カテゴリー「仕事」の記事

2019/11/08

立冬の記憶

午前中は正月の初売り市の寄り合いで終わってしまった。時間がなくなり途中退席をした。

午後は受注中のものの複雑な納品システムの説明のために発注業者の方の来訪を受けた。確かに電話だけでは理解不能な精緻で複雑なものだった。

企業と出入り業者の作業の流れの合理性を感じた。快い緊張感の午後だった。

晩秋の花サフランが軒下にいつの間にか咲いていた。冬に向かってゆく。

Cimg0976

| | コメント (0)

2019/11/06

個展初日

朝から夕方4時まで店番に会場に行く。車で5分のところなので身体的には消耗度も少なくとても快適に一日を終えられる。長めの昼休みでも来客の連絡をもらえばすぐ駆けつけられる。

新井倫彦陶展 
   会期 2019年11月6日(水)~11月17日(木) 10時~17時 
   会場 笠間工芸の丘クラフトギャラリーⅠ  笠間芸術の森公園内笠間工芸の丘
       お問い合わせ先 笠間工芸の丘 Tel.0296-70-1313

会場に様子。

Cimg0972 Cimg0973 Cimg0974

窓の外、中庭の登り窯では笠間陶芸大学校の学生さんたちが作品の窯詰め作業をしている。

柔らかな秋の日差しの下にゆるい時が流れているようで、すがすがしい。

Cimg0971

| | コメント (0)

2019/11/05

カラタチの実り

Cimg0970

この実を見ると晩秋を深く感じる。

数日朝には3-4羽のジョウビタキが庭に来ている。

当地ではこれが来ると冬が近づいたことを告げられる。警戒心が薄いというのか手の届きそうなところまで来て盛んに木の皮を啄ばんでいる。

あすからの展示会の準備は午前中に終えた。

☆新井倫彦陶展 
   会期 2019年11月6日(水)~11月17日(木) 10時~17時 
   会場 笠間工芸の丘クラフトギャラリーⅠ  笠間芸術の森公園内笠間工芸の丘
       お問い合わせ先 笠間工芸の丘 Tel.0296-70-1313

午後は次の窯焚きの準備作業が夜まで。

| | コメント (0)

2019/11/03

暗い日曜日

晩秋の暗い日曜日。ダミアの歌がどこからともなく聴こえてくるような幻聴がそのままの日になった。

この時期、空が低く寒さと湿度の多いのはいちばん嫌な天候加減だ。

来客はなし、かかってくる電話もなし。一日中カップ造りを続けた。若い頃に比べると水挽きの集中力は落ちているがまだまだ250個ほどは大丈夫だ。 

静かに雨の降る夜。

 

Imgp0295

 

| | コメント (0)

2019/10/29

終日本格的な雨、雨

薄ら寒い日だった。正午に軒下の寒暖計は11度。

そんな日の仕事は土作り。そして夜は案内状の宛名書き。

 

新井倫彦陶展 
   会期 2019年11月6日(水)~11月17日(木) 10時~17時 
   会場 笠間工芸の丘ギャラリーカフェ  笠間芸術の森公園内笠間工芸の丘
       お問い合わせ先 笠間工芸の丘 Tel.0296-70-1313

Annnaijou

 

きのうは10月の青空であんなにいい日だったのに反転。

| | コメント (0)

2019/10/19

常陸海浜公園に出張

常陸手しごと市
      会期 2019年10月19日(土)20日(日)   10時~16時 荒天中止
      会場 国営ひたち海浜公園 茨城県ひたちなか市馬渡字大沼605-4 Tel.029-265-9001

午前中は激しい雨と風。海に近い激しさを感じる。海面は大きな白波が打ち寄せていた。

内陸の林の中の生活者の私にはかなり過酷な天候だった。それでもコキアの紅葉を見に来るお客様がずいぶんいた。

イベント会場は閑散としていた。

Imgp0277

ソバの花とコスモスの花にコキアの紅葉。

Imgp0278

| | コメント (0)

2019/09/25

第10回 第10回オープン 第10回オープン・アトリエ陶の里の終わり

イベントの終わりはいつも寂しい。

きっと、どうにか生きる時間と重なっているからだとは思う。生きることは寂しい。

今夜はそんなことをことさら想う。

寂寥感の中に、後片付けも終えた。きょうからはこの秋の間に終えなければならない仕事の多さと心身の消耗度の大きさには覚悟を決めて取り掛かる。

ひるまず死ぬまで仕事を続けろと励まされた、よい4日間だった。

お越しの皆様に感謝します。

 

23日は夕方5時過ぎから1時間ほど参加者全員で反省会。

来年も開催ということで9月19日から22日が会期として、できることから準備作業がきょうから。

Imgp0207 Imgp0208

会期中に台風が通り過ぎていった。台風一過の空。これで秋と思いきや、30℃の日が続いている。

Imgp0222

| | コメント (0)

2019/09/22

第10回オープン・アトリエ陶の里は後半に

☆第10回オープン・アトリエ陶の里
    会期 2019年9月20日(金)~9月23日(月) 10時~16時
    会場 陶の里 5工房 茨城県笠間市手越  お問い合わせ先 風の窯Tel.0296-72-5785
        風の窯は常磐百景代表坂野秀司氏の「茨城県の桜、観桜会」を開催します。

 

いよいよ本日は桜の講演会。

昨夕は坂野さんと機材の点検と進行を確認をしながら彼の熱意に感謝をした。

けさは早朝から彼とパネルの展示準備作業をした。

Sakurai

講演会が始まる。

Imgp0213 Imgp0212 Imgp0209

| | コメント (0)

2019/09/19

第10回オープン・アトリエ陶の里

いよいよあすからとなった。

そして、10回目の開催を迎える。楽しい4日間にしたい。

10時から道案内の看板を9ヶ所に立てた。その他の時間はひたすら工房や周りの清掃。

Imgp0189

Imgp0197

Imgp0198

☆第10回オープン・アトリエ陶の里
    会期 2019年9月20日(金)~9月23日(月) 10時~16時
    会場 陶の里 6工房 茨城県笠間市手越  

       お問い合わせ先 風の窯Tel.0296-72-5785
       風の窯では常磐百景代表坂野秀司氏の「茨城県の桜、観桜会」を開催します。
       限りなく重厚なサクラのお話と撮影されたサクラの画像の鑑賞会です。

多くの方にお越しいただきたいとの思いで、あるじは歓待の掟に従い奮闘中であります。

 

| | コメント (0)

2019/09/16

土造り

外は雨、朝から夜まで粘土を合わせて土練機を通す作業が続いた。

正月までに終えないといけない仕事に追われている。

もう一回は土造りをしないと終わらないと思う。

単調で沈黙の一日だった。

わが窯のイベント、「オープン・アトリエ陶の里」の開催日も近づき忙しい。

 ☆第10回オープン・アトリエ陶の里
    会期 2019年9月20日(金)~9月23日(月) 10時~16時
    会場 陶の里 5工房 茨城県笠間市手越  お問い合わせ先 風の窯Tel.0296-72-5785
        風の窯は常磐百景代表坂野秀司氏の「茨城県の桜、観桜会」を開催します。
        限りなく重厚なサクラのお話と撮影されたサクラの画像の鑑賞会です。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧