カテゴリー「仕事」の記事

2024/04/06

第43回笠間の陶炎祭

私はこの大きなイベントの準備に追われている。まだまだ制作するべきものがあり忙しくしている。

小さな作品の充実に力を入れている。美しく軽快で日常使いに耐えられる花器や食器を展示したい。

ことしの私のブースは3番。皆様のお越しをお待ちしております。

Img338

Img339

その隙間に記録するべきサクラの花の下へ出向いている。

新たな桜花とも邂逅があり楽しいが疲労もある。

| | コメント (0)

2024/03/22

窯焚き

寒い。2月は異様な暖かさで彼岸の今頃になり真冬の日々だ。

しかし日も長くなり春の夕暮れは嬉しい。

昨日は朝9時過ぎに震度4の大きな地震。しかし始めた窯焚き作業は続行しないと。平穏を祈る気持ちでこんやは本焼きをしている。

Cimg3661

| | コメント (0)

2024/02/22

陶芸講習会

きょうの仕事は講師。朝から夕方までイギリス人の方にカップのろくろ成形を教えた。19日に続き2回目で、滞在期間中の事情であと3回を引き受けた。午前中は通訳の方がいるので、日本の陶磁器の歴史などと原材料をはじめわが窯の解説をしながら進める。

二人きりになる午後はお互い相手の母国語には不自由だが、どうにか意思疎通ができている。

Cimg3586

| | コメント (0)

2024/01/14

浅鉢の制作

昨夜の雪が薄く山を覆っていた朝だった。天気は良くなり放射冷却でとても寒い朝だった。

昼間は浅鉢の制作の最終段階で差し込む陽光の暖に感謝して仕上げ作業を急いだ。

Cimg3487

| | コメント (0)

2024/01/09

お帰りなさい

昨日で長い初窯市は終わったので、朝から搬出の作業。

残った作品をコンテナに入れて持ち帰った。これは少ないほどよいのだが再び工房に戻ってきた。

寒い中お越しになり手に取って観てくれた方を想いながら元に戻す作業をした。これを終えたらことしの器づくりが始まる。

Cimg3463

無風で日向は暖かいので室外に出した日光浴中のシンビジウムが迎える。

Cimg3462

| | コメント (0)

2024/01/06

まだまだ続く初窯市

ことしの会期は一週間。

暖かい日ばかりで店番はとても快適。きょうなどは春は桜の咲く頃の気温で寒さが嫌いな私には快適ではあるが、異様な気温でこれからどんな一年になるのか不安がある。

それはともかくとして今回のイベントはまだまだ続きます。どうぞお越しを。

第25回彩初窯市(いろどりはつがまいち)
    会期 2024年1月2日(火)~8日(月) 10時~16時 最終日8日は15時まで
    会場 笠間工芸の丘特設会場 お問い合わせは笠間工芸の丘Tel.0296-70-1313

    ブースは22番です。

| | コメント (0)

2024/01/04

風の強い日

第25回彩初窯市(いろどりはつがまいち)
    会期 2024年1月2日(火)~8日(月) 10時~16時 最終日8日は15時まで
    会場 笠間工芸の丘特設会場 お問い合わせは笠間工芸の丘Tel.0296-70-1313

新井倫彦~風の窯~のブースは22番です。

Cimg3458

Cimg3457

朝は雨が降り霧の天気だった。

昼前からは青空になったが風が強く吹き出し寒くなってきた。

そんな一日に旧来のお客様を何人もお迎えした。

| | コメント (0)

2024/01/03

少し日の長さを感じる帰り道

第25回彩初窯市(いろどりはつがまいち)
    会期 2024年1月2日(火)~8日(月) 10時~16時 最終日8日は15時まで
    会場 笠間工芸の丘特設会場 お問い合わせは笠間工芸の丘Tel.0296-70-1313

この時にしかお会いできないお客様も多い。その間のことのお話しをする。私のことよりお聞きすることが多い。

お互いに元気でいることに意味があることを確かめる日だと思う。

きょうはわが生地徳島県神山町にサテライトオフィスを持っている方の来訪を受けた。いい方向に変貌してゆく山村の現状のお話が聞けた。

少しだが夕方が長くなったの感じる帰り道。午後4時過ぎに盆地の地形上西方の山に沈む夕陽。

きょうの夕方は大きな天災と人災はなかったようだ。

Yuuhi1

| | コメント (0)

2024/01/02

第25回彩初窯市初日

第25回彩初窯市(いろどりはつがまいち)
    会期 2024年1月2日(火)~8日(月) 10時~16時 最終日8日は15時まで
    会場 笠間工芸の丘特設会場 お問い合わせは笠間工芸の丘Tel.0296-70-1313

新井倫彦~風の窯~のブースは22番です。

朝、新潟県在住の旧友に昨夕の大地震への安否を確認のために電話をする。被害もないようで一安心。それから会場に店番のために行く。

寒い曇り空で午後には時雨というのだろうか雨が降る。お客様はわが窯には初めての方ばかりであったがたくさんの方を迎えできた。

午後4時、雨のあがった帰り道はきれいな夕空となっていた。

Yuuhi_20240102203601

帰り着くと神戸在住の親族から灘の酒が届いていた。これであすも頑張れそうだと思いながら震災の報道を見ていたら羽田空港で航空機どうしの衝突事故が飛び込んできた。大きな自然災害と大きな事故で2024年は正月気分はぶっ飛んだ出足となった。

Cimg3455

でも、私は酒を呑んだ2024年1月2日。

| | コメント (0)

2023/12/31

2023年最後の日に

北関東笠間盆地の夕暮れ。イベント準備作業を終えた帰り道。

Yuuhi

皆様にはよい1024年でありますよう。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧