頼もしい。

メロンは接木されるもので、その台木となる瓜の仲間だ。トウガンか、花の感じではカボチャか。とにかく冬には食べてみよう。どんなものなのか楽しみだ。

 

| | コメント (0)

2019/09/07

サルスベリの花が

真夏の花サルスベリだが、ことしは少し遅い。

Imgp0185

| | コメント (0)

2019/09/01

エゴマ

Imgp0181

わが庭に自生しているエゴマ。落ちた種から毎年生えてくる。

品質はシソなどと自然交配で劣化しているがわが食卓には欠かせないものだ。

朝鮮半島の人たちの食にも欠くことのできないもののようだ。

きょうは防災の日などといわれているが私には関東大震災直後の首都圏における朝鮮人虐殺や反体制活動家抹殺を官民一丸となって行った忘れてはいけない日ということで仕事をして終えた。

私の仕事は朝鮮から伝えられた陶技を忠実に守り制作を続ける陶工。

Imgp6367

| | コメント (0)

2019/08/27

どんな実が着くのか

カボチャだろうか、トウガンだろうか。

庭に捨てた種が発芽してツルを広げている。

捨てた種はカボチャとメロンしかない。

今までのメロンからはトウガンガできた。接木で育てられると思うので台木に戻るのか。

実が着けば大きな余得。

Cimg0917

| | コメント (0)

2019/08/23

オミナエシ

ちっとも秋らしくなく蒸し暑い。

秋の七草のオミナエシが庭の隅に咲いていた。

これは天然物で、いつだったか突如と咲き始めた。

Imgp0175

| | コメント (0)

2019/08/15

夏のご馳走はニガウリ

台風のおかげで2~3日断続的に雨が降るようになった。

梅雨明けから高温と雨なしで乾ききった野菜畑への水遣りが日課だったが、それから解放された。

とたんにナスやニガウリが元気になってきた。

貰い物もあり大好きなニガウリが思いきり調理できる。

やっぱり、塩もみを丹念にして暑いのを我慢し素揚げだ。それからは煮浸しでもいいし、カレーも、何に入れてもおいしい。

Imgp0154

| | コメント (0)

2019/08/12

うつろい

暑い日々だが夏の終りを庭の花に感じる。

毎年確実に咲くオオバギボウシ、そしてミナヅキ。寂しいがもう夏は終りだ。

Imgp0151

Imgp0152

| | コメント (0)

より以前の記事一覧